日本レコード大賞‥第6-9回(1964-67年)の受賞者って?


ホーム音楽TOP日本レコード大賞 > 1964-67年

1959年に始まった日本作曲家協会主催、TBSで年末に放送の「輝く!日本レコード大賞」。今回は第6回(1964年)~第9回(1967年)の大賞をはじめとした各賞の受賞者を調べてみました。

▼第9回 ▼第8回 ▼第7回 ▼第6回

第9回 (昭和42年)
【開催日】1967年12月16日 【会場】渋谷公会堂 【司会】三木鮎郎
 
各賞受賞者
大賞
『ブルー・シャトウ』ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
歌唱賞
『君こそわが命』水原弘
『小指の想い出』伊東ゆかり
新人賞
『恋人と呼んでみたい』永井秀和
『世界は二人のために』 佐良直美
作曲賞
・平尾昌晃 (『霧の摩周湖』布施明、『渚のセニョリーナ』梓みちよ)
作詩賞
・なかにし礼 (『霧のかなたに』黛ジュン、『恋のフーガ』ザ・ピーナッツ)
編曲賞
・寺内タケシ (『レッツゴー運命』寺内タケシとブルージーンズ ほか)
企画賞
『歌と音でつづる明治』 キングレコード(株)
童謡賞
『うたう足の歌』 杉並合唱団
特別賞
・石原裕次郎
 
第8回 (昭和41年)
【開催日】1966年12月24日 【会場】日比谷公会堂 【司会】三木鮎郎
 
各賞受賞者
大賞
『霧氷』橋幸夫
歌唱賞
『絶唱』舟木一夫
新人賞
『空に星があるように』荒木一郎
『赤い風船』加藤登紀子
作曲賞
・浜口庫之助 (『星のフラメンコ』西郷輝彦、『バラが咲いた』マイク真木)
作詩賞
・岩谷時子 (『逢いたくて逢いたくて』園まり、『君といつまでも』加山雄三)
編曲賞
・森岡賢一郎 (『逢いたくて逢いたくて』園まり、『君といつまでも』加山雄三)
企画賞
『にほんのうた』 デューク・エイセス/東芝音楽工業(株)
童謡賞
『オバケのQ太郎』 石川進
特別賞
・加山雄三
 
第7回 (昭和40年)
【開催日】1965年12月25日 【会場】神田共立講堂 【司会】三木鮎郎
 
各賞受賞者
大賞
『柔』美空ひばり
歌唱賞
『ワンレイニーナイト・イン・トーキョー』越路吹雪
新人賞
『女心の唄』バーブ佐竹
『愛して愛して愛しちゃったのよ』田代美代子、和田弘とマヒナスターズ
作曲賞
・小川寛興 (『さよならはダンスの後に』倍賞千恵子)
作詩賞
・安井かずみ (『おしゃべりな真珠』伊東ゆかり)
編曲賞
・山屋清 (『ノーチェ・デ東京』金井克子)
企画賞
『リズム歌謡』 橋幸夫/日本ビクター(株)
童謡賞
『マーチング・マーチ』 天地総子/音羽ゆりかご会
特別賞
・東海林太郎
 
第6回 (昭和39年)
【開催日】1964年12月26日 【会場】日比谷公会堂 【司会】芥川隆行
 
各賞受賞者
大賞
『愛と死をみつめて』青山和子
歌唱賞
『夜明けのうた』岸洋子
新人賞
『君だけを』『十七才のこの胸に』西郷輝彦
『アンコ椿は恋の花』都はるみ
作曲賞
・宮川泰 (『ウナセラディ東京』ザ・ピーナッツ)
作詩賞
・岩谷時子 (『ウナセラディ東京』ザ・ピーナッツ、『夜明けのうた』岸洋子)
編曲賞
・寺岡真三 (『お座敷小唄』松平直樹/松尾和子/和田弘とマヒナスターズ)
企画賞
『なつかしの浅草オペラ』 キングレコード(株)
童謡賞
『ワンツースリーゴー』 音羽ゆりかご会
特別賞
『東京五輪音頭』 三波春夫
 
1959-63年 < ・・・ > 1968-69年


ホーム音楽TOP日本レコード大賞 > 1964-67年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です