米アカデミー賞…歴代の作品賞・主演男優・女優賞の受賞者は?

Amazonプライム会員なら映画もテレビも見放題 / 30日間無料体験中

 
映画・サイトマップ
 

1929年から始まったアメリカで開かれる映画の祭典「アカデミー賞」。各受賞者にはオスカー像が受賞されます。今回は歴代作品賞・主演男優賞・主演女優賞・監督賞の受賞者を調べてみました。

年 / 回 受賞作品 ⇒YouTube / 受賞者
2019年度
2020 / 第92回
【作品賞】パラサイト 半地下の家族 【監督賞】ポン・ジュノ
【主演男優賞】ホアキン・フェニックス 【主演女優賞】レネー・ゼルウィガー  ▶詳細
2018年度
2019 / 第91回
【作品賞】グリーンブック 【監督賞】アルフォンソ・キュアロン
【主演男優賞】ラミ・マレック 【主演女優賞】オリヴィア・コールマン  ▶詳細
2017年度
2018 / 第90回
【作品賞】シェイプ・オブ・ウォーター 【監督賞】ギレルモ・デル・トロ
【主演男優賞】ゲイリー・オールドマン 【主演女優賞】フランシス・マクドーマンド  ▶詳細
2016年度
2017 / 第89回
【作品賞】ムーンライト 【監督賞】デイミアン・チャゼル
【主演男優賞】ケイシー・アフレック 【主演女優賞】エマ・ストーン  ▶詳細
2015年度
2016 / 第88回
【作品賞】スポットライト 世紀のスクープ 【監督賞】アレハンドロ・G・イニャリトゥ
【主演男優賞】レオナルド・ディカプリオ 【主演女優賞】ブリー・ラーソン  ▶詳細
2014年度
2015 / 第87回
【作品賞】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【監督賞】アレハンドロ・G・イニャリトゥ
【主演男優賞】エディ・レッドメイン 【主演女優賞】ジュリアン・ムーア  ▶詳細
2013年度
2014 / 第86回
【作品賞】それでも夜は明ける 【監督賞】アルフォンソ・キュアロン
【主演男優賞】マシュー・マコノヒー 【主演女優賞】ケイト・ブランシェット ▶詳細
2012年度
2013 / 第85回
【作品賞】アルゴ 【監督賞】アン・リー
【主演男優賞】ダニエル・デイ=ルイス 【主演女優賞】ジェニファー・ローレンス ▶詳細
2011年度
2012 / 第84回
【作品賞】アーティスト 【監督賞】ミシェル・アザナヴィシウス
【主演男優賞】ジャン・デュジャルダン 【主演女優賞】メリル・ストリープ ▶詳細
2010年度
2011 / 第83回
【作品賞】英国王のスピーチ 【監督賞】トム・フーパー
【主演男優賞】コリン・ファース 【主演女優賞】ナタリー・ポートマン ▶詳細
2009年度
2010 / 第82回
【作品賞】ハート・ロッカー 【監督賞】キャスリン・ビグロー
【主演男優賞】ジェフ・ブリッジス 【主演女優賞】サンドラ・ブロック ▶詳細
2008年度
2009 / 第81回
【作品賞】スラムドッグ$ミリオネア 【監督賞】ダニー・ボイル
【主演男優賞】ショーン・ペン 【主演女優賞】ケイト・ウィンスレット ▶詳細
2007年度
2008 / 第80回
【作品賞】ノーカントリー 【監督賞】ジョエル・コーエン , イーサン・コーエン
【主演男優賞】ダニエル・デイ=ルイス 【主演女優賞】マリオン・コティヤール ▶詳細
2006年度
2007 / 第79回
【作品賞】ディパーテッド 【監督賞】マーティン・スコセッシ
【主演男優賞】フォレスト・ウィテカー 【主演女優賞】ヘレン・ミレン ▶詳細
2005年度
2006 / 第78回
【作品賞】クラッシュ 【監督賞】アン・リー
【主演男優賞】フィリップ・S・ホフマン 【主演女優賞】リース・ウィザースプーン ▶詳細
2004年度
2005 / 第77回
【作品賞】ミリオンダラー・ベイビー 【監督賞】クリント・イーストウッド
【主演男優賞】ジェイミー・フォックス 【主演女優賞】ヒラリー・スワンク ▶詳細
2003年度
2004 / 第76回
