日本アカデミー賞‥第10回(1986年度)の各賞受賞者は?


HOME映画TOP日本アカデミー賞 > 1986年度

 

1977年から始まった日本アカデミー賞協会主催の日本映画賞「日本アカデミー賞」。今回は1987年に授賞式開催の第10回(1986年度)の各賞受賞者・優秀賞(ノミネート)を調べてみました。

第10回 1986年度(1987年02月19日開催)
【司会】武田鉄矢、名取裕子 【会場】東京プリンスホテル
受賞・ノミネート(優秀賞) 作品/受賞者
作品賞 火宅の人
植村直己物語
キネマの天地
新・喜びも悲しみも幾歳月
人間の約束
主演男優賞緒形拳【火宅の人】
・渥美清【男はつらいよ 柴又より愛をこめて】【キネマの天地】
・仲代達矢【熱海殺人事件】【道】
・西田敏行【植村直己物語】
・三國連太郎【人間の約束】
主演女優賞いしだあゆみ【火宅の人】 【時計 Adieu I’Hiver】
・浅丘ルリ子【鹿鳴館】
・岩下志麻【極道の妻たち】【鑓の権三】
・倍賞千恵子【植村直己物語】【旅路 村でいちばんの首吊りの木】【離婚しない女】
・松坂慶子【火宅の人】【波光きらめく果て】
助演男優賞植木等【祝辞】 【新・喜びも悲しみも幾歳月】
・鹿賀丈史【キャバレー】
・柴田恭兵【道】【野蛮人のように】
・すまけい【キネマの天地】
・世良公則【極道の妻たち】【十手舞】【雪の断章−情熱−】
助演女優賞原田美枝子【火宅の人】 【国士無双】 【プルシアンブルーの肖像】
・大竹しのぶ【波光きらめく果て】
・かたせ梨乃【極道の妻たち】
・紺野美沙子【姉妹坂】【新・喜びも悲しみも幾歳月】
・美保純【男はつらいよ 柴又より愛をこめて】【キネマの天地】
監督賞深作欣二【火宅の人】
・市川崑【鹿鳴館】
・佐藤純彌【植村直己物語】
・山田洋次【男はつらいよ 柴又より愛をこめて】【キネマの天地】
・吉田喜重【人間の約束】
脚本賞神波史男, 深作欣二【火宅の人】
・井上ひさし, 山田太一, 朝間義隆, 山田洋次【キネマの天地】
・木下惠介【新・喜びも悲しみも幾歳月】
・倉本聰【時計 Adieu I’Hiver】
・森田芳光【ウホッホ探検隊】【そろばんずく】
音楽賞井上堯之【火宅の人】 【離婚しない女】
・加藤和彦【幕末青春グラフティRonin・坂本竜馬】【野蛮人のように】
・坂本龍一【子猫物語】
・武満徹【鑓の権三】
・山本直純【男はつらいよ 柴又より愛をこめて】【キネマの天地】
撮影賞木村大作【火宅の人】
・小林節雄【鹿鳴館】
・並木宏之, 阿久津悦夫【植村直己物語】
・宮川一夫【鑓の権三】
照明賞増田悦章【火宅の人】
・下村一夫【鹿鳴館】
・川島晴雄【植村直己物語】
・佐野武治【鑓の権三】
美術賞村木忍【鹿鳴館】
・粟津潔, 西岡善信【鑓の権三】
・今村力【ア・ホーマンス】【キャバレー】
・佐野義和【火宅の人】
・出川三男【男はつらいよ 柴又より愛をこめて】【キネマの天地】
録音賞橋本文雄, 橋本泰夫【植村直己物語】
・大橋鉄矢【鹿鳴館】 ・小野寺修【ウホッホ探検隊】【時計 Adieu I’Hiver】【野蛮人のように】
・鈴木功, 松本隆司【男はつらいよ 柴又より愛をこめて】【キネマの天地】
・吉田庄太郎【旅路 村でいちばんの首吊りの木】【鑓の権三】
編集賞井上治
外国語映画賞 バック・トゥ・ザ・フューチャー
【愛と哀しみの果て】
【エイリアン2】
【カラーパープル】
【コーラスライン】
新人俳優賞清水宏次朗【ビー・バップ・ハイスクール】
仲村トオル【ビー・バップ・ハイスクール】
柳葉敏郎【南へ走れ、海の道を!】
有森也実【キネマの天地】
斉藤由貴【雪の断章 情熱】
黒木瞳【化身】
特別賞企画賞 ・「海と毒薬」制作委員会
・遠藤周作
・大塚和
・熊井啓(監督)
・瀧島恵一郎
話題賞 (俳優)・とんねるず
(作品)【子猫物語
 
1985年度 < ・・・ > 1987年度


HOME映画TOP日本アカデミー賞 > 1986年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です