日本ゴールドディスク大賞‥第7回(1992年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1992年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1993年発表の第7回(1992年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第7回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1993 (1992年度)
受賞者1
■日本ゴールドディスク大賞(邦楽)
CHAGE&ASKA
■ベスト5アーティスト賞(邦楽)
・米米CLUB
・サザンオールスターズ
・CHAGE&ASKA
・DREAMS COME TRUE
・B’z
■グランプリ・ニュー・アーティスト賞(邦楽)
小野正利
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・大黒摩季
・小野正利
・CHICA BOOM
・松田博幸
・LUNA SEA
■グランプリ・シングル賞(邦楽)
『君がいるだけで』米米CLUB
■ベスト5・シングル賞(邦楽)
『クリスマスキャロルの頃には』 稲垣潤一
『君がいるだけで』 米米CLUB
『涙のキッス』 サザンオールスターズ
『世界中の誰よりきっと』 中山美穂&WANDS
『BLOWIN’』 B’z
■グランプリ・アルバム賞(邦楽)
『The Swinging Star』DREAMS COME TRUE
■アルバム賞・クラシック部門(邦楽)
『大江光の音楽』海老彰子(ピアノ)、小泉浩(フルート)
■アルバム賞・ジャズ部門(邦楽)
『IMPRESSIVE』T-SQUARE
■アルバム賞・インストゥルメンタル部門(邦楽)
『ICTL』K2C Produce
■アルバム賞・男性ポップス部門(邦楽)
『Octave』米米CLUB
■アルバム賞・女性ポップス部門(邦楽)
『The Swinging Star』DREAMS COME TRUE
■アルバム賞・男性アイドル部門(邦楽)
『BEST FRIENDS』光GENJI
■アルバム賞・女性アイドル部門(邦楽)
『Best of Ballade Empathy』工藤静香
■アルバム賞・男性ロック/フォーク部門(邦楽)
『スーパーベストII』CHAGE&ASKA
■アルバム賞・女性ロック/フォーク部門(邦楽)
『SINGLES 1987-1992』プリンセス・プリンセス
■アルバム賞・男性歌謡曲/演歌部門(邦楽)
『がむしゃら』TUNNELS
■アルバム賞・女性歌謡曲/演歌部門(邦楽)
『百恵復活』山口百恵
■アルバム賞・アニメ部門(邦楽)
『美少女戦士セーラームーン~愛はどこにあるの?~』DALI, アップルパイ他
■アルバム賞・学芸部門(邦楽)
『恐竜戦隊ジュウレンジャーヒット曲集』佐藤健太・斉藤小百合 他
■アルバム賞・純邦楽部門(邦楽)
『吟詠 皐月』日本コロムビア吟詠音楽会
■アルバム賞・純邦楽部門 特別賞(邦楽)
『春の海/筝の名曲』宮城喜代子
■ミュージック・ビデオ賞(邦楽)
『TOUR 1991 BIRTH』尾崎豊
■ゴールドディスク大賞(洋楽)
マドンナ
■グランプリ・ニュー・アーティスト賞(洋楽)
ホリー・コール
■グランプリ・シングル賞(洋楽)
『オールウェイズ・ラブ・ユー』ホイットニー・ヒューストン
■グランプリ・アルバム賞(洋楽)
『「ボディーガード」オリジナル・サウンドトラック』ホイットニー・ヒューストン他
■アルバム賞・クラシック部門(洋楽)
『SAGA 小室哲哉クラシック・セレクション』ズービン・メータ指揮, ニューヨーク・フィルハーモニック他
■アルバム賞・ジャズ部門(洋楽)
『CALLING YOU』ホリー・コール
■アルバム賞・フュージョン/インストゥルメンタル部門(洋楽)
『ブレスレス』ケニー・G
■アルバム賞・ポップス部門(洋楽)
『エロティカ』マドンナ
■アルバム賞・ロック/フォーク部門(洋楽)
『キープ・ザ・フェイス』ボン・ジョヴィ
■アルバム賞・企画部門(洋楽)
『「ボディーガード」オリジナル・サウンドトラック』ホイットニー・ヒューストン他
■ミュージック・ビデオ賞(洋楽)
『ユーズ・ユア・イリュージョン・ワールドツアー1992 イン・トーキョー I』ガンズ・アンド・ローゼズ
 
1991年度 < ・・・ > 1993年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1992年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です