【作品賞】ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 【監督賞】ピーター・ジャクソン
【主演男優賞】ショーン・ペン 【主演女優賞】シャーリズ・セロン ▶詳細
2002年度
2003 / 第75回
【作品賞】シカゴ 【監督賞】ロマン・ポランスキー
【主演男優賞】エイドリアン・ブロディ 【主演女優賞】ニコール・キッドマン ▶詳細
2001年度
2002 / 第74回
【作品賞】ビューティフル・マインド 【監督賞】ロン・ハワード
【主演男優賞】デンゼル・ワシントン 【主演女優賞】ハル・ベリー ▶詳細
2000年度
2001 / 第73回
【作品賞】グラディエーター 【監督賞】スティーブン・ソダーバーグ
【主演男優賞】ラッセル・クロウ 【主演女優賞】ジュリア・ロバーツ ▶詳細
1999年度
2000 / 第72回
【作品賞】アメリカン・ビューティー 【監督賞】サム・メンデス
【主演男優賞】ケビン・スペイシー 【主演女優賞】ヒラリー・スワンク ▶詳細
1998年度
1999 / 第71回
【作品賞】恋におちたシェイクスピア 【監督賞】スティーブン・スピルバーグ
【主演男優賞】ロベルト・ベニーニ 【主演女優賞】グウィネス・パルトロウ ▶詳細
1997年度
1998 / 第70回
【作品賞】タイタニック 【監督賞】ジェームズ・キャメロン
【主演男優賞】ジャック・ニコルソン 【主演女優賞】ヘレン・ハント ▶詳細
1996年度
1997 / 第69回
【作品賞】イングリッシュ・ペイシェント 【監督賞】アンソニー・ミンゲラ
【主演男優賞】ジェフリー・ラッシュ 【主演女優賞】フランシス・マクドーマンド ▶詳細
1995年度
1996 / 第68回
【作品賞】ブレイブ・ハート 【監督賞】メル・ギブソン
【主演男優賞】ニコラス・ケイジ 【主演女優賞】スーザン・サランドン ▶詳細
1994年度
1995 / 第67回
【作品賞】フォレスト・ガンプ 一期一会 【監督賞】ロバート・ゼメキス
【主演男優賞】トム・ハンクス 【主演女優賞】ジェシカ・ラング ▶詳細
1993年度
1994 / 第66回
【作品賞】シンドラーのリスト 【監督賞】スティーブン・スピルバーグ
【主演男優賞】トム・ハンクス 【主演女優賞】ホリー・ハンター ▶詳細
1992年度
1993 / 第65回
【作品賞】許されざる者 【監督賞】クリント・イーストウッド
【主演男優賞】アル・パチーノ 【主演女優賞】エマ・トンプソン ▶詳細
1991年度
1992 / 第64回
【作品賞】羊たちの沈黙 【監督賞】ジョナサン・デミ
【主演男優賞】アンソニー・ホプキンス 【主演女優賞】ジョディ・フォスター ▶詳細
1990年度
1991 / 第63回
【作品賞】ダンス・ウィズ・ウルブズ 【監督賞】ケビン・コスナー
【主演男優賞】ジェレミー・アイアンズ 【主演女優賞】キャシー・ベイツ ▶詳細
1989年度
1990 / 第62回
【作品賞】ドライビングMissデイジー 【監督賞】オリバー・ストーン
【主演男優賞】ダニエル・デイ=ルイス 【主演女優賞】ジェシカ・タンディ ▶詳細
1988年度
1989 / 第61回
【作品賞】レインマン 【監督賞】バリー・レビンソン
【主演男優賞】ダスティン・ホフマン 【主演女優賞】ジョディ・フォスター ▶詳細
1987年度
1998 / 第60回
【作品賞】ラストエンペラー 【監督賞】ベルナルド・ベルトルッチ
【主演男優賞】マイケル・ダグラス 【主演女優賞】シェール ▶詳細
1986年度
1987 / 第59回
【作品賞】プラトーン 【監督賞】オリバー・ストーン
【主演男優賞】ポール・ニューマン 【主演女優賞】マーリー・マトリン ▶詳細
1985年度
1986 / 第58回
【作品賞】愛と哀しみの果て 【監督賞】シドニー・ポラック
【主演男優賞】ウィリアム・ハート 【主演女優賞】ジェラルディン・ペイジ ▶詳細
1984年度
1985 / 第57回
【作品賞】アマデウス 【監督賞】ミロス・フォアマン
