F1グランプリ‥歴代の年間チャンピオンと日本人ドライバーとは?


HOMEスポーツTOP > F1グランプリ

1950年から年間を通して行われている世界最高峰のカーレース大会「F1世界選手権」(Formula 1)、俗にF1グランプリ。ここでは歴代の年間ドライバーズチャンピオンとチームコンストラクターズ、日本人の成績を調べてみました。

年度年間チャンピオン年間2位年間3位コンストラクターズ日本人ドライバー
2021年
23戦
角田裕毅(アルファタウリ)
2020年
17戦

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
347pt/11勝

バルテリ・ボッタス
(メルセデス)
223pt/2勝

マックス・フェルスタッペン
(レッドブル)
214pt/2勝
メルセデスAMG
2019年
21戦

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
413pt/11勝

バルテリ・ボッタス
(メルセデス)
326pt/4勝

マックス・フェルスタッペン
(レッドブル)
278pt/3勝
メルセデスAMG
2018年
21戦

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
408pt/11勝

セバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)
320pt/5勝

キミ・ライコネン
(フェラーリ)
207pt/1勝
メルセデスAMG
2017年
20戦

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
363pt/9勝

セバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)
317pt/5勝

バルテリ・ボッタス
(メルセデス)
305pt/3勝
メルセデスAMG
2016年
21戦

ニコ・ロズベルグ
(メルセデス)
385pt/9勝

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
380pt/10勝

ダニエル・リカルド
(レッドブル)
256pt/1勝
メルセデスAMG
2015年
19戦

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
381pt/10勝

ニコ・ロズベルグ
(メルセデス)
322pt/6勝

セバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)
278pt/3勝
メルセデスAMG
2014年
19戦

ルイス・ハミルトン
(メルセデス)
384pt/11勝

ニコ・ロズベルグ
(メルセデス)
317pt/5勝

ダニエル・リカルド
(レッドブル)
238pt/3勝
メルセデスAMG小林可夢偉(ケータハム)
/ 22位
2013年
19戦

セバスチャン・ベッテル
(レッドブル)
397pt/13勝

フェルナンド・アロンソ
(フェラーリ)
242pt/2勝

マーク・ウェバー
(レッドブル)
199pt/0勝
レッドブル
2012年
19戦

セバスチャン・ベッテル
(レッドブル)
281pt/5勝

フェルナンド・アロンソ
(フェラーリ)
278pt/3勝

キミ・ライコネン
(ロータス)
207pt/1勝
レッドブル小林可夢偉(ザウバー)
/ 12位
2011年
19戦

セバスチャン・ベッテル
(レッドブル)
392pt/11勝

ジェイソン・バトン
(マクラーレン)
270pt/3勝

マーク・ウェバー
(レッドブル)
258pt/1勝
レッドブル小林可夢偉(ザウバー)
/ 12位
2010年
19戦

セバスチャン・ベッテル
(レッドブル)
256pt/5勝

フェルナンド・アロンソ
(フェラーリ)
252pt/5勝

マーク・ウェバー
(レッドブル)
242pt/4勝
レッドブル小林可夢偉(BMWザウバー)
/ 12位
山本左近(HRT)
/ 26位
2009年
17戦

ジェンソン・バトン
(ブラウン)
95pt/5勝

セバスチャン・ベッテル
(レッドブル)
84pt/4勝

ルーベンス・バリチェロ
(ブラウン)
77pt/2勝
ブラウンGP小林可夢偉(トヨタ)
/ 18位
中嶋一貴(ウィリアムズ)
/ 20位
2008年
18戦

ルイス・ハミルトン
(マクラーレン)
98pt/5勝

フェリペ・マッサ
(フェラーリ)
97pt/6勝

キミ・ライコネン
(フェラーリ)
75pt/2勝
フェラーリ中嶋一貴(ウィリアムズ)
/ 15位
佐藤琢磨(スーパーアグリ)
/ 21位
2007年
17戦

キミ・ライコネン
(フェラーリ)
110pt/6勝

ルイス・ハミルトン
(マクラーレン)
109pt/4勝

フェルナンド・アロンソ
(マクラーレン)
109pt/4勝
フェラーリ佐藤琢磨(スーパーアグリ)
/ 17位
中嶋一貴(ウィリアムズ)
/ 22位
山本左近(スパイカー)
/ 24位
2006年
18戦

