2009年ワールド・ベースボール・クラシック‥大会結果と日本代表の成績は?


HOMEスポーツTOPワールド・ベースボール・クラシック > 2009年

2006年から4年に1度行われるWBCI主催・国別野球の世界大会「ワールド・ベースボール・クラシック」。今回は2009年大会(第2回)の詳細結果と日本代表の成績を調べてみました。

▼最終結果/決勝ラウンド ▼1次・2次ラウンド ▼日本代表

最終結果
【優勝】日本(2回目)
【2位】韓国
【3位】アメリカ、ベネズエラ

【MVP】松坂大輔 (日本)
【ベストナイン】
 【投】松坂大輔 (日本)
 【〃】岩隈久志 (日本)
 【〃】ボン・チュングン (韓国)
 【捕】イバン・ロドリゲス (プエルトリコ)
 【一】キム・テギュン (韓国)
 【二】ホセ・ロペス (ベネズエラ)
 【三】イ・ボムホ (韓国)
 【遊】ジミー・ロリンズ (アメリカ)
 【外】青木宣親 (日本)
 【〃】フレデリク・セペダ (キューバ)
 【〃】ヨエニス・セスペデス (キューバ)
 【指】キム・ヒョンス (韓国)
 

・・・

決勝ラウンド (チーム→優勝)
<準決勝>
日本
アメリカ
<準決勝>
10韓国
ベネズエラ


━┓
┣━
━┛

<決勝>
日本
韓国

 

・・・

2次ラウンド (チーム→チーム)
プール1】 (サンディエゴ)
(1) 日本
(2) 韓国
(3) キューバ
(4) メキシコ
<GAME 1>
日本 →4
キューバ →3
<GAME 2>
韓国 →4
メキシコ →3

<GAME 3> 敗者復活戦
キューバ →5
メキシコ →敗退
━┓
┣━
━┛



<GAME 4>
韓国 →6
日本 →5

<GAME 5> 敗者復活戦
日本 →6
キューバ →敗退
━┓
┣━
━┛
<GAME 6>
日本 →準決
韓国 →準決

 
プール2】 (マイアミ)
(1) ベネズエラ
(2) アメリカ
(3) プエルトリコ
(4) オランダ
<GAME 1>
ベネズエラ →4
オランダ →3
<GAME 2>
11プエルトリコ →4
アメリカ →3

<GAME 3> 敗者復活戦
アメリカ →5
オランダ →敗退
━┓
┣━
━┛



<GAME 4>
ベネズエラ →6
プエルトリコ →5

<GAME 5> 敗者復活戦
アメリカ →5
プエルトリコ →敗退
━┓
┣━
━┛
<GAME 6>
10ベネズエラ →準決
アメリカ →準決

 

・・・

1次ラウンド (16チーム→チーム)
プールA】 (東京)
(1) 韓国
(2) 日本
(3) 中国
(4) 台湾
<GAME 1>
日本 →4
中国 →3
<GAME 2>
韓国 →4
台湾 →3

<GAME 3> 敗者復活戦
中国 →5
台湾 →敗退
━┓
┣━
━┛



<GAME 4>
14日本 →6
韓国 →5

<GAME 5> 敗者復活戦
14韓国 →6
中国 →敗退
━┓
┣━
━┛
<GAME 6>
韓国 →2次R
日本 →2次R

 
プールB】 (メキシコシティ)
(1) キューバ
(2) メキシコ
(3) オーストラリア
(4) 南アフリカ
<GAME 1>
キューバ →4
南アフリカ →3
<GAME 2>
17オーストラリア →4
メキシコ →3

<GAME 3> 敗者復活戦
14メキシコ →5
南アフリカ →敗退
━┓
┣━
━┛



<GAME 4>
キューバ →6
オーストラリア →5

<GAME 5> 敗者復活戦
16メキシコ →6
オーストラリア →敗退
━┓
┣━
━┛
<GAME 6>
16キューバ →2次R
メキシコ →2次R

 
プールC】 (トロント)
(1) ベネズエラ
(2) アメリカ
(3) イタリア
(4) カナダ
<GAME 1>
アメリカ →4
カナダ →3
<GAME 2>
ベネズエラ →4
イタリア →3

