本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
 
2023/令和 2013/平成 2003/平成 1993/平成 1983/昭和 1973/昭和のヒット30曲♪他の年探す

日本ゴールドディスク大賞2003‥第17回(2002年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2002年度

OPEN
 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2003年発表の第17回(2002年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第17回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2003 (2002年度)
[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]宇多田ヒカル
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]アヴリル・ラヴィーン
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・ACIDMAN
・YeLLOW Generation
・orange pekoe
・氣志團
・柴矢裕美
・day after tomorrow
・元ちとせ
・一青窈
・PE’Z
・MINMI
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・アヴリル・ラヴィーン
・ヴァネッサ・カールトン
・ホリー・ヴァランス
■ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『光』宇多田ヒカル
[PR]『SAKURAドロップス』宇多田ヒカル
[PR]『COLORS』宇多田ヒカル
[PR]『東京』桑田佳祐
[PR]『Way of Difference』GLAY
[PR]『ワダツミの木』元ちとせ
[PR]『Free&Easy』浜崎あゆみ
[PR]『A』浜崎あゆみ
[PR]『Voyage』浜崎あゆみ
[PR]『大きな古時計』平井堅
■ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『アンセム~2002FIFA WORLD CUP TM 公式アンセム』ヴァンゲリス
■ソング・オブ・ザ・イヤー(演歌/歌謡曲部門)
[PR]『きよしのズンドコ節』氷川きよし
[PR]『星空の秋子』氷川きよし
■ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『DEEP RIVER』宇多田ヒカル
[PR]『自己ベスト』小田和正
[PR]『FAIRY TALE』倉木麻衣
[PR]『ROCK AND ROLL HERO』桑田佳祐
[PR]『TOP OF THE POPS』桑田佳祐
[PR]『Second to None』CHEMISTRY
[PR]『Do The Best』Do As Infinity
[PR]『TRUE』中島美嘉
[PR]『ハイヌミカゼ』元ちとせ
[PR]『RAINBOW』浜崎あゆみ
[PR]『GREEN』B’z
[PR]『The Ballads~Love&B’z~』B’z
[PR]『SELF PORTRAIT』hitomi
[PR]『LIFE is…』平井堅
[PR]『LISTEN TO MY HEART』BoA
[PR]『VALENTI』BoA
[PR]『MISIA GREATEST HITS』MISIA
[PR]『KISS IN THE SKY』MISIA
[PR]『IT’S A WONDERFUL WORLD』Mr.Children
[PR]『TOKYO CLASSIC』RIP SLYME
■ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『レット・ゴー』アヴリル・ラヴィーン
[PR]『アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ』エアロスミス
[PR]『ザ・エミネム・ショウ』エミネム
[PR]『チャームブレスレット』 マライア・キャリーマライア・キャリー
[PR]『BY THE WAY』レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『2002 小澤征爾 歓喜の歌 ベートーヴェン:交響曲 第9番 《合唱》』小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『ノラ・ジョーンズ』ノラ・ジョーンズ
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『ハリー・ポッターと秘密の部屋 オリジナル サウンドトラック』ジョン・ウィリアムズ
■演歌/歌謡曲・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『てぃだ~太陽・風ぬ想(ティダ カジ ウム)い~』夏川りみ
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『サクラ大戦 4~恋せよ乙女~全曲集「檄!帝~最終章~」』Various Artists
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『I am with you』東儀秀樹
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『爆笑スーパーライブ第1集!中高年に愛をこめて…』綾小路きみまろ
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー・コンピレーション部門(邦楽)
[PR]『kiss~dramatic love story~』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー・コンピレーション部門(洋楽)
[PR]『FINE −TV HITS and happy music−』Various Artists
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー 短編(邦楽)
[PR]『DVD Single“traveling”』宇多田ヒカル
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー 短編(洋楽)
[PR]『Not A Girl × Not A Girl』ブリトニー・スピアーズ
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー 長編(邦楽)
[PR]『a BEAUTIFUL REEL.』B’z
■ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー 長編(洋楽)
[PR]『ライヴ・フロム・ラス・ヴェガス』ブリトニー・スピアーズ
■日中国交正常化30周年記念特別賞
・呉汝俊(ウー・ルーチン)
・姜建華(ジャン・ジェンホワ)
・チェン・ミン
・吉田兄弟
 

・・・

2001年度 < ・・・ > 2003年度

OPEN

HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2002年度





2023年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください