サッカーJリーグ‥歴代のJ1ベストイレブンは?


HOMEスポーツTOPサッカーJリーグ・優勝チーム > J1ベストイレブン

 

1993年にサッカー日本リーグがプロ化されて始まった 「Jリーグ」。今回は毎年Jリーグアウォーズで表彰される歴代のJ1ベストイレブン選手を調べてみました。

年度ベストイレブン・GKベストイレブン・DFベストイレブン・MFベストイレブン・FW
2021年 ランゲラック
(名古屋)
ジェジエウ (川崎F)
谷口彰悟 (川崎F)
山根視来 (川崎F)
家長昭博 (川崎F)
脇坂泰斗 (川崎F)
稲垣祥 (名古屋)
アンドレス・イニエスタ (神戸)
レアンドロ・ダミアン (川崎F)
前田大然 (横浜FM)
旗手怜央 (川崎F)
2020年 鄭成龍
(川崎F)
山根視来 (川崎F)
ジェジエウ (川崎F)
谷口彰悟 (川崎F)
登里享平 (川崎F)
家長昭博 (川崎F)
田中碧 (川崎F)
守田英正 (川崎F)
三笘薫 (川崎F)
エヴェラウド (鹿島)
オルンガ (柏)
2019年 林彰洋
(FC東京)
室屋成 (FC東京)
森重真人 (FC東京)
チアゴ・マルチンス (横浜FM)
橋本拳人 (FC東京)
喜田拓也 (横浜FM)
アンドレス・イニエスタ (神戸)
ディエゴ・オリヴェイラ (FC東京)
永井謙佑 (FC東京)
仲川輝人 (横浜FM)
マルコス・ジュニオール (横浜FM)
2018年 鄭成龍
(川崎F)
西大伍 (鹿島)
エウシーニョ (川崎F)
車屋紳太郎 (川崎F)
谷口彰悟 (川崎F)
チャナティップ (札幌)
家長昭博 (川崎F)
大島僚太 (川崎F)
中村憲剛 (川崎F)
ジョー (名古屋)
ファン・ウィジョ (G大阪)
2017年 中村航輔
(柏)
昌子源 (鹿島)
エウシーニョ (川崎F)
西大伍 (鹿島)
車屋紳太郎 (川崎F)
中村憲剛 (川崎F)
井手口陽介 (G大阪)
山口蛍 (G大阪)
興梠慎三 (浦和)
杉本健勇 (S大阪)
小林悠 (川崎F)
2016年 西川周作
(浦和)
昌子源 (鹿島)
槙野智章 (浦和)
森重真人 (FC東京)
塩谷司 (広島)
阿部勇樹 (浦和)
柏木陽介 (浦和)
中村憲剛 (川崎F)
齋藤学 (横浜FM)
小林悠 (川崎F)
レアンドロ (神戸)
2015年 西川周作
(浦和)
槙野智章 (浦和)
太田宏介 (FC東京)
森重真人 (FC東京)
塩谷司 (広島)
金崎夢生 (鹿島)
遠藤保仁 (G大阪)
青山敏弘 (広島)
大久保嘉人 (川崎F)
