日本ゴールドディスク大賞‥第19回(2004年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2004年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2005年発表の第19回(2004年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第19回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005 (2004年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
ORANGE RANGE
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
QUEEN
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・安良城紅
・北山たけし
・木村カエラ
・ジャパハリネット
・JINDOU
・TiA
・波田陽区
・矢野絢子
・リュ・シウォン
・Rin’
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・アシュリー・シンプソン
・アナ・ジョンソン
・ケヴィン・リトル
・タタ・ヤン
・パク・ヨンハ
■ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『誰かの願いが叶うころ』宇多田ヒカル
『ロコローション』ORANGE RANGE
『花』ORANGE RANGE
『Mickey』Gorie with Jasmine&Joann
『君こそスターだ/夢に消えたジュリア』サザンオールスターズ
『かたちあるもの』柴咲コウ
『Moments』浜崎あゆみ
『INSPIRE』浜崎あゆみ
『瞳をとじて』平井堅
『Sign』Mr.Children
■ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!』Yuji Oda with Butch Walker
■ソング・オブ・ザ・イヤー(演歌/歌謡曲部門)
『番場の忠太郎』氷川きよし
『釧路湿原』水森かおり
■ソング・オブ・ザ・イヤー・特別賞
『Jupiter』平原綾香
■ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『ソルファ』ASIAN KUNG−FU GENERATION
『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』宇多田ヒカル
『HEART of GOLD~STREET FUTURE OPERA BEAT POPS~』EXILE
『LOVE PUNCH』大塚愛
『LOVE JAM』大塚愛
『musiQ』ORANGE RANGE
『Wish You The Best』倉木麻衣
『One×One』CHEMISTRY
『G10』ゴスペラーズ
『蜜』柴咲コウ
『MY STORY』浜崎あゆみ
『ユグドラシル』BUMP OF CHICKEN
『SENTIMENTALovers』平井堅
『ODYSSEY』平原綾香
『LOVE&HONESTY』BoA
『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE’S』ポルノグラフィティ
『PORNO GRAFFITTI BEST RED’S』ポルノグラフィティ
『EXPLORER』槇原敬之
『Completely Recorded』槇原敬之
『シフクノオト』Mr.Children
■ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『コンフェッションズ』アッシャー
『アンダー・マイ・スキン』アヴリル・ラヴィーン
『EXODUS』Utada
『アンコール』エミネム
『クイーン・ジュエルズ』QUEEN
『AMERICAN IDIOT』GREEN DAY
『KEVIN LYTTLE』ケヴィン・リトル
『D12ワールド』D12
『デスティニー・フルフィルド』デスティニーズ・チャイルド
『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴ』ブリトニー・スピアーズ
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『フジ子・ヘミングこころの軌跡』フジ子・ヘミング
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『トランスフォーメーション』村治佳織
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『Coco d’Or』Coco d’Or
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『フィールズ・ライク・ホーム』ノラ・ジョーンズ
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『輝煌~Shining Energy~』女子十二楽坊
『ベストセレクション~日本公演2004“奇跡”より~』女子十二楽坊
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『スパイダーマン2』オリジナル・サウンドトラック
『スウィングガールズ オリジナル サウンドトラック』スウィングガールズ/ミッキー吉野
■演歌/歌謡曲・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『マツケンサンバII』松平健
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『鋼の錬金術師 COMPLETE BEST』Various Artists
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『風と光の軌跡〜BEST OF TOGISM〜』東儀秀樹
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『BLUE 〜A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ダンスホール・ラヴァーズ・セカンド・シーズン』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー・コンピレーション部門(邦楽)
『Cyber TRANCE 〜REQUEST COUNT DOWN〜』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー・コンピレーション部門(洋楽)
『ピアノ・ソングス』Various Artists
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
『Utada Hikaru in Budokan 2004 ヒカルの5』宇多田ヒカル
『サザンオールスターズ Video Clip Show ベストヒットUSAS(ULTRA SOUTHERN ALL STARS)』サザンオールスターズ
『A museum ~30th single collection live~』浜崎あゆみ
『Typhoon No.15 B’z LIVE−GYM The Final Pleasure“IT’S SHOWTIME!!”in 渚園』B’z
『Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』Mr.Children
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
『イン・ザ・ゾーンDVD』ブリトニー・スピアーズ
『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴDVD』ブリトニー・スピアーズ
 
2003年度 < ・・・ > 2005年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2004年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です