全日本プロレス世界最強タッグ戦‥2010-19年大会の最終順位は?


HOMEスポーツTOP全日本プロレス 世界最強タッグ決定戦 > 2010-19年

 

1978年から全日本プロレス主催で毎年行われるタッグマッチのリーグ戦「世界最強タッグ決定リーグ戦」。今回は2010年(第33回)~2019年(第42回)の優勝と全出場チームの最終順位を調べてみました。

第42回 / 2019年 (令和元年)
優勝順位表
諏訪魔
石川修司
【優勝決定戦】諏訪魔&石川 - ジェイク&野村
【1位】諏訪魔&石川修司 (12点)
【1位】ジェイク・リー&野村直矢 (12点)
【3位】ジョー・ドーリング&秋山準 (10点)
【3位】TAJIRI&KAI (10点)
【5位】ゼウス&崔領二 (9点)
【6位】宮原健斗&青柳優馬 (8点)
【6位】ヨシタツ&ジョエル・レッドマン (8点)
【6位】吉田隆司&ギアニー・ヴァレッタ (8点)
【6位】パロウ&オディンソン (8点)
【10位】関本大介&ボディガー (3点)
 
第41回 / 2018年 (平成30年)
優勝順位表
ジョー・ドーリング
ディラン・ジェイムス
【1位】ジョー・ドーリング&ディラン・ジェイムス (14点)
【2位】諏訪魔&石川修司 (12点)
【2位】秋山準&関本大介 (12点)
【2位】真霜拳號&KAI (12点)
【2位】パロウ&オディンソン (12点)
【6位】宮原健斗&ヨシタツ (10点)
【6位】大森隆男&征矢学 (10点)
【8位】ゼウス&ボディガー (8点)
【8位】ジェイク・リー&崔領二 (8点)
【10位】野村直矢&青柳優馬 (6点)
【10位】TAJIRI&ギアニー・ヴァレッタ (6点)
 
第40回 / 2017年 (平成29年)
優勝順位表
諏訪魔
石川修司
【優勝決定戦】諏訪魔&石川 - 橋本&神谷
【1位】諏訪魔&石川修司 (12点)
【1位】橋本大地&神谷英慶 (12点)
【3位】秋山準&大森隆男 (10点)
【3位】ジョー・ドーリング&太陽ケア (10点)
【3位】宮原健斗&ヨシタツ (10点)
【3位】野村直矢&青柳優馬 (10点)
【7位】ゼウス&ボディガー (8点)
【8位】TAJIRI&KAI (6点)
【8位】崔領二&将火怒 (6点)
【8位】征矢学&ブラック・タイガーVII (6点)
 
第39回 / 2016年 (平成28年)
優勝順位表
大森隆男
征矢学
【優勝決定戦】大森&征矢 - 宮原&ジェイク
【A1位】宮原健斗&ジェイク・リー (8点)
【A2位】諏訪魔&青木篤志 (6点)
【A2位】真霜拳號&タンク永井 (6点)
【A4位】崔領二&不動力也 (4点)
【A4位】西村修&吉江豊 (4点)
【A6位】長井満也&ブラック・タイガーVII (2点)
【B1位】大森隆男&征矢学 (10点)
【B2位】秋山準&ケンドー・カシン (8点)
【B3位】ゼウス&ボディガー (6点)
【B4位】野村直矢&青柳優馬 (2点)
【B4位】スーパータイガー&佐藤光留 (2点)
【B4位】熊ゴロー&土肥孝司 (2点)
 
第38回 / 2015年 (平成27年)
優勝順位表
諏訪魔
宮原健斗
【優勝決定戦】諏訪魔&宮原 - ゼウス&ボディガー
【1位】諏訪魔&宮原健斗 (8点)
【1位】ゼウス&ボディガー (8点)
【3位】秋山準&大森隆男 (6点)
【3位】石川修司&星誕期 (6点)
【3位】西村修&KENSO (6点)
【3位】吉江豊&入江茂弘 (6点)
【7位】野村直矢&青柳優馬 (2点)
 
第37回 / 2014年 (平成26年)
優勝順位表
秋山準
大森隆男
【優勝決定戦】秋山&大森 - 潮崎&宮原
【1位】潮崎豪&宮原健斗 (10点)
【2位】秋山準&大森隆男 (9点)
【3位】諏訪魔&ジョー・ドーリング (8点)
【3位】曙&吉江豊 (8点)
【3位】ゼウス&ボディガー (8点)
【6位】青木篤志&佐藤光留 (5点)
【7位】KENSO&長井満也 (4点)
【7位】真霜拳號&タンク永井 (4点)
 
第36回 / 2013年 (平成25年)
優勝順位表
諏訪魔
ジョー・ドーリング
【優勝決定戦】諏訪魔&ドーリング - 潮崎&宮原
【1位】諏訪魔&ジョー・ドーリング (11点)
【2位】潮崎豪&宮原健斗 (10点)
【3位】秋山準&大森隆男 (9点)
【4位】曙&金丸義信 (8点)
【5位】ジェームス・ライディーン&マイバッハβ (6点)
【6位】ダーク・オズ&ダーク・クエルボ (4点)
【7位】鈴木鼓太郎&青木篤志 (2点)
【7位】ディーロ・ブラウン&KENSO (2点)
 
第35回 / 2012年 (平成24年)
優勝順位表
大森隆男
征矢学
【優勝決定戦】大森&征矢 - 諏訪魔&ドーリング
【A1位】大森隆男&征矢学 (7点)
【A2位】船木誠勝&河野真幸 (6点)
【A3位】本間朋晃&宮本和志 (4点)
【A4位】太陽ケア&真田聖也 (3点)
【A5位】KENSO&ザ・グレート・サスケ (0点)
【B1位】諏訪魔&ジョー・ドーリング (6点)
【B2位】金本浩二&田中稔 (5点)
【B3位】曙&浜亮太 (4点)
【B4位】関本大介&岡林裕二 (3点)
【B5位】バンビ・キラー&フランツ・ダイナマイト (2点)
 
第34回 / 2011年 (平成23年)
優勝順位表
真田聖也
KAI
【優勝決定戦】真田&KAI - 船木&河野
【1位】船木誠勝&河野真幸 (12点)
【2位】真田聖也&KAI (11点)
【3位】曙&浜亮太 (10点)
【3位】大森隆男&征矢学 (10点)
【3位】関本大介&岡林裕二 (10点)
【3位】ビッグ・ダディ&ジョー・ドーリング (10点)
【7位】金本浩二&田中稔 (8点)
【8位】渕正信&太陽ケア (7点)
【9位】諏訪魔&征矢匠 (6点)
【9位】KENSO&カズ・ハヤシ (6点)
 
第33回 / 2010年 (平成22年)
優勝順位表
KENSO
KONO
【優勝決定戦】KENSO&KONO - 諏訪魔&
【進出決定戦】諏訪魔&浜 - 船木&みのる
【1位】KENSO&KONO (12点)
【2位】諏訪魔&浜亮太 (11点)
【2位】船木誠勝&鈴木みのる (11点)
【4位】太陽ケア&曙 (10点)
【5位】ダーク・オズ&ダーク・クエルボ (8点)
【6位】真田聖也&征矢学 (7点)
【7位】TARU&レネ・デュプリ (6点)
【8位】西村修&ジョー・マレンコ (5点)
【9位】本田多聞&菊地毅 (2点)
 
2000-09年 < ・・・ > 2020-29年


HOMEスポーツTOP全日本プロレス 世界最強タッグ決定戦 > 2010-19年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です