ベルリン国際映画祭‥歴代の金熊賞受賞作品とは?


HOME映画TOP > ベルリン国際映画祭 金熊賞

1951年から始まったドイツ・ベルリンで毎年開かれる映画の祭典「ベルリン国際映画祭」。ここでは最高賞である歴代の金熊賞を贈られた作品を調べてみました。歴代の日本人受賞者データへもリンクします。

開催年 期間金熊賞 受賞作品 / 監督
2021年 03/01~03/0571 Bad Luck Banging or Loony Porn (ルーマニア) / ラドゥ・ジュード
2020年 02/20~03/0170 悪は存在せず (イラン) / モハマド・ラスロフ
2019年 02/08~02/1769 シノニムズ (フランス、イスラエル、ドイツ) / ナダブ・ラピド
2018年 02/15~02/2568 タッチ・ミー・ノット ~ローラと秘密のカウンセリング~ (ルーマニア) / アディナ・ピンティリエ
2017年 02/09~02/1967 心と体と (ハンガリー) / イルディゴ・エンエディ
2016年 02/11~02/2166 海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~ (イタリア、フランス) / ジャンフランコ・ロージ
2015年 02/05~02/1565 タクシー (イラン) / ジャファル・パナヒ
2014年 02/06~02/1664 薄氷の殺人 (中国) / ディアオ・イーナン
2013年 02/07~02/1763 私の、息子 (ルーマニア) / カリン・ピーター・ネッツァー
2012年 02/09~02/1962 塀の中のジュリアス・シーザー (イタリア) / パオロ・タビアーニ、ビットリオ・タビアーニ
2011年 02/10~02/2061 別離 (イラン) / アスガー・ファルハディ
2010年 02/11~02/2160 蜂蜜 (トルコ、ドイツ) / セミー・カプラノール
2009年 02/05~02/1559 悲しみのミルク (スペイン、ペルー) / クラウディア・ローサ
2008年 02/07~02/1758 エリート・スクワッド (ブラジル) / ジョゼ・パヂリア
2007年 02/08~02/1857 トゥヤーの結婚 (中国) / 王全安
2006年 02/09~02/1956 サラエボの花 (ボスニア・ヘルツェゴビナ、オーストリア、ドイツ、クロアチア) / ヤスミラ・ジュバニッチ
2005年 02/10~02/2055 U-Carmen e-Khayelitsha (南アフリカ) / マーク・ドーンフォードメイ
2004年 02/05~02/1554 愛より強く (ドイツ、トルコ) / ファティ・アーキン
2003年 02/06~02/1653 イン・ディス・ワールド (イギリス) / マイケル・ウィンターボトム
2002年 02/06~02/1652 ブラディ・サンデー (イギリス、アイルランド) / ポール・グリーングラス
千と千尋の神隠し (日本) / 宮崎駿
2001年 02/07~02/1851 インティマシー 親密 (フランス、イギリス、ドイツ、スペイン) / パトリス・シェロー
2000年 02/09~02/2050 マグノリア (アメリカ) / ポール・トーマス・アンダーソン
1999年 02/10~02/2149 シン・レッド・ライン (アメリカ) / テレンス・マリック
1998年 02/11~02/2248 セントラル・ステーション (ブラジル) / ヴァルテル・サレス
1997年 02/13~02/2447 ラリー・フリント (アメリカ) / ミロシュ・フォアマン
1996年 02/15~02/2646 いつか晴れた日に (イギリス、アメリカ) / アン・リー
1995年 02/09~02/2045 ひとりぼっちの狩人たち (フランス) / ベルトラン・タヴェルニエ
1994年 02/10~02/2144 父の祈りを (イギリス、アメリカ) / ジム・シェリダン
1993年 02/11~02/2243 香魂女−湖に生きる (中国) / シェ・フェイ
ウェディング・バンケット (台湾、アメリカ) / アン・リー
1992年 02/13~02/2442 わが街 (アメリカ) / ローレンス・カスダン
1991年 02/15~02/2641 HOUSE OF SMILES (イタリア) / マルコ・フェレーリ
1990年 02/09~02/2040 ミュージックボックス (アメリカ) / コスタ・ガヴラス
つながれたヒバリ (チェコスロバキア) / イジー・メンツェル
1989年 02/10~02/2139 レインマン (アメリカ) / バリー・レヴィンソン
1988年 02/12~02/2338 紅いコーリャン (中国) / 張芸謀
1987年 02/20~03/0337 37THE THEME (ソ連) / Gleb Panfilov
1986年 02/14~02/2536 STAMMHEIM (西ドイツ) / ラインハルト・ハウフ
1985年 02/15~02/2635 ウェザビー (イギリス) / デヴィッド・ヘアー
DIE FRAU UND DER FREMDE (西ドイツ) / ライナー・ジモン
 
