MGC2019‥東京五輪マラソン代表選考の結果とは?


HOMEスポーツTOP > マラソングランドチャンピオンシップ > 2019年

 

オリンピックマラソン日本代表選手を決める選考会で、2019年から開催されているマラソングランドチャンピオンシップ (MGC)」。ここでは2020東京五輪の選考である2019年に行われたMGC本戦と最終選考レースの結果を調べてみました。

▼男子 ▼女子

MGC・男子 2019年9月15日開催 (★1・2位が五輪代表内定/☆3位はファイナルチャレンジ結果待ち)
順位本戦タイム出場権獲得選手(所属)選考タイム
2時間11分28秒中村匠吾(富士通) ★(2時間10分51秒)
2時間11分36秒服部勇馬(トヨタ) ★(2時間07分26秒)
2時間11分41秒大迫傑(ナイキ) ☆(2時間07分19秒)
2時間11分58秒大塚祥平(九電工)(2時間12分07秒)
2時間12分07秒橋本崚(GMOアスリーツ)(2時間09分29秒)
2時間12分31秒竹ノ内佳樹(NTT西日本)(2時間10分01秒)
2時間12分44秒鈴木健吾(富士通)(2時間10分21秒)
2時間12分46秒中本健太郎(安川電機)(2時間12分55秒)
2時間13分58秒藤本拓(トヨタ)(2時間07分57秒)
102時間14分55秒岡本直己(中国電力)(2時間11分29秒)
112時間15分08秒上門大祐(大塚製薬)(2時間09分27秒)
122時間15分52秒山本浩之(コニカミノルタ)(2時間10分33秒)
132時間15分56秒河合代二(トーエネック)(2時間10分50秒)
142時間16分09秒設楽悠太(ホンダ)(2時間06分11秒)
152時間16分21秒堀尾謙介(トヨタ)(2時間10分21秒)
162時間16分44秒山本憲二(マツダ)(2時間08分48秒)
172時間17分40秒神野大地(セルソース)(2時間10分18秒)
182時間18分51秒木滑良(MHPS)(2時間08分08秒)
192時間18分56秒谷川智浩(コニカミノルタ)(2時間12分03秒)
202時間19分45秒岩田勇治(MHPS)(2時間09分30秒)
212時間19分52秒村澤明伸(日清食品)(2時間14分48秒)
222時間19分55秒福田穣(西鉄)(2時間10分54秒)
232時間20分13秒佐藤悠基(日清食品)(2時間08分58秒)
242時間20分35秒藤川拓也(中国電力)(2時間10分35秒)
252時間21分15秒今井正人(トヨタ九州)(2時間10分30秒)
262時間21分51秒園田隼(黒崎播磨)(2時間09分34秒)
272時間22分10秒井上大仁(MHPS)(2時間06分54秒)
途中棄権高久龍(ヤクルト)(2時間10分03秒)
途中棄権萩野皓平(富士通)(2時間09分36秒)
途中棄権宮脇千博(トヨタ)(2時間08分45秒)
欠場一色恭志(GMOアスリーツ)(2時間09分43秒)
辞退(世陸出場)二岡康平(中電工)(2時間09分15秒)
辞退(世陸出場)川内優輝(埼玉県庁)(2時間10分03秒)
辞退(世陸出場)山岸宏貴(GMOアスリーツ)(2時間10分42秒)
 
MGCファイナルチャレンジ (★派遣記録をクリアした中でトップの選手、又は該当者なしの場合MGC3位の選手が五輪代表内定)
大会選手(所属)タイム
東京マラソン大迫傑(ナイキ) ★2時間05分29秒
MGC(3位)大迫傑(ナイキ)2時間11分41秒
 
五輪男子マラソン 歴代メダリスト/日本代表成績

・・・

MGC・女子 2019年9月15日開催 (★1・2位が五輪代表内定/☆3位はファイナルチャレンジ結果待ち)
順位本戦タイム出場権獲得選手(所属)選考タイム
2時間25分15秒前田穂南(天満屋) ★(2時間28分48秒)
2時間29分02秒鈴木亜由子(日本郵政) ★(2時間28分32秒)
2時間29分06秒小原怜(天満屋) ☆(2時間27分29秒)
2時間29分51秒松田瑞生(ダイハツ)(2時間22分44秒)
2時間31分14秒野上恵子(十八銀行)(2時間26分33秒)
2時間32分30秒一山麻緒(ワコール)(2時間24分33秒)
2時間33分29秒福士加代子(ワコール)(2時間24分09秒)
2時間36分29秒安藤友香(ワコール)(2時間27分37秒)
2時間41分22秒岩出玲亜(アンダーアーマー)(2時間26分28秒)
途中棄権上原美幸(第一生命)(2時間24分19秒)
欠場関根花観(日本郵政)(2時間23分07秒)
欠場前田彩里(ダイハツ)(2時間25分25秒)
辞退(世陸出場)谷本美月(天満屋)(2時間25分28秒)
辞退(世陸出場)池満綾乃(鹿児島銀行)(2時間26分07秒)
辞退(世陸出場)中野円花(ノーリツ)(2時間27分39秒)
 
MGCファイナルチャレンジ (★派遣記録をクリアした中でトップの選手、又は該当者なしの場合MGC3位の選手が五輪代表内定)
大会選手(所属)タイム
名古屋ウィメンズマラソン一山麻緒(ワコール) ★2時間20分29秒
大阪国際女子マラソン松田瑞生(ダイハツ)2時間21分47秒
MGC(3位)小原怜(天満屋)2時間29分06秒
 
五輪女子マラソン 歴代メダリスト/日本代表成績

・・・

・・・ > 2023年


HOMEスポーツTOP > マラソングランドチャンピオンシップ > 2019年




2021年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。