日本ゴールドディスク大賞‥第4回(1989年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1989年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1990年発表の第4回(1989年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第4回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1990 (1989年度)
受賞者1
■グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
サザンオールスターズ
■ベスト5・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・美空ひばり
・サザンオールスターズ
・松任谷由実
・プリンセス・プリンセス
・工藤静香
■グランプリ・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
Ⅹ(エックス)
■ベスト5・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・JITTERIN’ JINN
・Ⅹ
・THE BOOM
・DREAMS COME TRUE
・宮沢りえ
■グランプリ・シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『Diamonds』プリンセス・プリンセス
■ベスト5・シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『世界でいちばん熱い夏』 プリンセス・プリンセス
『Diamonds』 プリンセス・プリンセス
『嵐の素顔』 工藤静香
『黄砂に吹かれて』 工藤静香
『太陽がいっぱい』 光GENJI
■グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『LOVE WARS』松任谷由実
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・クラシック部門(邦楽)
『ゆりかごの歌』鮫島有美子
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョン部門(邦楽)
『F-1 GRAND PRIX』T-SQUARE
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門(邦楽)
『GAPS!』高中正義
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスグループ部門(邦楽)
『Seven Heaven』チェッカーズ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップス男性ソロ部門(邦楽)
『THE BADDEST』久保田利伸
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップス女性ソロ部門(邦楽)
『LOVE WARS』松任谷由実
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドルグループ部門(邦楽)
『Twin Memories』Wink
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドル男性ソロ部門(邦楽)
『KICKS』近藤真彦
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ヤングアイドル女性ソロ部門(邦楽)
『HARVEST』工藤静香
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークグループ部門(邦楽)
『LOVERS』プリンセス・プリンセス
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォーク男性ソロ部門(邦楽)
『昭和』長渕剛
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォーク女性ソロ部門(邦楽)
『Flower bed』渡辺美里
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・歌謡曲/演歌グループ部門(邦楽)
『麦畑 全国編』オヨネーズとそのファミリー
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・歌謡曲/演歌男性ソロ部門(邦楽)
『全曲集・港』吉幾三
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・歌謡曲/演歌女性ソロ部門(邦楽)
『美空ひばり特選集/川の流れのように』美空ひばり
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・アニメ部門(邦楽)
『「魔女の宅急便」サントラ盤』高畑勲
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・学芸部門(邦楽)
『コロちゃんパック最新TVまんが大行進』佐藤健太、串田晃、朝川ひろこ、宮内タカユキ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・純邦楽部門(邦楽)
『BEST ONE 春の海』宮城喜代子
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・企画部門(邦楽)
『MERRY CHRISTMAS TO YOU』小林明子、永井真理子、麗美、辛島美登里
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・日本レコード協会特別栄誉賞(邦楽)
美空ひばり
■グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
マドンナ
■グランプリ・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
エンヤ
■グランプリ・シングル・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『エリー・マイ・ラブ』レイ・チャールズ
■グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ライク・ア・プレイヤー』マドンナ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・クラシック部門(洋楽)
『ディズニー・ファンタジー・ワールド』エリック・ガンゼル指揮/シンシナティ・ポップス・オーケストラ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ジャズ/フュージョン部門(洋楽)
『バック・オン・ザ・ブロック』クインシー・ジョーンズ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・インストゥルメンタル部門(洋楽)
『ナイトフライト』シャカタク
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスグループ部門(洋楽)
『NUDE〜Remade Remodelled』デッド・オア・アライブ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ポップスソロ部門(洋楽)
『ライク・ア・プレイヤー』マドンナ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークグループ部門(洋楽)
『スティール・ホイールズ』ローリング・ストーンズ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー・ロック/フォークソロ部門(洋楽)
『バットマン』プリンス
 
1988年度 < ・・・ > 1990年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1989年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です