日本ゴールドディスク大賞‥第35回(2020年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2020年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2021年発表の第35回(2020年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
クイーン
■ベスト・アーティスト(アジア)
BTS
■ベスト・アーティスト(演歌/歌謡曲)
氷川きよし
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
SixTONES
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
Jawsh 685
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)
TOMORROW X TOGETHER
■ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)
・JO1
・SixTONES
・Snow Man
・NiziU
・YOASOBI
■ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)
・サーフェシズ
・Jawsh 685
・ダベイビー
■ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
・Stray Kids
・TOMORROW X TOGETHER
■ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト
二見颯一
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『STRAY SHEEP』米津玄師
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『クロマティカ』レディー・ガガ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)
『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』BTS
■ベスト5アルバム(邦楽)
『This is 嵐』嵐
『L&』King & Prince
『CEREMORY』King Gnu
『Strawberry Prince』すとべり
『STRAY SHEEP』米津玄師
■ベスト3アルバム(洋楽)
『フォークロア』テイラー・スウィフト
『マッカートニーIII』ポール・マッカートニー
『クロマティカ』レディー・ガガ
■ベスト3アルバム(アジア)
『24H』SEVENTEEN
『MAP OF THE SOUL:7』BTS
『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』BTS
 
受賞者2
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』ジョン・ウィリアムズ
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『MISIA SOUL JAZZ BEST 2020』MISIA
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『Bluesman』松本孝弘
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『FINAL FANTASY VII REMAKE Original Soundtrack』ゲームミュージック
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『刀剣乱舞-ONLINE- 歌曲集と物語「あなたと 私と」』Variaus Artist
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『2020年度(第56回) 日本コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 定家葛』日本コロムビア吟詠音楽会
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『ROMANCE』宮本浩次
■シングル・オブ・ザ・イヤー
『Imitation Rain/D.D.』SixTONES vs Snow Man
『D.D./Imitation Rain』Snow Man vs SixTONES
■ベスト5シングル
『カイト』嵐
『失恋、ありがとう』AKB48
『Imitation Rain/D.D.』SixTONES vs Snow Man
『D.D./Imitation Rain』Snow Man vs SixTONES
『KISSIN’ MY LIPS/Stories』Snow Man
『しあわせの保護色』乃木坂46
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
『I LOVE…』Official髭男dism
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)
『Closer (Tokyo Remix) (feat.新田真剣佑)』The Chainsmokers
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)
『Dynamite』BTS
■ベスト5ソング・バイ・ダウンロード
『裸の心』あいみょん
『I LOVE…』Official髭男dism
『Make you happy』NiziU
『感電』米津玄師
『炎』LiSA
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(邦楽)
『I LOVE…』Official髭男dism
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(洋楽)
『Closer (Tokyo Remix) (feat.新田真剣佑)』The Chainsmokers
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング(アジア)
『Dynamite』BTS
■ベスト5ソング・バイ・ストリーミング
『裸の心』あいみょん
『I LOVE…』Official髭男dism
『Make you happy』NiziU
『Dynamite』BTS
『炎』LiSA
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『ARASHI Anniversary Tour 5×20』
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『スティール・ホイールズ・ライヴ』ザ・ローリング・ストーンズ
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア)
『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF’ – JAPAN EDITION』BTS
■ベスト3ミュージック・ビデオ(邦楽)
『ARASHI Anniversary Tour 5×20』嵐
『King & Prince CONCERT TOUR 2019』King & Prince
『素顔4』ジャニーズJr.
■特別賞
『香水』瑛人
LiSA
 
2019年度 < ・・・ > 2021年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2020年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です