日本ゴールドディスク大賞‥第6回(1991年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1991年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1992年発表の第6回(1991年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第6回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1992 (1991年度)
受賞者1
■日本ゴールドディスク大賞(邦楽)
CHAGE&ASKA
■ベスト5アーティスト賞(邦楽)
・松任谷由実
・DREAMS COME TRUE
・CHAGE&ASKA
・小田和正
・B’z
■グランプリ・ニュー・アーティスト賞(邦楽)
Mi-Ke
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・観月ありさ
・SMAP
・ZARD
・大事MANブラザーズバンド
・Mi-ke
■グランプリ・シングル賞(邦楽)
『SAY YES』CHAGE&ASKA
■ベスト5・シングル賞(邦楽)
『はじまりはいつも雨』 ASKA
『SAY YES』 CHAGE&ASKA
『Oh!Yeah!/ラブストーリーは突然に』 小田和正
『LADY NAVIGATION』 B’z
『どんなときも。』 槇原敬之
■グランプリ・アルバム賞(邦楽)
『TREE』CHAGE&ASKA
■アルバム賞・クラシック部門(邦楽)
『フックト・オン・モーツァルト』羽田健太郎指揮, アマデウス管弦楽団
■アルバム賞・ジャズ部門(邦楽)
『ミニーナ』小野リサ
■アルバム賞・フュージョン/インストゥルメンタル部門(邦楽)
『東京ラブストーリー』日向敏文
■アルバム賞・男性ポップス部門(邦楽)
『Oh!Yeah!』小田和正
■アルバム賞・女性ポップス部門(邦楽)
『DAWN PURPLE』松任谷由実
■アルバム賞・男性アイドル部門(邦楽)
『(333) Thank you』光GENJI
■アルバム賞・女性アイドル部門(邦楽)
『MIHO’S SELECT』中山美穂
■アルバム賞・男性ロック/フォーク部門(邦楽)
『TREE』CHAGE&ASKA
■アルバム賞・女性ロック/フォーク部門(邦楽)
『DOLLS IN ACTION』プリンセス・プリンセス
■アルバム賞・男性歌謡曲/演歌部門(邦楽)
『天賦の才能』嘉門達夫
■アルバム賞・女性歌謡曲/演歌部門(邦楽)
『桂銀淑全曲集』桂銀淑
■アルバム賞・アニメ部門(邦楽)
『ふしぎの海のナディア』森川美穂 他
■アルバム賞・学芸部門(邦楽)
『鳥人戦隊ジェットマンヒット曲集』影山ヒロノブ・斎藤小百合 他
■アルバム賞・純邦楽部門(邦楽)
『春の海/筝の名曲』宮城喜代子
■アルバム賞・企画部門(邦楽)
『やまだかつてないCD』やまだかつてないWink 他
■ミュージック・ビデオ賞(邦楽)
『JUST ANOTHER LIFE』B’z
■ゴールドディスク大賞(洋楽)
ガンズ・アンド・ローゼズ
■グランプリ・ニュー・アーティスト賞(洋楽)
ジャスミン・ガイ
■グランプリ・シングル賞(洋楽)
『とどかぬ想い』ビリー・ヒューズ
■グランプリ・アルバム賞(洋楽)
『DANGEROUS』マイケル・ジャクソン
■アルバム賞・クラシック部門(洋楽)
『YOSHIKI SELECTION-YOSHIKI(X)が愛したクラシック-』ユージン・オーマンディ指揮, フィラデルフィア管弦楽団他
■アルバム賞・ジャズ部門(洋楽)
『ブルー・ライト、レッド・ライト』ハリー・コニック.JR.
■アルバム賞・フュージョン/インストゥルメンタル部門(洋楽)
『サマー』ジョージ・ウィンストン
■アルバム賞・ポップス部門(洋楽)
『エモーションズ』マライア・キャリー
■アルバム賞・ロック/フォーク部門(洋楽)
『DANGEROUS』マイケル・ジャクソン
■ミュージック・ビデオ賞(洋楽)
『M.C.ハマー ハマー・タイム』M.C.ハマー
 
1990年度 < ・・・ > 1992年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1991年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です