本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
 
2023/令和 2013/平成 2003/平成 1993/平成 1983/昭和 1973/昭和のヒット30曲♪他の年探す

日本ゴールドディスク大賞2022‥第36回(2021年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2021年度

OPEN
 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2022年発表の第36回(2021年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]Snow Man
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]ザ・ビートルズ
■ベスト・アーティスト(アジア)
・[PR]BTS
■ベスト・アーティスト(演歌/歌謡曲)
・[PR]氷川きよし
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]優里
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]オリヴィア・ロドリゴ
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)
・[PR]ENHYPEN
■ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)
・INI
・Ado
・なにわ男子
・BE:FIRST
・優里
■ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)
・イージー・ライフ
・オリヴィア・ロドリゴ
・フィニアス
■ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
・ITZY
・ENHYPEN
・TREASURE
■ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト
・[PR]真田ナオキ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『Snow Mania S1』Snow Man
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『Voyage』ABBA
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)
[PR]『BTS, THE BEST』BTS
■ベスト5アルバム(邦楽)
『8BEAT』関ジャニ∞
『Re:Sense』King & Prince
『1ST』SixTONES
『Snow Mania S1』Snow Man
『Time Flies』乃木坂46
■ベスト3アルバム(洋楽)
『30』Adele
『Voyage』ABBA
『レット・イット・ビー<スペシャル・エディション>』ザ・ビートルズ
■ベスト3アルバム(アジア)
『SEVENTEEN 9th Mini Album ‘Attacca’』SEVENTEEN
『Chaotic Wonderland』TOMORROW X TOGETHER
『BTS, THE BEST』BTS
 
[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者2
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『SONGBOOK』葉加瀬太郎
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『シルヴァー・ライニング・スイート』上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『FLY! FLY! FLY!』T-SQUARE
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『竜とそばかすの姫 オリジナル・サウンドトラック』Various Artists
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『TVアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編 オリジナルサウンドトラック』鬼滅の刃
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『癒しの二胡~ふるさと・愛燦燦~』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』PRODUCE 101 JAPAN SEASON2
■シングル・オブ・ザ・イヤー
[PR]『Grandeur』Snow Man
■ベスト5シングル
『Grandeur』Snow Man
『HELLO HELLO』Snow Man
『初恋LOVE(うぶらぶ)』なにわ男子
『D.D./Imitation Rain』Snow Man vs SixTONES
『ごめんねFingers crossed』乃木坂46
『僕は僕を好きになる』乃木坂46
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
[PR]『怪物』YOASOBI
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)
[PR]『My Universe』Coldplay X BTS
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)
[PR]『Butter』BTS
■ベスト5ソング・バイ・ダウンロード
『One Last Kiss』宇多田ヒカル
『Cry Baby』Official髭男dism
『Butter』BTS
『怪物』YOASOBI
『Pale Blue』米津玄師
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(邦楽)
[PR]『怪物』YOASOBI
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(洋楽)
[PR]『Stay』The Kid LAROI & Justin Bieber
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(アジア)
[PR]『Butter』BTS
■ベスト5ソング・バイ・ストリーミング
『勿忘』Awesome City Club
『Cry Baby』Official髭男dism
『Permission to Dance』BTS
『Butter』BTS
『怪物』YOASOBI
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『アラフェス2020 at 国立競技場』
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『レディ・イン・ザ・バルコニー:ロックダウン・セッションズ』エリック・クラプトン
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア)
[PR]『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』BTS
■ベスト3ミュージック・ビデオ(邦楽)
『アラフェス2020 at 国立競技場』嵐
『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』嵐
『Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.』Snow Man
■特別賞
・[PR]Aimer
・[PR]YOASOBI
 

・・・

2020年度 < ・・・ > 2022年度

OPEN

HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2021年度





2023年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください