全日本プロレス世界最強タッグ戦‥2000-09年大会の最終順位は?


HOMEスポーツTOP全日本プロレス 世界最強タッグ決定戦 > 2000-09年

 

1978年から全日本プロレス主催で毎年行われるタッグマッチのリーグ戦「世界最強タッグ決定リーグ戦」。今回は2000年(第23回)~2009年(第32回)の優勝と全出場チームの最終順位を調べてみました。

第32回 / 2009年 (平成21年)
優勝順位表
武藤敬司
船木誠勝
【優勝決定戦】武藤&船木 - 諏訪魔&河野
【1位】武藤敬司&船木誠勝 (11点)
【1位】諏訪魔&河野真幸 (11点)
【3位】太陽ケア&鈴木みのる (10点)
【3位】長州力&征矢学 (10点)
【5位】小島聡&ゾディアック (8点)
【5位】曙&浜亮太 (8点)
【7位】高山善廣&NOSAWA論外 (6点)
【8位】西村修&真田聖也 (2点)
【8位】TARU&ジョー・ドーリング (2点)
 
第31回 / 2008年 (平成20年)
優勝順位表
小島聡
天山広吉
【優勝決定戦】小島&天山 - 諏訪魔&近藤
【1位】小島聡&天山広吉 (9点)
【1位】諏訪魔&近藤修司 (9点)
【3位】太陽ケア&鈴木みのる (8点)
【3位】ゾディアック&ジョー・ドーリング (8点)
【5位】武藤敬司&浜亮太 (6点)
【5位】西村修&カズ・ハヤシ (6点)
【7位】真田聖也&征矢学 (4点)
【7位】TARU&ヘイト (4点)
 
第30回 / 2007年 (平成19年)
優勝順位表
武藤敬司
ジョー・ドーリング
【優勝決定戦】武藤&ドーリング - 小島&諏訪魔
【進出決定戦】小島&諏訪魔 - 健介&川田
【1位】武藤敬司&ジョー・ドーリング (11点)
【2位】佐々木健介&川田利明 (10点)
【2位】小島聡&諏訪魔 (10点)
【4位】アブドーラ・ザ・ブッチャー&鈴木みのる (8点)
【5位】西村修&渕正信 (7点)
【6位】太陽ケア&ハワイアン・ライオン (6点)
【7位】荒谷望誉&大鷲透 (2点)
【8位】TARU&ゾディアック (0点)
 
第29回 / 2006年 (平成18年)
優勝順位表
小島聡
天山広吉
【優勝決定戦】小島&天山 - 諏訪魔&RO’Z
【進出決定戦】小島&天山 - 武藤&川田
【1位】諏訪魔&RO’Z (9点)
【2位】武藤敬司&川田利明 (8点)
【2位】小島聡&天山広吉 (8点)
【4位】ディーロ・ブラウン&ブキャナン (6点)
【5位】太陽ケア&TAKAみちのく (5点)
【5位】カズ・ハヤシ&中嶋勝彦 (5点)
【7位】鈴木みのる&NOSAWA論外 (1点)
 
第28回 / 2005年 (平成17年)
優勝順位表
ババ・レイ
ディーボン
【優勝決定戦】ババ・レイ&ディーボン - 武藤&曙
【A1位】武藤敬司&曙 (6点)
【A2位】太陽ケア&ジャマール (4点)
【A2位】諏訪間幸平&雷陣明 (4点)
【A4位】TARU&ジャイアント・バーナード (2点)
【A4位】嵐&AKIRA (2点)
【B1位】ババ・レイ&ディーボン (8点)
【B2位】小島聡&カズ・ハヤシ (4点)
【B2位】佐々木健介&中嶋勝彦 (4点)
【B2位】ブキャナン&ディー・ロウ・ブラウン (4点)
【B5位】近藤修司&“brother”YASSHI (0点)
 
第27回 / 2004年 (平成16年)
優勝順位表
太陽ケア
ジャマール
【優勝決定戦】ケア&ジャマール - 小島&ハヤシ
【進出決定戦】ケア&ジャマール - 川田&長井
【A1位】小島聡&カズ・ハヤシ (6点)
【A2位】ブキャナン&ディー・ロウ・ブラウン (5点)
【A2位】武藤敬司&西村修 (5点)
【A4位】GREAT MUTA&ラブ・マシン・スティール (4点)
【A5位】本間朋晃&諏訪間幸平 (0点)
【B1位】川田利明&長井満也 (5点)
【B1位】太陽ケア&ジャマール (5点)
【B3位】佐々木健介&中嶋勝彦 (4点)
【B3位】スーパー・ラブ・マシン&ラブ・マシン・ストーム (4点)
【B5位】荒谷望誉&平井伸和 (0点)
 
第26回 / 2003年 (平成15年)
優勝順位表
小島聡
カズ・ハヤシ
【優勝決定戦】小島&ハヤシ - ジャマール&クレディブル
【1位】小島聡&カズ・ハヤシ (8点)
【1位】ジャマール&ジャスティン・クレディブル (8点)
【3位】武藤敬司&嵐 (7点)
【3位】川田利明&荒谷信孝 (7点)
【5位】TAKAみちのく&ディーロ・ブラウン (6点)
【5位】ギガンテス&ブキャナン (6点)
【7位】ラ・パルカ・オリジナル&パルカ・ゲレーラ (0点)
 
第25回 / 2002年 (平成14年)
優勝順位表
小島聡
太陽ケア
【優勝決定戦】大森&征矢 - 諏訪魔&ドーリング
【1位】小島聡&太陽ケア (11点)
【2位】武藤敬司&アニマル・ウォリアー (10点)
【2位】天龍源一郎&ビッグ・ジョン・テンタ (10点)
【4位】スティーブ・ウィリアムス&マイク・ロトンド (9点)
【5位】大谷晋二郎&田中将斗 (8点)
【6位】安生洋二&長井満也 (4点)
【7位】嵐&荒谷信孝 (2点)
【7位】マイク・アッサム&PJフリードマン (2点)
 
第24回 / 2001年 (平成13年)
優勝順位表
武藤敬司
太陽ケア
【優勝決定戦】武藤&ケア - 川田&長井
【進出決定戦】武藤&ケア - 天龍&冬木
【進出決定戦】川田&長井 - ロン&ドン・ハリス
【1位】武藤敬司&太陽ケア (10点)
【1位】川田利明&長井満也 (10点)
【1位】天龍源一郎&冬木弘道 (10点)
【1位】ロン・ハリス&ドン・ハリス (10点)
【5位】スティーブ・ウィリアムス&マイク・ロトンド (6点)
【6位】嵐&北原光騎 (4点)
【7位】安生洋二&ジョニー・スミス (3点)
【7位】ジョージ・ハインズ&バンピーロ (3点)
 
第23回 / 2000年 (平成12年)
優勝順位表
スティーブ・ウィリアムス
マイク・ロトンド
【優勝決定戦】ウィリアムス&ロトンド - 川田&
【進出決定戦】ウィリアムス&ロトンド - ケア&スミス
【進出決定戦】川田&渕 - バートン&スティール
【1位】スティーブ・ウィリアムス&マイク・ロトンド (10点)
【1位】川田利明&渕正信 (10点)
【1位】太陽ケア&ジョニー・スミス (10点)
【1位】マイク・バートン&ジム・スティール (10点)
【5位】天龍源一郎&荒谷信孝 (6点)
【5位】バリー・ウインダム&ケンドール・ウインダム (6点)
【7位】垣原賢人&長井満也 (2点)
【7位】藤原喜明&ダニー・クロファット (2点)
 
1990-99年 < ・・・ > 2010-19年


HOMEスポーツTOP全日本プロレス 世界最強タッグ決定戦 > 2000-09年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です