宇佐美貴史 (G大阪)
ドウグラス (広島)
2014年 西川周作
(浦和)
太田宏介 (FC東京)
森重真人 (FC東京)
塩谷司 (広島)
柴崎岳 (鹿島)
武藤嘉紀 (FC東京)
レオシルバ (新潟)
遠藤保仁 (G大阪)
大久保嘉人 (川崎F)
宇佐美貴史 (G大阪)
パトリック (G大阪)
2013年 西川周作
(広島)
那須大亮 (浦和)
森重真人 (FC東京)
中沢佑二 (横浜FM)
中村俊輔 (横浜FM)
山口蛍 (C大阪)
柿谷曜一朗 (C大阪)
青山敏弘 (広島)
大迫勇也 (鹿島)
大久保嘉人 (川崎F)
川又堅碁 (新潟)
2012年 西川周作
(広島)
駒野友一 (磐田)
田中マルクス闘莉王 (名古屋)
水本裕貴 (広島)
レアンドロ・ドミンゲス (柏)
遠藤保仁 (G大阪)
青山敏弘 (広島)
高萩洋次郎 (広島)
ウイルソン (仙台)
佐藤寿人 (広島)
豊田陽平 (鳥栖)
2011年 楢崎正剛
(名古屋)
近藤直也 (柏)
酒井宏樹 (柏)
田中マルクス闘莉王 (名古屋)
ジョルジ・ワグネル (柏)
レアンドロ・ドミンゲス (柏)
藤本淳吾 (名古屋)
遠藤保仁 (G大阪)
清武弘嗣 (C大阪)
ハーフナー・マイク (甲府)
ジョシュア・ケネディ (名古屋)
2010年 楢崎正剛
(名古屋)
田中マルクス闘莉王 (名古屋)
増川隆洋 (名古屋)
槙野智章 (広島)
中村憲剛 (川崎F)
マルシオ・リシャルデス (新潟)
藤本淳吾 (清水)
ダニルソン (名古屋)
遠藤保仁 (G大阪)
前田遼一 (磐田)
ジョシュア・ケネディ (名古屋)
2009年 川島永嗣
(川崎F)
岩政大樹 (鹿島)
内田篤人 (鹿島)
田中マルクス闘莉王 (浦和)
長友佑都 (FC東京)
小笠原満男 (鹿島)
石川直宏 (FC東京)
中村憲剛 (川崎F)
遠藤保仁 (G大阪)
岡崎慎司 (清水)
前田遼一 (磐田)
2008年 楢崎正剛
(名古屋)
岩政大樹 (鹿島)
内田篤人 (鹿島)
中澤佑二 (横浜FM)
田中マルクス闘莉王 (浦和)
山口智 (G大阪)
中村憲剛 (川崎F)
小川佳純 (名古屋)
遠藤保仁 (G大阪)
マルキーニョス (鹿島)
柳沢敦 (京都)
2007年 都築龍太
(浦和)
岩政大樹 (鹿島)
田中マルクス闘莉王 (浦和)
山口智 (G大阪)
阿部勇樹 (浦和)
鈴木啓太 (浦和)
ポンテ (浦和)
中村憲剛 (川崎F)
遠藤保仁 (G大阪)
ジュニーニョ (川崎F)
バレー (G大阪)
 
