米アカデミー賞‥第61回(1988年度)の各賞受賞・ノミネートしたのは?


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1988年度

1929年から始まったアメリカで毎年開かれる映画の授賞式で、各受賞者にはオスカー像が授与される「アカデミー賞」。今回は第61回(1988年度)の各賞受賞者・ノミネートを調べてみました。

第61回 1988年度(1989年3月29日開催) 【司会】なし
受賞作品 / 受賞者ノミネート
作品賞. レインマン 4部門受賞
偶然の旅行者
危険な関係
ミシシッピー・バーニング
ワーキング・ガール
主演男優賞.ダスティン・ホフマン【レインマン】
・ジーン・ハックマン【ミシシッピー・バーニング】
・トム・ハンクス【ビッグ】
・エドワード・ジェームズ・オルモス【落ちこぼれの天使たち】
・マックス・フォン・シドー【ペレ】
主演女優賞.ジョディ・フォスター【告発の行方】
・グレン・クローズ【危険な関係】
・メラニー・グリフィス【ワーキング・ガール】
・メリル・ストリープ【A Cry In The Dark】
・シガーニー・ウィーヴァー【愛は霧のかなたに】
助演男優賞.ケヴィン・クライン【ワンダとダイヤと優しい奴ら】
・アレック・ギネス【Little Dorrit】
・マーティン・ランドー【タッカー】
・リヴァー・フェニックス【旅立ちの時】
・ディーン・ストックウェル【愛されちゃって、マフィア】
助演女優賞.ジーナ・デイビス【偶然の旅行者】
・シガーニー・ウィーヴァー【ワーキング・ガール】
・ミシェル・ファイファー【危険な関係】
・フランシス・マクドーマンド【ミシシッピー・バーニング】
・ジョーン・キューザック【ワーキング・ガール】
監督賞.バリー・レビンソン【レインマン】
・チャールズ・クライトン【ワンダとダイヤと優しい奴ら】
・マーティン・スコセッシ【最後の誘惑】
・アラン・パーカー【ミシシッピー・バーニング】
・マイク・ニコルズ【ワーキング・ガール】
脚本賞. 【レインマン】
【ワンダとダイヤと優しい奴ら】
【旅立ちの時】
【ビッグ】
【さよならゲーム】
脚色賞. 【危険な関係】
【偶然の旅行者】
【愛は霧のかなたに】
【LITTLE DORRIT】
【存在の耐えられない軽さ】
撮影賞. 【ミシシッピー・バーニング】
【レインマン】
【テキーラ・サンライズ】
【存在の耐えられない軽さ】
【ロジャー・ラビット】
作曲賞 【ミラグロ 奇跡の地】
【偶然の旅行者】
【危険な関係】
【愛は霧のかなたに】
【レインマン】
歌曲賞.Let the River Run【ワーキング・ガール】
・Calling You【バグダッド・カフェ】
・Two Hearts【フィル・コリンズ in バスター】
美術賞. 【危険な関係】
【フォエバー・フレンズ】
【レインマン】
【タッカー】
【ロジャー・ラビット】
衣装デザイン賞. 【危険な関係】
【星の王子ニューヨークへ行く】
【ハンドフル・オブ・ダスト】
【キャデラック・カウボーイ】
【タッカー】
メイクアップ賞. 【ビートルジュース】
【星の王子ニューヨークへ行く】
【3人のゴースト】
視覚効果賞. 【ロジャー・ラビット】
【ダイ・ハード】
【ウィロー】
音響編集賞. 【ロジャー・ラビット】
【ダイ・ハード】
【ウィロー】
音響録音賞. 【バード】
【ダイ・ハード】
【愛は霧のかなたに】
【ミシシッピー・バーニング】
【ロジャー・ラビット】
編集賞. 【ロジャー・ラビット】
【ダイ・ハード】
【愛は霧のかなたに】
【ミシシッピー・バーニング】
【レインマン】
外国語映画賞. 【ペレ】(デンマーク)
【ハヌッセン】(ハンガリー)
【仮面の中のアリア】(ベルギー)
【サラーム・ボンベイ!】(インド)
【神経衰弱ぎりぎりの女たち】(スペイン)
長編ドキュメンタリー賞. 【Hotel Terminus: The Life and Times of Klaus Barbie】
【THE CRY OF REASON BEYERS MAUDE:AN AFRIKANER SPEAKS OUT】
【レッツ・ゲット・ロスト】
【誰がビンセント・チンを殺したか?】
【PROMISES TO KEEP】
短編ドキュメンタリー賞. 【YOU DON’T HAVE TO DIE】
【THE CHILDREN’S STOREFRONT】
【FAMILY GATHERING】
【GANG COPS】
【PORTRAIT OF IMOGEN】
短編実写賞. 【THE APPOINTMENTS OF DENNIS JENNINGS】
【CADILLAC DREAMS】
【GULLAH TALES】
短編アニメ賞. 【ティン・トイ】
【TEXHNOLOGICAL THREAT】
【THE CAT CAME BACK】
 
1987年度 < ・・・ > 1989年度


HOME映画TOP米アカデミー賞 > 1988年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です