米アカデミー賞‥第54回(1981年度)の各賞受賞・ノミネートしたのは?


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1981年度

1929年から始まったアメリカで毎年開かれる映画の授賞式で、各受賞者にはオスカー像が授与される「アカデミー賞」。今回は第54回(1981年度)の各賞受賞者・ノミネートを調べてみました。

第54回 1981年度(1982年3月29日開催) 【司会】ジョニー・カーソン
受賞作品 / 受賞者ノミネート
作品賞. 炎のランナー 8部門受賞
アトランティック・シティ
黄昏
レイダース 失われたアーク
レッズ
主演男優賞.ヘンリー・フォンダ【黄昏】
・ウォーレン・ビーティ【レッズ】
・バート・ランカスター【アトランティック・シティ】
・ダドリー・ムーア【ミスター・アーサー】
・ポール・ニューマン【スクープ・悪意の不在】
主演女優賞.キャサリン・ヘプバーン【黄昏】
・ダイアン・キートン【レッズ】
・マーシャ・メイソン【泣かないで】
・スーザン・サランドン【アトランティック・シティ】
・メリル・ストリープ【フランス軍中尉の女】
助演男優賞.ジョン・ギールグッド【ミスター・アーサー】
・ジェームズ・ココ【泣かないで】
・イアン・ホルム【炎のランナー】
・ジャック・ニコルソン【レッズ】
・ハワード・E・ロリンズ・Jr【ラグタイム】
助演女優賞.モーリン・ステイプルトン【レッズ】
・メリンダ・ディロン【スクープ・悪意の不在】
・ジェーン・フォンダ【黄昏】
・ジョーン・ハケット【泣かないで】
・エリザベス・マクガヴァン【ラグタイム】
監督賞.ウォーレン・ビーティ【レッズ】
・ルイ・マル【アトランティック・シティ】
・ヒュー・ハドソン【炎のランナー】
・マーク・ライデル【黄昏】
・スティーヴン・スピルバーグ【レイダース 失われたアーク】
脚本賞. 【炎のランナー】
【スクープ・悪意の不在】
【ミスター・アーサー】
【アトランティック・シティ】
【レッズ】
脚色賞. 【黄昏】
【フランス軍中尉の女】
【ペニーズ・フロム・ヘブン】
【プリンス・オブ・シティ】
【ラグタイム】
撮影賞. 【レッズ】
【エクスカリバー】
【黄昏】
【ラグタイム】
【レイダース 失われたアーク】
作曲賞 【炎のランナー】
【ドラゴンスレイヤー】
【黄昏】
【ラグタイム】
【レイダース 失われたアーク】
歌曲賞.Best That You Can Do【ミスター・アーサー】
・Endless Love【エンドレス・ラブ】
・The First Time It Happens【マペットの大冒険 宝石泥棒をつかまえろ!】
・For Your Eyes Only【007 ユア・アイズ・オンリー】
・One More Hour【ラグタイム】
美術賞. 【レイダース 失われたアーク】
【フランス軍中尉の女】
【天国の門】
【ラグタイム】
【レッズ】
衣装デザイン賞. 【炎のランナー】
【フランス軍中尉の女】
【ペニーズ・フロム・ヘブン】
【ラグタイム】
【レッズ】
メイクアップ賞. 【狼男アメリカン】
【ハートビープス 恋するロボットたち】
視覚効果賞. 【レイダース 失われたアーク】
【ドラゴンスレイヤー】
音響編集賞. 【レイダース 失われたアーク】
音響録音賞. 【レイダース 失われたアーク】
【黄昏】
【アウトランド】
【ペニーズ・フロム・ヘブン】
【レッズ】
編集賞. 【レイダース 失われたアーク】
【炎のランナー】
【フランス軍中尉の女】
【黄昏】
【レッズ】
外国語映画賞. 【メフィスト】(ハンガリー)
【THE BOAT IS FULL】(スイス)
【鉄の男】(ポーランド)
【泥の河】(日本)
【THREE BROTHERS】(イタリア)
長編ドキュメンタリー賞. 【ジェノサイド ナチスの虐殺 ホロコーストの真実】
【AGAINST WIND AND TIDE:A CUBAN ODYSSEY】
【BROOKLYN BRIDGE】
【EIGHT MINUTES TO MIDNIGHT:A PORTRAIT OF DR.HELEN CALDICOTT】
【EL SALVADOR:ANOTHER VIETNAM】
短編ドキュメンタリー賞. 【CLOSE HARMONY】
【AMERICAS IN TRANSITION】
【JOURNEY FOR SURVIVAL】
【SEE WHAT I SAY】
【URGE TO BUILD】
短編実写賞. 【VIOLET】
【COUPLES AND ROBBERS】
【FIRST WINTER】
短編アニメ賞. 【クラック!】
【THE CREATION】
【THE TENDER TALE OF CINDERELLA PENGUIN】
 
1980年度 < ・・・ > 1982年度


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1981年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です