本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
 
2023/令和 2013/平成 2003/平成 1993/平成 1983/昭和 1973/昭和のヒット30曲♪他の年探す

日本ゴールドディスク大賞2007‥第21回(2006年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2006年度

OPEN
 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2007年発表の第21回(2006年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第21回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2007 (2006年度)
[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]倖田來未
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]ダニエル・パウター
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
・[PR]絢香
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
・[PR]ダニエル・パウター
■ザ・ベスト10・ニューアーティスト(邦楽)
・Aqua Timez
・絢香
・いきものがかり
・上木彩矢
・ASIAN2
・Kaoru Amane
・キグルミ
・手嶌葵
・NIRGILIS
・MONKEY MAJIK
■ザ・ベスト3・ニューアーティスト(洋楽)
・ジェイムス・ブラント
・ダニエル・パウター
・Ne-Yo
■ザ・ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
・[PR]氷川きよし
・[PR]水森かおり
■シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『Real Face』KAT-TUN
■シングル・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『君が最高!』パク・ヨンハ
■ザ・ベスト10シングル
『タイヨウのうた』 Kaoru Amane
『SIGNAL』 KAT-TUN
『僕らの街で』 KAT-TUN
『Real Face』 KAT-TUN
『夢のうた/ふたりで…』 倖田來未
『純恋歌』 湘南乃風
『宙船(そらふね)/do!do!do!』 TOKIO
『しるし』 Mr.Children
『箒星』 Mr.Children
『抱いてセニョリータ』 山下智久
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
[PR]『恋のつぼみ』倖田來未
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
[PR]『ダニー・カリフォルニア』レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
■ザ・ベスト10ソング・バイ・ダウンロード(邦楽)
『I believe』 絢香
『三日月』 絢香
『Precious』 伊藤由奈
『タイヨウのうた』 Kaoru Amane
『恋のつぼみ』 倖田來未
『夢のうた』 倖田來未
『マタアイマショウ』 SEAMO
『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』 DJ OZMA
『A Perfect Sky』 BONNIE PINK
『気分上々↑↑』 mihimaru GT
■ザ・ベスト3ソング・バイ・ダウンロード(洋楽)
『ユー・レイズ・ミー・アップ』 ケルティック・ウーマン
『バッド・デイ~ついてない日の応援歌』 ダニエル・パウター
『ダニー・カリフォルニア』 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
 
[PR]▼Amazonで商品検索(広告リンク)
受賞者2
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『ALL SINGLES BEST』コブクロ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『Beautiful Songs~ココロデ キク ウタ~』Various Artists
■ベスト10アルバム(邦楽)
『First Message』 絢香
『ULTRA BLUE』 宇多田ヒカル
『ASIA』 EXILE
『Best of KAT-TUN』 KAT-TUN
『Black Cherry』 倖田來未
『Best~second session~』 倖田來未
『ALL SINGLES BEST』 コブクロ
『Secret』 浜崎あゆみ
『(miss)understood』 浜崎あゆみ
『HORIZON』 レミオロメン
■ベスト3アルバム(洋楽)
『ダニエル・パウター』 ダニエル・パウター
『ステイディアム・アーケイディアム』 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
『Beautiful Songs~ココロデ キク ウタ~』 Various Artists
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『「のだめオーケストラ」 LIVE!』のだめオーケストラ他
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン~』サラ・ブライトマン
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『Jambalaya−Bossa Americana−』小野リサ
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『BEST JAZZ 100』Various Artists
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『Ciao! Bravo!!』DEPAPEPE
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『KOICHI DOMOTO「Endless SHOCK」Original Sound Track』堂本光一
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『BLEACH THE BEST』Various Artists
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
[PR]『○−エン−』上妻宏光
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
[PR]『VOCALIST 2』徳永英明
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
[PR]『姫トランス』Various Artists
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー特別賞(邦楽)
[PR]『Seiko Matsuda』松田聖子
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
[PR]『Real Face Film』KAT-TUN
[PR]『ケツの穴~中級篇~』ケツメイシ
[PR]『Pop Up! SMAP LIVE! 思ったより飛んじゃいました!ツアー』SMAP
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
[PR]『p.u.l.s.e.』PINK FLOYD
■ザ・ベスト・エイジアン・アーティスト
・[PR]F4
・[PR]神話(SHINHWA)
・[PR]パク・ヨンハ
 

・・・

2005年度 < ・・・ > 2007年度

OPEN

HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2006年度





2023年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください