日本ゴールドディスク大賞‥第12回(1997年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1997年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1998年発表の第12回(1997年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第12回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 (1997年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
GLAY
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・小松未歩
・反町隆史
・DA PUMP
・広末涼子
・松たか子
■ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『paradox』相川七瀬
『マグマ』稲葉浩志
『POWER OF DREAMS』大黒摩季
『Love』河村隆一
『REVIEW〜BEST OF GLAY』GLAY
『ZARD BLEND〜SUN&STONE〜』ZARD
『THE POWER SOURCE』JUDY AND MARY
『SURVIVE』B’z
『BOLERO』Mr.Children
『SINGLES』LUNA SEA
■ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『Concentration 20』安室奈美恵
『PRIDE』今井美樹
『everlasting』Every Little Thing
『Smile』岡本真夜
『storytelling』華原朋美
『川本真琴』川本真琴
『FACES PLACES』globe
『Starting Over』SPEED
『Junior Sweet』Chara
『SING OR DIE』DREAMS COME TRUE
『BEST OF DREAMS COME TRUE』DREAMS COME TRUE
『SMILING〜THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA』槇原敬之
『MAXIMUM II』MAX
■ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『CAN YOU CELEBRATE?』安室奈美恵
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『HIT THE WORLD GLAY Arena Tour’97 at Yoyogidaiichitaiikukan』GLAY
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
セリーヌ・ディオン
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・ハンソン
■ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ナイン・ライヴズ』エアロスミス
■ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ』エンヤ
『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』セリーヌ・ディオン
『バタフライ』マライア・キャリー
■ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『キャンドル・イン・ザ・ウインド』エルトン・ジョン
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ヒストリー・オン・フィルム Volume II』マイケル・ジャクソン
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『ROMANCE』米良美一
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『ミズーリの空高く』チャーリー・ヘイデン&パット・メセニー
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『グレイテスト・ヒッツ』ケニー・G
■演歌/歌謡曲・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『ヒット全曲集’98』藤あや子
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『EVANGELION:DEATH』サウンドトラック
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『吟音会 課題吟 都忘れ』深田光霊 他36名
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『NOW 6』Various Artists
 
1996年度 < ・・・ > 1998年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1997年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です