全日本プロレス世界最強タッグ戦‥1978-89年大会の最終順位は?


HOMEスポーツTOP全日本プロレス 世界最強タッグ決定戦 > 1978-89年

 

1978年から全日本プロレス主催で毎年行われるタッグマッチのリーグ戦「世界最強タッグ決定リーグ戦」。今回は1978年(第1回)~1989年(第12回)の優勝と全出場チームの最終順位を調べてみました。

第12回 / 1989年 (平成元年)
優勝順位表
スタン・ハンセン
天龍源一郎
【1位】スタン・ハンセン&天龍源一郎 (18点)
【2位】ジャンボ鶴田&谷津嘉章 (16点)
【3位】ジャイアント馬場&ラッシャー木村 (14点)
【4位】ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス (12点)
【5位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン (10点)
【6位】ダニー・クロファット&ダグ・ファーナス (7点)
【7位】テリー・ゴディ&ビル・アーウィン (6点)
【8位】川田利明&サムソン冬木 (3点)
【9位】ザ・グレート・カブキ&高野俊二 (2点)
【9位】ブライアン・ノッブス&ジェリー・セガノビッチ (2点)
 
第11回 / 1988年 (昭和63年)
優勝順位表
スタン・ハンセン
テリー・ゴディ
【1位】スタン・ハンセン&テリー・ゴディ (17点)
【2位】ジャンボ鶴田&谷津嘉章 (16点)
【3位】ジャイアント馬場&ラッシャー木村 (15点)
【4位】天龍源一郎&川田利明 (14点)
【4位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&タイガー・ジェット・シン (14点)
【6位】ダニー・スパイビー&ジョニー・エース (10点)
【7位】ザ・グレート・カブキ&輪島大士 (7点)
【7位】タイガーマスク&ジミー・スヌーカ (7点)
【9位】ジョン・テンタ&高野俊二 (4点)
【10位】ディック・スレーター&トミー・リッチ (0点)
【10位】クラッシャー・ブラックウェル&フィル・ヒッカーソン (0点)
 
第10回 / 1987年 (昭和62年)
優勝順位表
ジャンボ鶴田
谷津嘉章
【1位】ジャンボ鶴田&谷津嘉章 (15点)
【2位】スタン・ハンセン&テリー・ゴディ (14点)
【2位】ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカ (14点)
【2位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (14点)
【2位】天龍源一郎&阿修羅・原 (14点)
【6位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&TNT (12点)
【7位】ジャイアント馬場&輪島大士 (11点)
【8位】タイガーマスク&仲野信市 (6点)
【8位】ザ・グレート・カブキ&ジョン・テンタ (6点)
【10位】トム・ジンク&ザ・ターミネーター (2点)
【10位】マーク・ヤングブラッド&クリス・ヤングブラッド (2点)
【10位】ラッシャー木村&鶴見五郎 (2点)
 
第9回 / 1986年 (昭和61年)
優勝順位表
ジャンボ鶴田
天龍源一郎
【1位】ジャンボ鶴田&天龍源一郎 (10点)
【1位】スタン・ハンセン&テッド・デビアス (10点)
【3位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (9点)
【3位】長州力&谷津嘉章 (9点)
【5位】テリー・ゴディ&キラー・カーン (8点)
【6位】ジャイアント馬場&タイガーマスク (6点)
【6位】リック・マーテル&トム・ジンク (6点)
【8位】ラッシャー木村&鶴見五郎 (4点)
【9位】スーパー・ストロング・マシーン&阿修羅・原 (0点)
 
第8回 / 1985年 (昭和60年)
優勝順位表
スタン・ハンセン
テッド・デビアス
【1位】スタン・ハンセン&テッド・デビアス (7点)
【2位】ジャンボ鶴田&天龍源一郎 (6点)
【2位】長州力&谷津嘉章 (6点)
【2位】ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア (6点)
【2位】ハーリー・レイス&ジェシー・バー (6点)
【6位】ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス (5点)
【6位】ニック・ボックウィンクル&カート・ヘニング (5点)
【6位】ラッシャー木村&阿修羅・原 (5点)
 