<GAME 3> 敗者復活戦
イタリア →5
カナダ →敗退
━┓
┣━
━┛



<GAME 4>
15アメリカ →6
ベネズエラ →5

<GAME 5> 敗者復活戦
10ベネズエラ →6
イタリア →敗退
━┓
┣━
━┛
<GAME 6>
ベネズエラ →2次R
アメリカ →2次R

 
プールD】 (サンフアン)
(1) プエルトリコ
(2) オランダ
(3) ドミニカ共和国
(4) パナマ
<GAME 1>
オランダ →4
ドミニカ共和国 →3
<GAME 2>
プエルトリコ →4
パナマ →3

<GAME 3> 敗者復活戦
ドミニカ共和国 →5
パナマ →敗退
━┓
┣━
━┛



<GAME 4>
プエルトリコ →6
オランダ →5

<GAME 5> 敗者復活戦
オランダ →6
ドミニカ共和国 →敗退

━┓
┣━
━┛
<GAME 6>
プエルトリコ →2次R
オランダ →2次R

 

・・・

日本代表
背番号氏名/所属
監督83原辰徳(51) / 巨人
投手11ダルビッシュ有(23) / 日本ハム
投手14馬原孝浩(28) / ソフトバンク
投手15田中将大(21) / 楽天
投手16涌井秀章(23) / 西武
投手18松坂大輔(29) / レッドソックス
投手19岩田稔(26) / 阪神
投手20岩隈久志(28) / 楽天
投手22藤川球児(29) / 阪神
投手26内海哲也(27) / 巨人
投手28小松聖(28) / オリックス
投手31渡辺俊介(33) / ロッテ
投手39山口鉄也(26) / 巨人
投手47杉内俊哉(29) / ソフトバンク
捕手城島健司(33) / マリナーズ
捕手10阿部慎之助(30) / 巨人
捕手29石原慶幸(30) / 広島
内野中島裕之(27) / 西武
内野片岡易之(26) / 西武
内野岩村明憲(30) / レイズ
内野小笠原道大(36) / 巨人
内野25→5村田修一(29) / 横浜 → 栗原健太(27) / 広島
内野52川崎宗則(28) / ソフトバンク
外野福留孝介(32) / カブス
外野23青木宣親(27) / ヤクルト
外野24内川聖一(27) / 横浜
外野35亀井義行(27) / 巨人
外野41稲葉篤紀(37) / 日本ハム
外野51イチロー(36) / マリナーズ
コーチ72伊東勤(46)
コーチ71山田久志(61)
コーチ92与田剛(44)
コーチ81篠塚和典(52) / 巨人
コーチ63高代延博(54)
コーチ73緒方耕一(41) / 巨人
 
戦績 / 勝敗投手スターティングメンバー / 本塁打
1次ラウンド 4-0 対中国
【勝】ダルビッシュ
1イチロー 2中島 3青木 4稲葉 5村田 6小笠原 7福留 8城島 9岩村 Pダル
【本】村田
1次ラウンド 14-2 対韓国
【勝】松坂
1イチロー 2中島 3青木 4村田 5小笠原 6内川 7福留 8城島 9岩村 P松坂
【本】村田、城島
1次ラウンド 0-1 対韓国
【敗】岩隈
1イチロー 2中島 3青木 4村田 5稲葉 6内川 7福留 8城島 9岩村 P岩隈
【本】-
2次ラウンド 6-0 対キューバ
【勝】松坂
1イチロー 2片岡 3青木 4村田 5小笠原 6内川 7福留 8城島 9岩村 P松坂
【本】-
2次ラウンド 1-4 対韓国
【敗】ダルビッシュ
1イチロー 2片岡 3青木 4村田 5小笠原 6内川 7福留 8城島 9岩村 Pダル
【本】-
2次ラウンド 5-0 対キューバ
【勝】岩隈 【S】杉内
1イチロー 2中島 3青木 4稲葉 5村田 6小笠原 7福留 8城島 9岩村 P岩隈
【本】-
2次ラウンド 6-2 対韓国
【勝】涌井
1イチロー 2中島 3青木 4城島 5内川 6村田 7岩村 8阿部 9片岡 P内海
【本】内川
準決勝 9-4 対アメリカ
【勝】松坂
1イチロー 2中島 3青木 4稲葉 5小笠原 6福留 7城島 8岩村 9川崎 P松坂
【本】-
決勝 5-3 対韓国
【勝】ダルビッシュ
1イチロー 2中島 3青木 4城島 5小笠原 6内川 7栗原 8岩村 9片岡 P岩隈
【本】-
 
2006年 < ・・・ > 2013年


HOMEスポーツTOPワールド・ベースボール・クラシック > 2009年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です