【主演男優賞】F・マーリー・エイブラハム 【主演女優賞】サリー・フィールド ▶詳細
1983年度
1984 / 第56回
【作品賞】愛と追憶の日々 【監督賞】ジェームズ・L・ブルックス
【主演男優賞】ロバート・デュバル 【主演女優賞】シャーリー・マクレーン ▶詳細
1982年度
1983 / 第55回
【作品賞】ガンジー 【監督賞】リチャード・アッテンボロー
【主演男優賞】ベン・キングスレー 【主演女優賞】メリル・ストリープ ▶詳細
1981年度
1982 / 第54回
【作品賞】炎のランナー 【監督賞】ウォーレン・ビーティ
【主演男優賞】ヘンリー・フォンダ 【主演女優賞】キャサリン・ヘプバーン ▶詳細
1980年度
1981 / 第53回
【作品賞】普通の人々 【監督賞】ロバート・レッドフォード
【主演男優賞】ロバート・デ・ニーロ 【主演女優賞】シシー・スペイセク ▶詳細                  
 
年 / 回 受賞作品 ⇒YouTube / 受賞者
1979年度
1980 / 第52回
【作品賞】クレイマー、クレイマー 【監督賞】ロバート・ベントン
【主演男優賞】ダスティン・ホフマン 【主演女優賞】サリー・フィールド ▶詳細
1978年度
1979 / 第51回
【作品賞】ディア・ハンター 【監督賞】マイケル・チミノ
【主演男優賞】ジョン・ボイド 【主演女優賞】ジェーン・フォンダ ▶詳細
1977年度
1978 / 第50回
【作品賞】アニー・ホール 【監督賞】ウディ・アレン
【主演男優賞】リチャード・ドレイファス 【主演女優賞】ダイアン・キートン ▶詳細
1976年度
1977 / 第49回
【作品賞】ロッキー 【監督賞】ジョン・G・アヴィルドセン
【主演男優賞】ピーター・フィンチ 【主演女優賞】フェイ・ダナウェイ ▶詳細
1975年度
1976 / 第48回
【作品賞】カッコーの巣の上で 【監督賞】ミロシュ・フォアマン
【主演男優賞】ジャック・ニコルソン 【主演女優賞】ルイーズ・フィッチャー ▶詳細
1974年度
1975 / 第47回
【作品賞】ゴッドファーザーPART II 【監督賞】フランシス・F・コッポラ
【主演男優賞】アート・カーニー 【主演女優賞】エレン・バースティン ▶詳細
1973年度
1974 / 第46回
【作品賞】スティング 【監督賞】ジョージ・ロイ・ヒル
【主演男優賞】ジャック・レモン 【主演女優賞】グレンダ・ジャクソン ▶詳細
1972年度
1973 / 第45回
【作品賞】ゴッドファーザー 【監督賞】ボブ・フォッシー
【主演男優賞】マーロン・ブランド(辞退) 【主演女優賞】ライザ・ミネリ ▶詳細
1971年度
1972 / 第44回
【作品賞】フレンチ・コネクション 【監督賞】ウイリアム・フリードキン
【主演男優賞】ジーン・ハックマン 【主演女優賞】ジェーン・フォンダ ▶詳細
1970年度
1971 / 第43回
【作品賞】パットン大戦車軍団 【監督賞】フランクリン・J・シャフナー
【主演男優賞】ジョージ・C・スコット(辞退) 【主演女優賞】グレンダ・ジャクソン ▶詳細
1969年度
1970 / 第42回
【作品賞】真夜中のカーボーイ 【監督賞】ジョン・シュレシンジャー
【主演男優賞】ジョン・ウェイン 【主演女優賞】マギー・スミス ▶詳細
1968年度
1969 / 第41回
【作品賞】オリバー! 【監督賞】キャロル・リード
【主演男優賞】クリフ・ロバートソン 【主演女優賞】キャサリン・ヘプバーン , バーブラ・ストライサンド ▶詳細
1967年度
1968 / 第40回
【作品賞】夜の大捜査線 【監督賞】マイク・ニコルズ
【主演男優賞】ロッド・スタイガー 【主演女優賞】キャサリン・ヘプバーン ▶詳細
1966年度
1967 / 第39回
【作品賞】わが命つきるとも 【監督賞】フレッド・ジンネマン
【主演男優賞】ポール・スコフィールド 【主演女優賞】エリザベス・テーラー ▶詳細
1965年度
1966 / 第38回
【作品賞】サウンド・オブ・ミュージック 【監督賞】ロバート・ワイズ
【主演男優賞】リー・マービン 【主演女優賞】ジュリー・クリスティ ▶詳細
1964年度
1965 / 第37回
【作品賞】マイ・フェア・レディ 【監督賞】ジョージ・キューカー
【主演男優賞】レックス・ハリソン 【主演女優賞】ジュリー・アンドリュース ▶詳細
1963年度
1964 / 第36回
【作品賞】トム・ジョーンズの華麗な冒険 【監督賞】アルバート・フィニー
【主演男優賞】シドニー・ポワチエ 【主演女優賞】パトリシア・ニール ▶詳細
1962年度
1963 / 第35回
【作品賞】アラビアのロレンス 【監督賞】デヴィッド・リーン
【主演男優賞】グレゴリー・ペック 【主演女優賞】アン・バンクラフト ▶詳細
1961年度
1962 / 第34回
【作品賞】ウエスト・サイド物語 【監督賞】ロバート・ワイズ , ジェローム・ロビンス
【主演男優賞】マクシミリアン・シェル 【主演女優賞】ソフィア・ローレン ▶詳細
1960年度
1961 / 第33回
【作品賞】アパートの鍵貸します 【監督賞】ビリー・ワイルダー
【主演男優賞】バート・ランカスター 【主演女優賞】エリザベス・テーラー ▶詳細
1959年度
1960 / 第32回
【作品賞】ベン・ハー 【監督賞】ウィリアム・ワイラー
【主演男優賞】チャールトン・ヘストン 【主演女優賞】シモーヌ・シニョレ ▶詳細
1958年度
1959 / 第31回
【作品賞】恋の手ほどき 【監督賞】ビンセント・ミネリ
【主演男優賞】デビット・ニーブン 【主演女優賞】スーザン・ヘイワード ▶詳細
1957年度
1958 / 第30回
【作品賞】戦場にかける橋 【監督賞】デビッド・リーン
【主演男優賞】アレック・ギネス 【主演女優賞】ジョアン・ウッドワード ▶詳細
1956年度
1957 / 第29回
【作品賞】80日間世界一周 【監督賞】ジョージ・スティーブンス
【主演男優賞】ユル・ブリンナー 【主演女優賞】イングリッド・バーグマン ▶詳細
1955年度
1956 / 第28回
【作品賞】マーティ 【監督賞】デルバート・マン
【主演男優賞】アーネスト・ボーグナイン 【主演女優賞】アンナ・マニャーニ ▶詳細
1954年度
1955 / 第27回
【作品賞】波止場 【監督賞】エリア・カザン
【主演男優賞】マーロン・ブランド 【主演女優賞】グレース・ケリー ▶詳細
1953年度
1954 / 第26回
【作品賞】地上(ここ)より永遠に 【監督賞】フレッド・ジンネマン
【主演男優賞】ウィリアム・ホールデン 【主演女優賞】オードリー・ヘプバーン ▶詳細
1952年度
1953 / 第25回
【作品賞】地上最大のショウ 【監督賞】ジョン・フォード
【主演男優賞】ゲーリー・クーパー 【主演女優賞】シャーリー・ブース ▶詳細
1951年度
1952 / 第24回
【作品賞】巴里のアメリカ人 【監督賞】ジョージ・スティーブンス
【主演男優賞】ハンフリー・ボガード 【主演女優賞】ビビアン・リー ▶詳細
1950年度
1951 / 第23回
【作品賞】イヴの総て 【監督賞】ジョセフ・マンキーウィッツ
【主演男優賞】ホセ・フェラー 【主演女優賞】ジュディ・ホリデイ ▶詳細
1949年度
1950 / 第22回
【作品賞】オール・ザ・キングスメン 【監督賞】ジョセフ・マンキーウィッツ
【主演男優賞】ブロデリック・クロフォード 【主演女優賞】オリビア・デ・ハビランド ▶詳細
1948年度
1949 / 第21回
【作品賞】ハムレット 【監督賞】ジョン・ヒューストン
【主演男優賞】ローレンス・オリビエ 【主演女優賞】ジェーン・ワイマン ▶詳細
1947年度
1948 / 第20回
【作品賞】紳士協定 【監督賞】エリア・カザン
【主演男優賞】ロナルド・コールマン 【主演女優賞】ロレッタ・ヤング ▶詳細
1946年度
1947 / 第19回
【作品賞】我等の生涯の最良の年 【監督賞】ウィリアム・ワイラー