第7回 / 1984年 (昭和59年)
優勝順位表
ジャンボ鶴田
天龍源一郎
【1位】ジャンボ鶴田&天龍源一郎 (11点)
【2位】スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ (10点)
【2位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (10点)
【2位】ハーリー・レイス&ニック・ボックウィンクル (10点)
【5位】ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミス (7点)
【6位】ジャイアント馬場&ラッシャー木村 (2点)
【6位】ワンマン・ギャング&鶴見五郎 (2点)
【8位】タイガー・ジェット・シン&マイク・ショー (0点)
 
第6回 / 1983年 (昭和58年)
優勝順位表
スタン・ハンセン
ブルーザー・ブロディ
【1位】スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ (12点)
【2位】ジャイアント馬場&ドリー・ファンク・ジュニア (11点)
【2位】ジャンボ鶴田&天龍源一郎 (11点)
【4位】タイガー・ジェット・シン&上田馬之助 (6点)
【4位】ミル・マスカラス&ドス・カラス (6点)
【4位】バリー・ウインダム&ロン・フラー (4点)
【7位】阿修羅・原&マイティ井上 (2点)
【8位】ザ・モンゴリアン&鶴見五郎 (0点)
 
第5回 / 1982年 (昭和57年)
優勝順位表
ドリー・ファンク・ジュニア
テリー・ファンク
【1位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (9点)
【2位】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田 (8点)
【2位】スタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ (8点)
【4位】ハーリー・レイス&ディック・スレーター (7点)
【5位】天龍源一郎&阿修羅・原 (5点)
【6位】リッキー・スティムボート&ジェイ・ヤングブラッド (3点)
【7位】上田馬之助&スーパー・デストロイヤー (0点)
 
第4回 / 1981年 (昭和56年)
優勝順位表
ブルーザー・ブロディ
ジミー・スヌーカ
【1位】ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカ (12点)
【2位】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田 (11点)
【3位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (11点)
【4位】タイガー・ジェット・シン&上田馬之助 (10点)
【5位】ハーリー・レイス&ラリー・ヘニング (8点)
【6位】ザ・シーク&マーク・ルーイン (4点)
【7位】バロン・フォン・ラシク&キラー・カール・クラップ (2点)
【7位】天龍源一郎&阿修羅・原 (2点)
【7位】大熊元司&グレート小鹿 (2点)
 
第3回 / 1980年 (昭和55年)
優勝順位表
ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
【1位】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田 (14点)
【2位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (13点)
【3位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&キラー・トーア・カマタ (12点)
【4位】ニック・ボックウィンクル&ジム・ブランゼル (8点)
【5位】リッキー・スティムボート&ディック・スレーター (8点)
【6位】ビル・ロビンソン&レス・ソントン (7点)
【7位】ザ・シーク&グレート・メフィスト (0点)
 
第2回 / 1979年 (昭和54年)
優勝順位表
ドリー・ファンク・ジュニア
テリー・ファンク
【1位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (11点)
【2位】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田 (9点)
【3位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク (8点)
【4位】ミル・マスカラス&ドス・カラス (6点)
【5位】大木金太郎&キラー・トーア・カマタ (4点)
【6位】ミスター・レスリング&マスクド・ストラングラー (2点)
【7位】ワフー・マクダニエル&フランク・ヒル (0点)
 
第1回 / 1978年 (昭和53年)
優勝順位表
ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
【1位】ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田 (7点)
【2位】ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク (6点)
【3位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク⇒キラー・トーア・カマタ (4点)
【3位】ニック・ボックウィンクル&ブラックジャック・ランザ (4点)
【5位】ビル・ロビンソン&ワイルド・アンガス (3点)
【6位】大木金太郎&キム・ドク (0点)
 
・・・ > 1990-99年


HOMEスポーツTOP全日本プロレス 世界最強タッグ決定戦 > 1978-89年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です