日本ゴールドディスク大賞‥第1回(1986年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1986年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1987年発表の第1回(1986年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第1回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1987 (1986年度)
受賞者1
■グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
中森明菜
■ベスト5・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・KUWATA BAND
・渡辺美里
・チェッカーズ
・中森明菜
・安全地帯
■グランプリ・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
少年隊
■ベスト5・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・石井明美
・国生さゆり
・渡辺美奈代
・新田恵利
・少年隊
■ベスト・シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『BAN BAN BAN』KUWATA BAND
『CHA-CHA-CHA』石井明美
『バレンタイン・キッス』国生さゆり
『My Revolution』渡辺美里
『DESIRE』中森明菜
■グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『BEST』中森明菜
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・クラシック部門(邦楽)
『オンブラ・マイ・フ』キャスリーン・バトル
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョングループ部門(邦楽)
『S・P・O・R・T・S』ザ・スクエア
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョンソロ部門(邦楽)
『スパークリング』MALTA
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門(邦楽)
『JUNGLE JANE』高中正義
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスグループ部門(邦楽)
『Navigator』1986 OMEGA TRIBE
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスソロ部門(邦楽)
『BEST』中森明菜
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドルグループ部門(邦楽)
『翔 SHONENTAI』少年隊
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドルソロ部門(邦楽)
『NON-STOPPER』荻野目洋子
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークグループ部門(邦楽)
『NIPPON NO ROCK BAND』KUWATA BAND
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークソロ部門(邦楽)
『Lovin’ You』渡辺美里
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・演歌部門(邦楽)
『五木ひろし全曲集−浪花盃−』五木ひろし
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・アニメ部門(邦楽)
『ハイスクール!奇面組』音楽組
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・学芸部門(邦楽)
『続あの時・この時 由紀さおり・安田祥子童話を歌う』由紀さおり・安田祥子
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・純邦楽部門(邦楽)
『春の海』宮城道雄 他
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・企画部門(邦楽)
『夢カタログ』おニャン子クラブ
■グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
マドンナ
■ベスト・シングル・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『チャ・チャ・チャ』フィンツィ・コンティーニ
『ヴィーナス』パナナラマ
『エッジ・オブ・ヘヴン』ワム!
■グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『TRUE BLUE』マドンナ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・クラシック部門(洋楽)
『衝撃のコンクール・ライブ(II)』スタニスラフ・ブーニン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョングループ部門(洋楽)
『THE GADD GANG』THE GADD GANG
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョンソロ部門(洋楽)
『ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース』ロン・カーター
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門(洋楽)
『ピアノ・ラプソディ』リチャード・クレイダーマン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスグループ部門(洋楽)
『エッジ・オブ・ヘヴン』ワム!
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスソロ部門(洋楽)
『TRUE BLUE』マドンナ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークグループ部門(洋楽)
『FORE』ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークソロ部門(洋楽)
『トゥルー・カラーズ』シンディ・ローパー
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・企画部門(洋楽)
『トップガン』サウンドトラック
 
・・・ > 1987年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1986年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です