【主演男優賞】フレデリック・マーチ 【主演女優賞】オリビア・デ・ハビランド ▶詳細
1945年度
1946 / 第18回
【作品賞】失われた週末 【監督賞】ビリー・ワイルダー
【主演男優賞】レイ・ミランド 【主演女優賞】ジョーン・クロフォード ▶詳細
1944年度
1945 / 第17回
【作品賞】我が道を往く 【監督賞】レオ・マッケリー
【主演男優賞】ビング・クロスビー 【主演女優賞】イングリッド・バーグマン ▶詳細
1943年度
1944 / 第16回
【作品賞】カサブランカ 【監督賞】マイケル・カーティス
【主演男優賞】ポール・ルーカス 【主演女優賞】ジェニファー・ジョーンズ ▶詳細
1942年度
1943 / 第15回
【作品賞】ミニヴァー夫人 【監督賞】ウィリアム・ワイラー
【主演男優賞】ジェームズ・キャグニー 【主演女優賞】グリア・ガースン ▶詳細
1941年度
1942 / 第14回
【作品賞】わが谷は緑なりき 【監督賞】ジョン・フォード
【主演男優賞】ゲーリー・クーパー 【主演女優賞】ジョーン・フォンテーン ▶詳細
1940年度
1941 / 第13回
【作品賞】レベッカ 【監督賞】ジョン・フォード
【主演男優賞】ジェームズ・スチュワート 【主演女優賞】ジンジャー・ロジャース ▶詳細
1939年度
1940 / 第12回
【作品賞】風と共に去りぬ 【監督賞】ビクター・フレミング
【主演男優賞】ロバート・ドーナット 【主演女優賞】ビビアン・リー ▶詳細
1938年度
1939 / 第11回
【作品賞】我が家の楽園 【監督賞】フランク・キャプラ
【主演男優賞】スペンサー・トレーシー 【主演女優賞】ベティ・ディビス ▶詳細
1937年度
1938 / 第10回
【作品賞】ゾラの生涯 【監督賞】レオ・マッケリー
【主演男優賞】スペンサー・トレーシー 【主演女優賞】ルイーズ・ライナー ▶詳細
1936年度
1937 / 第9回
【作品賞】巨星ジーグフェルド 【監督賞】フランク・キャプラ
【主演男優賞】ポール・ムニ 【主演女優賞】ルイーズ・ライナー ▶詳細
1935年度
1936 / 第8回
【作品賞】南海征服(戦艦バウンティ号の叛乱) 【監督賞】ジョン・フォード
【主演男優賞】ビクター・マクラグレン 【主演女優賞】ベティ・ディビス ▶詳細
1934年度
1935 / 第7回
【作品賞】或る夜の出来事 【監督賞】フランク・キャプラ
【主演男優賞】クラーク・ゲーブル 【主演女優賞】クローデット・コルベール ▶詳細
1932-33年度
1934 / 第6回
【作品賞】カヴァルケード 【監督賞】フランク・ロイド
【主演男優賞】チャールズ・ロートン 【主演女優賞】キャサリン・ヘプバーン ▶詳細
1931-32年度
1933 / 第5回
【作品賞】グランド・ホテル 【監督賞】フランク・ボーゼイジ
【主演男優賞】フレデリック・マーチ , ウォーレス・ビアリー 【主演女優賞】ヘレン・ヘイズ ▶詳細
1930-31年度
1932 / 第4回
【作品賞】シマロン 【監督賞】ノーマン・タウログ
【主演男優賞】ライオネル・バリモア 【主演女優賞】マリー・ドレスラー ▶詳細
1929-30年度
1931 / 第3回
【作品賞】西部戦線異状なし 【監督賞】ルイス・マイルストーン
【主演男優賞】ジョージ・アーリス 【主演女優賞】ノーマ・シアラー ▶詳細
1928-29年度
1930 / 第2回
【作品賞】ブロードウェイ・メロディ 【監督賞】フランク・ロイド
【主演男優賞】ワーナー・バクスター 【主演女優賞】メアリー・ピックフォード ▶詳細
1927-28年度
1929 / 第1回
【作品賞】つばさ 【監督賞】フランク・ボーゼイジ , ルイス・マイルストン
【主演男優賞】エミール・ヤミングス 【主演女優賞】ジャネット・ゲイナー ▶詳細                
 
米アカデミー賞 歴代日本人受賞者

Pocket
LINEで送る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です