キネマ旬報ベスト・テン‥1927-29年度の受賞者とベスト10作品は?


HOME映画TOPキネマ旬報ベスト・テン > 1927-29年度

 

1924年から毎年キネマ旬報社が発表している「キネマ旬報ベスト・テン」。歴代の各賞受賞者とベストテン映画とは? 今回は1927年度~1929年度の各賞受賞者とベストテン映画を調べてみました。

第6回 1929年度/昭和4年(1930年発表)
日本映画ベスト・テン (作品/監督)
1位首の座マキノ正博
2位「灰燼」村田実
3位「浪人街 第三話 憑かれた人々」マキノ正博
4位「生ける人形」内田吐夢
5位「摩天楼 争闘篇」村田実
6位「斬人斬馬剣」伊藤大輔
7位「パイプの三吉」滝沢英輔
8位「無理矢理三千石」松田定次
9位「大都会 労働篇」牛原虚彦
10位「都会交響楽」溝口健二
外国映画ベスト・テン (作品/監督)
1位紐育の波止場ジョセフ・フォン・スタンバーグ
2位「四人の悪魔」F・W・ムルナウ
3位「人生の乞食」ウィリアム・ウェルマン
4位「メトロポリス」フリッツ・ラング
5位「生ける屍」フィオードル・オツェブ
6位「四枚の羽根」シェードザック・クーパー
7位「裁かるるジャンヌ」カール・テホ・ドライヤー
8位「女の一生」ジョセフ・フォン・スタンバーグ
9位「思ひ出」エルンスト・ルビッチ
10位「都会の哀愁」パウル・フェヨス
 

・・・

第5回 1928年度/昭和3年(1929年発表)
日本映画ベスト・テン (作品/監督)
1位浪人街 第一話 美しき獲物マキノ正博
2位「陸の王者」牛原虚彦
3位「新版大岡政談 第3篇 解決篇」伊藤大輔
4位「崇禅寺馬場」マキノ正博
5位「彼と東京」牛原虚彦
6位「村の花嫁」五所平之助
7位「蹴合鶏」マキノ正博
8位「結婚二重奏」村田実, 田坂具隆, 阿部豊
9位「平手造酒」志波西果
10位「十字路」衣笠貞之助
外国映画ベスト・テン (作品/監督)
1位サンライズF・W・ムルナウ
2位「暗黒街」ジョセフ・フォン・スタンバーグ
3位「サーカス」チャールズ・チャップリン
4位「ベン・ハー」フレッド・ニブロ
5位「つばさ」ウィリアム・ウェルマン
6位「街の天使」フランク・ボーザージ
7位「煩悩」ジョージ・フィツモーリス
8位「アンクル・トムズ・ケビン」ハリー・ポラード
9位「結婚行進曲」エリッヒ・フォン・シュトロハイム
10位「ムーラン・ルージュ」E・A・デュポン
 

・・・

第4回 1927年度/昭和2年(1928年発表)
日本映画ベスト・テン (作品/監督)
1位忠次旅日記 信州血笑篇伊藤大輔
2位「彼をめぐる五人の女」阿部豊
3位「尊王攘夷」池田富保
4位「忠次旅日記 御用篇」伊藤大輔
5位「海の勇者」島津保次郎
6位「からくり娘」五所平之助
7位「慈悲心鳥」溝口健二
8位「悪魔の星の下に」二川文太郎
9位「下郎」伊藤大輔
10位「道中悲記」井上金太郎
外国映画ベスト・テン (作品/監督)
1位第七天国フランク・ボーザージ
2位「ヴァリエテ」E・A・デュポン
3位「ビッグ・パレード」キング・ヴィダー
4位「ボー・ジェスト」ハーバート・ブレノン
5位「肉体の道」ヴィクター・フレミング
6位「チャング」メリアン・C・クーパー, アーネスト・B・シェードザック
7位「帝国ホテル」モーリッツ・スティルレル
8位「椿姫」フレッド・ニブロ
9位「カルメン」ジャック・フェデー
10位「ドン・ファン」アラン・クロスランド
 
1924-26年度 < ・・・ > 1930-33年度


HOME映画TOPキネマ旬報ベスト・テン > 1927-29年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です