フェルナンド・アロンソ
(ルノー)
134pt/7勝

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
121pt/7勝

フェリペ・マッサ
(フェラーリ)
80pt/2勝
ルノー佐藤琢磨(スーパーアグリ)
/ 23位
井出有治(スーパーアグリ)
/ 25位
山本左近(スーパーアグリ)
/ 26位
2005年
19戦

フェルナンド・アロンソ
(ルノー)
133pt/7勝

キミ・ライコネン
(マクラーレン)
112pt/7勝

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
62pt/1勝
ルノー佐藤琢磨(B・A・R)
/ 23位
2004年
18戦

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
148pt/13勝

ルーベンス・バリチェロ
(フェラーリ)
114pt/2勝

ジェイソン・バトン
(B・A・R)
85pt/0勝
フェラーリ佐藤琢磨(B・A・R)
/ 8位
2003年
16戦

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
93pt/6勝

キミ・ライコネン
(マクラーレン)
91pt/1勝

ファン・パブロ・モントーヤ
(ウィリアムズ)
82pt/2勝
フェラーリ佐藤琢磨(B・A・R)
/ 18位
2002年
17戦

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
144pt/11勝

ルーベンス・バリチェロ
(フェラーリ)
77pt/4勝

ファン・パブロ・モントーヤ
(ウィリアムズ)
50pt/0勝
フェラーリ佐藤琢磨(ジョーダン)
/ 15位
2001年
17戦

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
123pt/9勝

デビッド・クルサード
(マクラーレン)
65pt/2勝

ルーベンス・バリチェロ
(フェラーリ)
56pt/0勝
フェラーリ
2000年
17戦

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
108pt/9勝

ミカ・ハッキネン
(マクラーレン)
89pt/4勝

デビッド・クルサード
(マクラーレン)
73pt/3勝
フェラーリ
 
年度年間チャンピオン年間2位年間3位コンストラクターズ日本人ドライバー
1999年
16戦

ミカ・ハッキネン
(マクラーレン)
76pt/5勝

エディ・アーバイン
(フェラーリ)
74pt/4勝

ハインツ=ハラルド・フレンツェン (ジョーダン)
54pt/2勝
フェラーリ高木虎之介(アロウズ)
/ 20位
1998年
16戦

ミカ・ハッキネン
(マクラーレン)
100pt/8勝

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
86pt/6勝

デビッド・クルサード
(マクラーレン)
56pt/1勝
マクラーレン・メルセデス中野信治(ミナルディ)
/ 18位
高木虎之介(ティレル)
/ 21位
1997年
17戦

ジャック・ヴィルヌーヴ
(ウィリアムズ)
81pt/7勝

ハインツ=ハラルド・フレンツェン (ウィリアムズ)
42pt/1勝

デビッド・クルサード
(マクラーレン)
36pt/2勝
ウィリアムズ・ルノー中野信治(プロスト)
/ 18位
片山右京(ミナルディ)
/ 0pt
1996年
16戦

デイモン・ヒル
(ウィリアムズ)
97pt/8勝

ジャック・ヴィルヌーヴ
(ウィリアムズ)
78pt/4勝

ミハエル・シューマッハ
(フェラーリ)
59pt/3勝
ウィリアムズ・ルノー片山右京(ティレル)
/ 0pt
1995年
17戦

ミハエル・シューマッハ
(ベネトン)
102pt/9勝

デイモン・ヒル
(ウィリアムズ)
69pt/4勝

デビッド・クルサード
(ウィリアムズ)
49pt/1勝
ベネトン・ルノー鈴木亜久里(リジェ)
/ 17位
片山右京(ティレル)
井上隆智穂(フットワーク)
/ 0pt
1994年
16戦

ミハエル・シューマッハ
(ベネトン)
92pt/8勝

デイモン・ヒル
(ウィリアムズ)
91pt/6勝

ゲルハルト・ベルガー
(フェラーリ)
41pt/1勝
ウィリアムズ・ルノー片山右京(ティレル)
/ 17位
鈴木亜久里(ジョーダン)
野田英樹(ラルース)
井上隆智穂(シムテック)
/ 0pt
1993年
16戦

アラン・プロスト
(ウィリアムズ)
99pt/7勝

アイルトン・セナ
(マクラーレン)
73pt/5勝

デイモン・ヒル
(ウィリアムズ)
69pt/3勝
ウィリアムズ・ルノー鈴木亜久里(フットワーク)
/ 24位
片山右京(ティレル)
/ 28位
鈴木利男(ラルース)
/ 31位
1992年
16戦

ナイジェル・マンセル
(ウィリアムズ)
108pt/9勝

リカルド・パトレーゼ
(ウィリアムズ)
56pt/1勝

ミハエル・シューマッハ
(ベネトン)
53pt/1勝
ウィリアムズ・ルノー鈴木亜久里(フットワーク)
/ 20位
片山右京(ヴェンチュリー)
/ 25位
1991年
16戦

アイルトン・セナ
(マクラーレン)
96pt/7勝

ナイジェル・マンセル
(ウィリアムズ)
72pt/5勝

リカルド・パトレーゼ
(ウィリアムズ)
53pt/2勝
マクラーレン・ホンダ中島悟(ティレル)
/ 15位
鈴木亜久里(ローラ)
/ 22位
1990年
16戦

アイルトン・セナ
(マクラーレン)
78pt/6勝

アラン・プロスト
(フェラーリ)
71pt/5勝

ネルソン・ピケ
(ベネトン)
43pt/2勝
マクラーレン・ホンダ鈴木亜久里(ローラ)
/ 12位
中島悟(ティレル)
/ 15位
1989年
16戦

アラン・プロスト
(マクラーレン)
76pt/4勝

アイルトン・セナ
(マクラーレン)
60pt/6勝

リカルド・パトレーゼ
(ウィリアムズ)
40pt/0勝
マクラーレン・ホンダ中島悟(ロータス)
/ 21位
鈴木亜久里(ザクスピード)
/ 0pt
1988年
16戦

アイルトン・セナ
(マクラーレン)
90pt/8勝

アラン・プロスト
(マクラーレン)
87pt/7勝

ゲルハルト・ベルガー
(フェラーリ)
41pt/1勝
マクラーレン・ホンダ中島悟(ロータス)
/ 16位
鈴木亜久里(ラルース)
/ 0pt
1987年
16戦

ネルソン・ピケ
(ウィリアムズ)
73pt/3勝

ナイジェル・マンセル
(ウィリアムズ)
61pt/6勝

アイルトン・セナ
(ロータス)
57pt/2勝
ウィリアムズ・ホンダ中島悟(ロータス)
/ 12位
1986年
16戦

アラン・プロスト
(マクラーレン)
72pt/4勝

ナイジェル・マンセル
(ウィリアムズ)
70pt/5勝

ネルソン・ピケ
(ウィリアムズ)
69pt/4勝
ウィリアムズ・ホンダ
1985年
16戦

アラン・プロスト
(マクラーレン)
73pt/5勝

ミケーレ・アルボレート
(フェラーリ)
53pt/2勝

ケケ・ロズベルグ
(ウィリアムズ)
40pt/2勝
マクラーレン・ポルシェ
1984年
16戦

ニキ・ラウダ
(マクラーレン)
72pt/5勝

アラン・プロスト
(マクラーレン)
71.5pt/7勝

エリオ・デ・アンジェリス
(ロータス)
34pt/0勝
マクラーレン・ポルシェ
1983年
15戦

ネルソン・ピケ
(ブラバム)
59pt/3勝

アラン・プロスト
(ルノー)
57pt/4勝

ルネ・アルヌー
(フェラーリ)
49pt/3勝
フェラーリ
1982年
16戦

ケケ・ロズベルグ
(ウィリアムズ)
44pt/1勝

ディディエ・ピローニ
(フェラーリ)
39pt/2勝

ジョン・ワトソン
(マクラーレン)
39pt/2勝
フェラーリ
1981年
15戦

ネルソン・ピケ
(ブラバム)
50pt/3勝

カルロス・ロイテマン
(ウィリアムズ)
49pt/2勝

アラン・ジョーンズ
(ウィリアムズ)
46pt/2勝
ウィリアムズ・フォード
1980年
14戦

アラン・ジョーンズ
(ウィリアムズ)
67pt/5勝

ネルソン・ピケ
(ブラバム)
54pt/3勝

カルロス・ロイテマン
(ウィリアムズ)
42pt/1勝
ウィリアムズ・フォード
 
 

HOMEスポーツTOP > F1グランプリ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です