本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
 
2023/令和 2013/平成 2003/平成 1993/平成 1983/昭和 1973/昭和のヒット30曲♪他の年探す

日本ゴールドディスク大賞1989‥第3回(1988年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1988年度

OPEN
 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1989年発表の第3回(1988年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第3回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1989 (1988年度)
[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者1
■グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]BOØWY
■ベスト5・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・中山美穂
・BOØWY
・光GENJI
・工藤静香
・中森明菜
■グランプリ・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]男闘呼組
■ベスト5・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・大和さくら
・CHA-CHA
・JUN SKY WALKER(S)
・Wink
・男闘呼組
■グランプリ・シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『パラダイス銀河』光GENJI
■ベスト5・シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『とんぼ』 長渕剛
『乾杯』 長渕剛
『パラダイス銀河』 光GENJI
『Diamond ハリケーン』 光GENJI
『剣の舞』 光GENJI
■グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『Delight Slight Light KISS』松任谷由実
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・クラシック部門(邦楽)
[PR]『オ・スリープ・ホワイ』キャスリーン・バトル
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョン部門(邦楽)
[PR]『Yes,No.』T-SQUARE
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門(邦楽)
[PR]『Hot Pepper』高中正義
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスグループ部門(邦楽)
[PR]『ビーチ・タイム』チューブ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップス男性ソロ部門(邦楽)
[PR]『1.2.3.4』大江千里
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップス女性ソロ部門(邦楽)
[PR]『Delight Slight Light KISS』松任谷由実
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドルグループ部門(邦楽)
[PR]『Hi!光GENJI』光GENJI
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドル男性ソロ部門(邦楽)
[PR]『もうちょっとでヒーロー』高橋良明
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドル女性ソロ部門(邦楽)
[PR]『gradation』工藤静香
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークグループ部門(邦楽)
[PR]『LAST GIGS』BOØWY
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォーク男性ソロ部門(邦楽)
[PR]『SUCH A FUNKY THANG!』久保田利伸
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォーク女性ソロ部門(邦楽)
[PR]『ribbon』渡辺美里
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・演歌グループ部門(邦楽)
[PR]『港町挽歌』秋庭豊とアローナイツ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・演歌男性ソロ部門(邦楽)
[PR]『吉幾三全曲集~酒よ~』吉幾三
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・演歌女性ソロ部門(邦楽)
[PR]『テレサ・テン全曲集/BEST HIT 88 TERESA TENG』テレサ・テン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・アニメ部門(邦楽)
[PR]『機動戦士ガンダム』三枝成章, TM NETWORK
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・学芸部門(邦楽)
[PR]『「ひらけ!ポンキッキ」ベストアルバム』
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・純邦楽部門(邦楽)
[PR]『吟詠 石楠花』日本コロムビア吟詠音楽会
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・企画部門(邦楽)
[PR]『交響組曲ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…』すぎやまこういち
■グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]ボン・ジョヴィ
■グランプリ・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]カイリー・ミノーグ
■グランプリ・シングル・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『ラッキー・ラブ』カイリー・ミノーグ
■グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『NEW JERSEY』ボン・ジョヴィ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・クラシック部門(洋楽)
[PR]『モーツァルトピアノ協奏曲 26番、27番』内田光子
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョン部門(洋楽)
[PR]『LOVE2』ジョージ・ベンソン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門(洋楽)
[PR]『ダ・マカニ』シャカタク
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門 特別賞(洋楽)
[PR]『オータム』ジョージ・ウィンストン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスグループ部門(洋楽)
[PR]『ステイ・オン・ディーズ・ロード』a-ha
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスソロ部門(洋楽)
[PR]『ストロンガー・ザン・プライド』SADE
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークグループ部門(洋楽)
[PR]『NEW JERSEY』ボン・ジョヴィ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークソロ部門(洋楽)
[PR]『OTHER ROADS』ボズ・スキャッグス
 

・・・

1987年度 < ・・・ > 1989年度

OPEN

HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1988年度





2023年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください