日本ゴールドディスク大賞‥第18回(2003年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2003年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2004年発表の第18回(2003年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第18回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2004 (2003年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
浜崎あゆみ
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
女子十二楽坊
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・I WiSH
・ASIAN KUNG-FU GENERATION
・175R
・ORANGE RANGE
・SOUL’d OUT
・玉置成実
・林明日香
・HALCALI
・FLOW
・光永亮太
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・エヴァネッセンス
・ショーン・ポール
・女子十二楽坊
・ステイシー・オリコ
・t.A.T.u.
■ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『明日への扉』I WiSH
『涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~』サザンオールスターズ
『世界に一つだけの花』SMAP
『IT’S SHOWTIME!!』B’z
『野性のENERGY』B’z
『虹/ひまわり/それがすべてさ』福山雅治
『メリッサ』ポルノグラフィティ
『掌/くるみ』Mr.Children
『さくら(独唱)』森山直太朗
『月のしずく』柴咲コウ
■ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『アメイジング・グレイス』ヘイリー
■ソング・オブ・ザ・イヤー(演歌/歌謡曲部門)
『白雲の城』氷川きよし
『鳥取砂丘』水森かおり
■ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『暁のラブレター』aiko
『Songs』175R
『EXILE ENTERTAINMENT』EXILE
『Many Pieces』Every Little Thing
『Every Best Single 2』Every Little Thing
『magic number』KICK THE CAN CREW
『If I Believe』倉木麻衣
『ケツノポリス3』ケツメイシ
『Between the Lines』CHEMISTRY
『THE HIT PARADE』TAK MATSUMOTO
『HARVEST』Dragon Ash
『LOVE』中島美嘉
『A BALLADS』浜崎あゆみ
『&』浜崎あゆみ
『Memorial address』浜崎あゆみ
『BIG MACHINE』B’z
『Ken’s Bar』平井堅
『Miracle』MINMI
『Air/Cook/Sky』矢井田瞳
『TIME TO GO』RIP SLYME
■ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『フォールン』エヴァネッセンス
『ダッティ・ロック』ショーン・ポール
『ステイシー・オリコ』ステイシー・オリコ
『t.A.T.u.』t.A.T.u.
『Now&Forever−The Hits』TLC
『レット・イット・ビー…ネイキッド』ザ・ビートルズ
『イン・ザ・ゾーン』ブリトニー・スピアーズ
『ONE LOVE』BLUE
『メテオラ』リンキン・パーク
『グレイテスト・ヒッツ』レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名曲集~』フジ子・ヘミング
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ピュア』ヘイリー
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『アンセム』寺井尚子
『アナザー・マインド』上原ひろみ
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『女子十二楽坊~Beautiful Energy~』女子十二楽坊
『奇跡』女子十二楽坊
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『「8マイル」~ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー』エミネムほかV.A.
『冬の恋歌(ソナタ)ドラマ・オリジナル・サウンドトラック』リュウ/ソン
■演歌/歌謡曲・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『氷川きよし 演歌名曲コレクション3~白雲の城~』氷川きよし
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『「機動戦士ガンダムSEED」COMPLETE BEST』Various Artists
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『PICTURES』東儀秀樹
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『大阪ソウルバラード』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー・コンピレーション部門(邦楽)
『LOVE STORIES I』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー・コンピレーション部門(洋楽)
『ディスコファイン−PWL HITS and Super Euro Trax−』Various Artists
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
『百色眼鏡』椎名林檎
『Smap!Tour!2002!』SMAP
『Live MIJ』SMAP
『ayumi hamasaki COMPLETE LIVE BOX A』浜崎あゆみ
『8 Films&more』BoA
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
『ザ・ビートルズ・アンソロジー』ザ・ビートルズ
『LED ZEPPELIN』レッド・ツェッペリン
 
2002年度 < ・・・ > 2004年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2003年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です