開催年 期間金熊賞 受賞作品 / 監督
1984年 02/17~02/2834 ラヴ・ストリームス (アメリカ) / ジョン・カサヴェテス
1983年 02/18~03/0133 ASCENDANCY (イギリス) / エドワード・ベネット
THE BEEHIVE (スペイン) / マリオ・カムス
1982年 02/12~02/2332 ベロニカ・フォスのあこがれ (西ドイツ) / ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
1981年 02/13~02/2431 急げ、急げ (スペイン) / カルロス・サウラ
1980年 02/18~02/2930 HEARTLAND (アメリカ) / リチャード・ピアース
PALERMO ODER WOLFSBURG (フランス) / ヴェルナー・シュレーター
1979年 02/20~03/0329 DAVID (西ドイツ) / ペーター・リリエンタール
1978年 02/22~03/0528 THE TROUT (スペイン) / ホセ・ルイス・ガルシア
MAX’S WORDS (スペイン) / エミリオ・マルティネス・ラザロ
ASCENSOR (スペイン) / トマス・ムノス
1977年 06/22~07/0527 THE ASCENT (ソ連) / ラリーサ・シェピチコ
1976年 06/25~07/0626 ビッグ・アメリカン (アメリカ) / ロバート・アルトマン ※受賞辞退
1975年 06/27~07/0825 THE ADOPTION (ハンガリー) / マールタ・メーサーロッシュ
1974年 06/21~07/0224 THE APPRENTICESHIP OF DUDDY KRAVITZ (カナダ) / テッド・コッチェフ
1973年 06/22~07/0323 遠い雷鳴 (インド) / サタジット・レイ
1972年 06/23~07/0422 カンタベリー物語 (イタリア、フランス) / ピエル・パオロ・パゾリーニ
1971年 06/25~07/0621 悲しみの青春 (イタリア) / ヴィットリオ・デ・シーカ
1970年 06/26~07/0720(受賞作品選出なし)
1969年 06/25~07/0619 RANI RADOVI(EARLY YEARS) (ユーゴスラビア) / ジェリミール・ジルニク
1968年 06/21~07/0218 OLE DOLE DOFF(THE GRADUATE) (スウェーデン) / ヤン・トロエル
PORTRAIT D’ORSON WELLES (フランス) / フレデリック・ロジフ
1967年 06/23~07/0417 出発 (ベルギー) / イエジー・スコリモフスキー
1966年 06/24~07/0516 袋小路 (イギリス) / ロマン・ポランスキー
1965年 06/25~07/0615 アルファヴィル (フランス、イタリア) / ジャン=リュック・ゴダール
1964年 06/26~07/0714 野性のもだえ (トルコ) / イスマイル・メチン
1963年 06/21~07/0213 武士道残酷物語 (日本) / 今井正
IL DIAVOLO(TO BED OR NOT TO BED) (イタリア) / ジャン・ルイジ・ポリドロ
TGROSS ATLANTIK(THE BREAT ATLANTIC) (西ドイツ) / ピーター・ベイリス
1962年 06/22~07/0312 或る種の愛情 (イギリス) / ジョン・シュレシンジャー
1961年 06/23~07/0411 (イタリア、フランス) / ミケランジェロ・アントニオーニ
1960年 06/24~07/0510 EL LAZARILLO DE TORMES (スペイン) / チェザーレ・フェルナンデス・アルダヴィン
1959年 06/26~07/07 いとこ同士 (フランス) / クロード・シャブロル
白い荒野 (アメリカ) / ジェームズ・アルガー
1958年 06/27~07/08 野いちご (スウェーデン) / イングマール・ベルイマン
ペリ (アメリカ) / N・ポール・ケンワージー・Jr、ラルフ・ライト
1957年 06/21~07/02 十二人の怒れる男 (アメリカ) / シドニー・ルメット
生命の神秘 (アメリカ) / ジェームズ・アルガー
1956年 06/22~07/03 舞踏への招待 (アメリカ) / ジーン・ケリー
1955年 06/24~07/05 THE RATS (西ドイツ) / ロバート・シオドマク
1954年 06/18~06/29 ホブスンの婿選び (イギリス) / デヴィッド・リーン
1953年 06/18~06/28 恐怖の報酬 (フランス) / アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
1952年 06/12~06/25 春の悶え (スウェーデン) / アルネ・マットソン
1951年 06/06~06/18 ジープの四人 (スイス) / レオポルド・リントベルグ
シンデレラ (アメリカ) / ウィルフレッド・ジャクソン、ハミルトン・ラスケ、クライド・ジェロニミ
裁きは終りぬ (フランス) / アンドレ・カイヤット
SANS LAISSER DADRESSE (フランス) / ジャン=ポール・ル・シャノワ
BEAVER VALLEY (アメリカ) / ジェームズ・アルガー
LITTLE NIGHT GHOSTS (西ドイツ)
 
カンヌ/ヴェネチア/ベルリン映画祭 歴代日本人受賞者


HOME映画TOP > ヴェネチア国際映画祭 金熊賞



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です