米アカデミー賞‥第40回(1967年度)の各賞受賞・ノミネートしたのは?


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1967年度

1929年から始まったアメリカで毎年開かれる映画の授賞式で、各受賞者にはオスカー像が授与される「アカデミー賞」。今回は第40回(1967年度)の各賞受賞者・ノミネートを調べてみました。

第40回 1967年度(1968年4月10日開催) 【司会】ボブ・ホープ
受賞作品 / 受賞者ノミネート
作品賞. 夜の大捜査線 5部門受賞
ボニーとクライド 俺たちに明日はない
ドリトル先生不思議な旅
卒業
招かれざる客
主演男優賞.ロッド・スタイガー【夜の大捜査線】
・ダスティン・ホフマン【卒業】
・スペンサー・トレイシー【招かれざる客】
・ポール・ニューマン【暴力脱獄】
・ウォーレン・ビーティ【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
主演女優賞.キャサリン・ヘップバーン【招かれざる客】
・オードリー・ヘプバーン【暗くなるまで待って】
・アン・バンクロフト【卒業】
・フェイ・ダナウェイ【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
・イーディス・エヴァンス【哀愁の旅路】
助演男優賞.ジョージ・ケネディ【暴力脱獄】
・マイケル・J・ポラード【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
・セシル・ケラウェイ【招かれざる客】
・ジーン・ハックマン【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
・ジョン・カサヴェテス【特攻大作戦】
助演女優賞.エステル・パーソンズ【俺たちに明日はない】
・キャサリン・ロス【卒業】
・キャロル・チャニング【モダン・ミリー】
・ビア・リチャーズ【招かれざる客】
・ミルドレッド・ナトウィック【裸足で散歩】
監督賞.マイク・ニコルズ【卒業】
・ノーマン・ジュイソン【夜の大捜査線】
・スタンリー・クレイマー【招かれざる客】
・リチャード・ブルックス【冷血】
・アーサー・ペン【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
脚本賞. 【招かれざる客】
【戦争は終った】
【いつも2人で】
【DIVORCE, AMERICAN STYLE】
【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
脚色賞. 【夜の大捜査線】
【ユリシーズ】
【暴力脱獄】
【卒業】
【冷血】
撮影賞. 【俺たちに明日はない】
【ドリトル先生不思議な旅】
【キャメロット】
【卒業】
【冷血】
 
受賞作品 / 受賞者ノミネート
作曲賞. 【モダン・ミリー】
【暴力脱獄】
【ドリトル先生不思議な旅】
【遥か群衆を離れて】
【冷血】
編曲賞 【キャメロット】
【ドリトル先生不思議な旅】
【招かれざる客】
【モダン・ミリー】
【哀愁の花びら】
歌曲賞.Talk to the Animals【ドリトル先生不思議な旅】
・The Bare Necessities【ジャングル・ブック】
・The Eyes of Love【夜の誘惑】
・The Look of love【007 カジノ・ロワイヤル】
・Thoroughly Modern Millie【モダン・ミリー】
美術賞. 【キャメロット】
【ドリトル先生不思議な旅】
【招かれざる客】
【じゃじゃ馬ならし】
【モダン・ミリー】
衣装デザイン賞. 【キャメロット】
【ボニーとクライド 俺たちに明日はない】
【最高にしあわせ】
【じゃじゃ馬ならし】
【モダン・ミリー】
視覚効果賞. 【ドリトル先生不思議な旅】
【トブルク戦線】
音響効果賞. 【特攻大作戦】
【夜の大捜査線】
音響録音賞. 【夜の大捜査線】
【キャメロット】
【特攻大作戦】
【ドリトル先生不思議な旅】
【モダン・ミリー】
編集賞. 【夜の大捜査線】
【ビーチレッド戦記】
【特攻大作戦】
【ドリトル先生不思議な旅】
【招かれざる客】
外国語映画賞. 【厳重に監視された列車】(チェコスロバキア)
【恋は魔術師】(スペイン)
【ジプシーの唄をきいた】(ユーゴスラビア)
【パリのめぐり逢い】(フランス)
【智恵子抄】(日本)
長編ドキュメンタリー賞. 【アンダーソン・プラトーン】
【FESTIVAL】
【HARVEST】
【A KING’S STORY】
【A TIME FOR BURNING】
短編ドキュメンタリー賞. 【THE REDWOODS】
【MONUMENT TO THE DREAM】
【A PLACE TO STAND】
【SEE YOU AT THE PILLAR】
【WHILE I RUN THIS RACE】
短編実写賞. 【A PLACE TO STAND】
【PADDLE TO THE SEA】
【SKY OVER HOLLAND】
【STOP,LOOK AND LISTEN】
短編アニメ賞. 【THE BOX】
【HYPOTHESE BETA】
【WHAT ON EARTH!】
 
1966年度 < ・・・ > 1968年度


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1967年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です