年度ベストイレブン・GKベストイレブン・DFベストイレブン・MFベストイレブン・FW
2006年 川口能活
(磐田)
田中マルクス闘莉王 (浦和)
山口智 (G大阪)
加地亮 (G大阪)
鈴木啓太 (浦和)
阿部勇樹 (千葉)
中村憲剛 (川崎F)
谷口博之 (川崎F)
遠藤保仁 (G大阪)
ワシントン (浦和)
マグノ・アウベス (G大阪)
2005年 吉田宗弘
(C大阪)
ストヤノフ (千葉)
田中マルクス闘莉王 (浦和)
中澤佑二 (横浜FM)
小笠原満男 (鹿島)
阿部勇樹 (千葉)
フェルナンジーニョ (G大阪)
遠藤保仁 (G大阪)
古橋達弥 (C大阪)
アラウージョ (G大阪)
佐藤寿人 (広島)
2004年 土肥洋一
(FC東京)
田中マルクス闘莉王 (浦和)
ドゥトラ (横浜FM)
中澤佑二 (横浜FM)
小笠原満男 (鹿島)
長谷部誠 (浦和)
奥大介 (横浜FM)
遠藤保仁 (G大阪)
エメルソン (浦和)
マルケス (名古屋)
大黒将志 (G大阪)
2003年 楢崎正剛
(名古屋)
坪井慶介 (浦和)
ドゥトラ (横浜FM)
中澤佑二 (横浜FM)
小笠原満男 (鹿島)
福西崇史 (磐田)
奥大介 (横浜FM)
遠藤保仁 (G大阪)
エメルソン (浦和)
ウェズレイ (名古屋)
久保竜彦 (横浜FM)
2002年 曽ヶ端準
(鹿島)
鈴木秀人 (磐田)
田中誠 (磐田)
松田直樹 (横浜FM)
小笠原満男 (鹿島)
福西崇史 (磐田)
藤田俊哉 (磐田)
名波浩 (磐田)
エメルソン (浦和)
高原直泰 (磐田)
中山雅史 (磐田)
2001年 ヴァンズワム
(磐田)
大岩剛 (磐田)
秋田豊 (鹿島)
名良橋晃 (鹿島)
小笠原満男 (鹿島)
福西崇史 (磐田)
藤田俊哉 (磐田)
服部年宏 (磐田)
中田浩二 (鹿島)
ウィル (札幌)
柳沢敦 (鹿島)
2000年 高桑大二朗
(鹿島)
秋田豊 (鹿島)
洪明甫 (柏)
松田直樹 (横浜FM)
明神智和 (柏)
中村俊輔 (横浜FM)
稲本潤一 (G大阪)
森島寛晃 (C大阪)
ツゥット (FC東京)
中山雅史 (磐田)
西澤明訓 (C大阪)
1999年 真田雅則
(清水)
中澤佑二 (V川崎)
斉藤俊秀 (清水)
森岡隆三 (清水)
中村俊輔 (横浜FM)
アレックス (清水)
伊東輝悦 (清水)
澤登正朗 (清水)
福西崇史 (磐田)
ストイコビッチ (名古屋)
黄善洪 (C大阪)
1998年 楢崎正剛
(横浜F)
相馬直樹 (鹿島)
田中誠 (磐田)
秋田豊 (鹿島)
小野伸二 (浦和)
奥大介 (磐田)
藤田俊哉 (磐田)
名波浩 (磐田)
ドゥンガ (磐田)
中山雅史 (磐田)
柳沢敦 (鹿島)
1997年 大神友明
(磐田)
相馬直樹 (鹿島)
井原正巳 (横浜M)
秋田豊 (鹿島)
ビスマルク (鹿島)
中田英寿 (平塚)
山口素弘 (横浜F)
名波浩 (磐田)
ドゥンガ (磐田)
中山雅史 (磐田)
エムボマ (G大阪)
1996年 楢崎正剛
(横浜F)
相馬直樹 (鹿島)
井原正巳 (横浜M)
ブッフバルト (浦和)
ジョルジーニョ (鹿島)
前園真聖 (横浜F)
山口素弘 (横浜F)
名波浩 (磐田)
三浦知良 (V川崎)
ストイコビッチ (名古屋)
岡野雅行 (浦和)
1995年 菊池新吉
(V川崎)
相馬直樹 (鹿島)
井原正巳 (横浜M)
ブッフバルト (浦和)
鈴木正治 (横浜M)
柱谷哲二 (V川崎)
ビスマルク (V川崎)
福田正博 (浦和)
三浦知良 (V川崎)
ストイコビッチ (名古屋)
森島寛晃 (C大阪)
1994年 菊池新吉
(V川崎)
ペレイラ (V川崎)
井原正巳 (横浜M)
名塚善寛 (平塚)
柱谷哲二 (V川崎)
北澤豪 (V川崎)
ラモス瑠偉 (V川崎)
ビスマルク (V川崎)
ベッチーニョ (平塚)
武田修宏 (V川崎)
高木琢也 (広島)
1993年 松永成立
(横浜M)
大野俊三 (鹿島)
柱谷哲二 (V川崎)
ペレイラ (V川崎)
井原正巳 (横浜M)
堀池巧 (清水)
サントス (鹿島)
本田泰人 (鹿島)
ラモス瑠偉 (V川崎)
三浦知良 (V川崎)
ラモン・ディアス (横浜M)
 

HOMEスポーツTOPサッカーJリーグ・優勝チーム > J1ベストイレブン





2021年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。