本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
 
2023/令和 2013/平成 2003/平成 1993/平成 1983/昭和 1973/昭和のヒット30曲♪他の年探す

日本ゴールドディスク大賞1998‥第12回(1997年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1997年度

OPEN
 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は1998年発表の第12回(1997年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第12回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 (1997年度)
[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]GLAY
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・小松未歩
・反町隆史
・DA PUMP
・広末涼子
・松たか子
■ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『paradox』相川七瀬
[PR]『マグマ』稲葉浩志
[PR]『POWER OF DREAMS』大黒摩季
[PR]『Love』河村隆一
[PR]『REVIEW〜BEST OF GLAY』GLAY
[PR]『ZARD BLEND〜SUN&STONE〜』ZARD
[PR]『THE POWER SOURCE』JUDY AND MARY
[PR]『SURVIVE』B’z
[PR]『BOLERO』Mr.Children
[PR]『SINGLES』LUNA SEA
■ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『Concentration 20』安室奈美恵
[PR]『PRIDE』今井美樹
[PR]『everlasting』Every Little Thing
[PR]『Smile』岡本真夜
[PR]『storytelling』華原朋美
[PR]『川本真琴』川本真琴
[PR]『FACES PLACES』globe
[PR]『Starting Over』SPEED
[PR]『Junior Sweet』Chara
[PR]『SING OR DIE』DREAMS COME TRUE
[PR]『BEST OF DREAMS COME TRUE』DREAMS COME TRUE
[PR]『SMILING〜THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA』槇原敬之
[PR]『MAXIMUM II』MAX
■ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『CAN YOU CELEBRATE?』安室奈美恵
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『HIT THE WORLD GLAY Arena Tour’97 at Yoyogidaiichitaiikukan』GLAY
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]セリーヌ・ディオン
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・ハンソン
■ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『ナイン・ライヴズ』エアロスミス
■ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ』エンヤ
[PR]『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』セリーヌ・ディオン
[PR]『バタフライ』マライア・キャリー
■ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『キャンドル・イン・ザ・ウインド』エルトン・ジョン
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『ヒストリー・オン・フィルム Volume II』マイケル・ジャクソン
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『ROMANCE』米良美一
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『ミズーリの空高く』チャーリー・ヘイデン&パット・メセニー
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『グレイテスト・ヒッツ』ケニー・G
■演歌/歌謡曲・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『ヒット全曲集’98』藤あや子
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『EVANGELION:DEATH』サウンドトラック
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『吟音会 課題吟 都忘れ』深田光霊 他36名
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『NOW 6』Various Artists
 

・・・

1996年度 < ・・・ > 1998年度

OPEN

HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 1997年度





2023年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください