米アカデミー賞‥第55回(1982年度)の各賞受賞・ノミネートしたのは?


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1982年度

 

1929年から始まったアメリカで毎年開かれる映画の授賞式で、各受賞者にはオスカー像が授与される「アカデミー賞」。今回は第55回(1982年度)の各賞受賞者・ノミネートを調べてみました。

第55回 1982年度(1983年4月11日開催) 【司会】ライザ・ミネリ、ダドリー・ムーア、リチャード・プライヤー、ウォルター・マッソー
受賞作品 / 受賞者ノミネート
作品賞. ガンジー 8部門受賞
E.T.
ミッシング
トッツィー
評決
主演男優賞.ベン・キングズレー【ガンジー】
・ダスティン・ホフマン【トッツィー】
・ジャック・レモン【ミッシング】
・ポール・ニューマン【評決】
・ピーター・オトゥール【My Favorite Year】
主演女優賞.メリル・ストリープ【ソフィーの選択】
・ジュリー・アンドリュース【ビクター/ビクトリア】
・ジェシカ・ラング【女優フランシス】
・シシー・スペイセク【ミッシング】
・デブラ・ウィンガー【愛と青春の旅だち】
助演男優賞.ルイス・ゴセット・Jr【愛と青春の旅だち】
・チャールズ・ダーニング【テキサス1の赤いバラ】
・ジョン・リスゴー【ガープの世界】
・ジェームズ・メイソン【評決】
・ロバート・プレストン【ビクター/ビクトリア】
助演女優賞.ジェシカ・ラング【トッツィー】
・グレン・クローズ【ガープの世界】
・テリー・ガー【トッツィー】
・キム・スタンレー【女優フランシス】
・レスリー・アン・ウォーレン【ビクター/ビクトリア】
監督賞.リチャード・アッテンボロー【ガンジー】
・ウォルフガング・ペーターゼン【U・ボート】
・スティーヴン・スピルバーグ【E.T.】
・シドニー・ポラック【トッツィー】
・シドニー・ルメット【評決】
脚本賞. 【ガンジー】
【ダイナー】
【E.T.】
【愛と青春の旅だち】
【トッツィー】
脚色賞. 【ミッシング】
【U・ボート】
【ソフィーの選択】
【評決】
【ビクター/ビクトリア】
撮影賞. 【ガンジー】
【E.T.】
【U・ボート】
【ソフィーの選択】
【トッツィー】
 
受賞作品 / 受賞者ノミネート
作曲賞. 【E.T.】
【ガンジー】
【愛と青春の旅だち】
【ポルターガイスト】
【ソフィーの選択】
音楽賞 【ビクター/ビクトリア】
【アニー】
【ワン・フロム・ザ・ハート】
歌曲賞.Up Where We Belong【愛と青春の旅だち】
・Eye of the Tiger【ロッキー3】
・How Do You Keep the Music Playing?【結婚しない族】
・If We Were in Love【YES,GIORGIO】
・It Might Be You【トッツィー】
美術賞. 【ガンジー】
【アニー】
【ブレードランナー】
【トラヴィアータ 1985・椿姫】
【ビクター/ビクトリア】
衣装デザイン賞. 【ガンジー】
【トラヴィアータ 1985・椿姫】
【ソフィーの選択】
【トロン】
【ビクター/ビクトリア】
メイクアップ賞. 【人類創世】
【ガンジー】
視覚効果賞. 【E.T.】
【ブレードランナー】
【ポルターガイスト】
音響編集賞. 【E.T.】
【U・ボート】
【ポルターガイスト】
音響録音賞. 【E.T.】
【U・ボート】
【ガンジー】
【トッツィー】
【トロン】
編集賞. 【ガンジー】
【U・ボート】
【E.T.】
【愛と青春の旅だち】
【トッツィー】
外国語映画賞. 【VOLVER A EMPEZAR】(スペイン)
【アルシノとコンドル】(ニカラグア)
【COUP DE TORCHON】(フランス)
【THE FLIGHT OF THE EAGLE】(スウェーデン)
【解任】(ソ連)
長編ドキュメンタリー賞. 【JUST ANOTHER MISSING KID】
【AFTER THE AXE】
【BEN’S MILL】
【IN OUR WATER】
【A PORTRAIT OF GISELLE】
短編ドキュメンタリー賞. 【IF YOU LOVE THIS PLANET】
【GODS OF METAL】
【THE KLAN:A LEGECY OF HATE IN AMERICA】
【TO LIVE OR LET DIE】
【TRAVELING HOPEFULLY】
短編実写賞. 【A SHOCKING ACCIDENT】
【BALLET ROBOTIQUE】
【THE SILENCE】
【SPLIT CHERRY TREE】
【SREDNI VASHTAR】
短編アニメ賞. 【TANGO】
【THE GREAT COGNITO】
【スノーマン】
 
1981年度 < ・・・ > 1983年度


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1982年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です