キネマ旬報ベスト・テン‥1934-36年度の受賞者とベスト10作品は?


HOME映画TOPキネマ旬報ベスト・テン > 1934-36年度

 

1924年から毎年キネマ旬報社が発表している「キネマ旬報ベスト・テン」。歴代の各賞受賞者とベストテン映画とは? 今回は1934年度~1936年度の各賞受賞者とベストテン映画を調べてみました。

第13回 1936年度/昭和11年(1937年発表)
日本映画ベスト・テン (作品/監督)
1位祇園の姉妹溝口健二
2位「人生劇場 青春篇」内田吐夢
3位「浪華悲歌」溝口健二
4位「一人息子」小津安二郎
5位「赤西蠣太」伊丹万作
6位「家族会議」島津保次郎
7位「兄いもうと」木村荘十二
8位「彦六大いに笑ふ」木村荘十二
9位「情熱の詩人啄木 ふるさと篇」熊谷久虎
10位「秘境熱河」(撮影)芥川光蔵
外国映画ベスト・テン (作品/監督)
1位ミモザ館ジャック・フェデー
2位「幽霊西へ行く」ルネ・クレール
3位「オペラ・ハット」フランク・キャプラ
4位「白き処女地」ジュリアン・デュヴィヴィエ
5位「地の果てを行く」ジュリアン・デュヴィヴィエ
6位「罪と罰」ピエール・シュナール
7位「科学者の道」ウィリアム・ディーターレ
8位「上から下まで」G・W・パプスト
9位「人生は四十二から」レオ・マッケリー
10位「ドン・ファン」アレグザンダー・コルダ
 

・・・

第12回 1935年度/昭和10年(1936年発表)
日本映画ベスト・テン (作品/監督)
1位妻よ薔薇のやうに成瀬巳喜男
2位「街の入墨者」山中貞雄
3位「お琴と佐助」島津保次郎
4位「忠次売出す」伊丹万作
5位「国定忠治」山中貞雄
6位「人生のお荷物」五所平之助
7位「この子捨てざれば」斎藤寅次郎
8位「噂の娘」成瀬巳喜男
9位「東京の宿」小津安二郎
10位「雪之丞変化」衣笠貞之助
外国映画ベスト・テン (作品/監督)
1位最後の億万長者ルネ・クレール
2位「外人部隊」ジャック・フェデー
3位「ロスチャイルド」アルフレッド・ワーカー
4位「未完成交響楽」ヴィリ・フォルスト
5位「男の敵」ジョン・フォード
6位「生きているモレア」ヘクト・マッカーサー
7位「メリイ・ウイドウ」エルンスト・ルビッチ
8位「別れの曲」ゲザ・フォン・ボルヴァリ
9位「アラン」ロバート・フラハティ
10位「情熱なき犯罪」ヘクト・マッカーサー
 

・・・

第11回 1934年度/昭和9年(1935年発表)
日本映画ベスト・テン (作品/監督)
1位浮草物語小津安二郎
2位「隣の八重ちゃん」島津保次郎
3位「生きとし生けるもの」五所平之助
4位「武道大鑑」伊丹万作
5位「風流活人剣」山中貞雄
6位「北進日本」(指揮)武富海軍大佐, 柴田海軍中佐
7位「その夜の女」島津保次郎
8位「一本刀土俵入り」衣笠貞之助
9位「霧笛」村田実
10位「雁太郎街道」山中貞雄
外国映画ベスト・テン (作品/監督)
1位商船テナシチージュリアン・デュヴィヴィエ
2位「會議は踊る」エリック・シャレル
3位「にんじん」ジュリアン・デュヴィヴィエ
4位「南風」キング・ヴィダー
5位「或る夜の出来事」フランク・キャプラ
6位「家なき少年群」ウィリアム・ウエルマン
6位「ドン・キホーテ」G・W・パプスト
6位「或る日曜日の午後」スティーブン・ロバーツ
9位「生活の設計」エルンスト・ルビッチ
10位「街の灯」チャールズ・チャップリン
10位「クカラチャ」(撮影)レイ・レナハン
 
1930-33年度 < ・・・ > 1937-39年度


HOME映画TOPキネマ旬報ベスト・テン > 1934-36年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です