日本ゴールドディスク大賞‥第23回(2008年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2008年度

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2009年発表の第23回(2008年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第23回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2009 (2008年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
EXILE
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
マドンナ
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
羞恥心
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
レオナ・ルイス
■ザ・ベスト10・ニューアーティスト(邦楽)
・アラジン
・GIRL NEXT DOOR
・キマグレン
・木山裕策
・九州男
・ジェロ
・清水翔太
・羞恥心
・flumpool
・Lil’B
■ザ・ベスト3・ニューアーティスト(洋楽)
・ELLIOTT YAMIN
・フロー・ライダー
・レオナ・ルイス
■ザ・ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
ジェロ
氷川きよし
■ザ・ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト特別賞
秋元順子
■シングル・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『truth/風の向こうへ』
■シングル・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)』キャラメル
■ザ・ベスト10シングル
『そばにいるね』 青山テルマ feat. SoulJa
『truth/風の向こうへ』 嵐
『One Love』 嵐
『Beautiful days』 嵐
『DON’T U EVER STOP』 KAT-TUN
『LIPS』 KAT-TUN
『キセキ』 GReeeeN
『I AM YOUR SINGER』 サザンオールスターズ
『HANABI』 Mr.Children
『GIFT』 Mr.Children
■「着うた(R)」ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『キセキ』GReeeeN
■「着うた(R)」ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『マイルズ・アウェイ』マドンナ
■ザ・ベスト5「着うた(R)」ソング
『Prisoner Of Love』 宇多田ヒカル
『The Birthday~Ti Amo~』 EXILE
『キセキ』 GReeeeN
『素直になれたら』 JUJU feat.Spontania
『崖の上のポニョ』 藤岡藤巻と大橋のぞみ
■「着うたフル(R)」ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『そばにいるね』青山テルマ feat. SoulJa
■「着うたフル(R)」ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『マイルズ・アウェイ』マドンナ
■ザ・ベスト5「着うたフル(R)」ソング
『そばにいるね』 青山テルマ feat. SoulJa
『Prisoner Of Love』 宇多田ヒカル
『The Birthday~Ti Amo~』 EXILE
『キセキ』 GReeeeN
『崖の上のポニョ』 藤岡藤巻と大橋のぞみ
■PC配信ソング・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『そばにいるね』青山テルマ feat. SoulJa
■PC配信ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『マイルズ・アウェイ』マドンナ
■ザ・ベスト5 PC配信ソング
『そばにいるね』 青山テルマ feat. SoulJa
『Prisoner Of Love』 宇多田ヒカル
『LIFE』 キマグレン
『キセキ』 GReeeeN
『愛をこめて花束を』 Superfly
 
受賞者2
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『EXILE BALLAD BEST』EXILE
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『美しき生命』コールドプレイ
■ベスト10アルバム(邦楽)
『BEST FICTION』 安室奈美恵
『HEART STATION』 宇多田ヒカル
『EXILE ENTERTAINMENT BEST』 EXILE
『EXILE CATCHY BEST』 EXILE
『EXILE BALLAD BEST』 EXILE
『あっ、ども。おひさしぶりです。』 GReeeeN
『Expressions』 竹内まりや
『A COMPLETE~ALL SINGLES~』 浜崎あゆみ
『B’z The Best“ULTRA Pleasure”』 B’z
『SUPERMARKET FANTASY』 Mr.Children
■ベスト3アルバム(洋楽)
『美しき生命』 コールドプレイ
『イヤー・オブ・ザ・ジェントルマン』 Ne-Yo
『ハード・キャンディー』 マドンナ
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『image7』Various Artists
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『冬のシンフォニー』サラ・ブライトマン
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『アフター・アワーズ』山中千尋
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ビヨンド・スタンダード』上原ひろみ~HIROMI’S SONICBLOOM
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『Piano Stories Best 88-08』久石譲
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『崖の上のポニョ サウンドトラック』久石譲
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『BLEACH BEST TUNES』BLEACH
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『Every Little Life~生きとし生けるものへ~』東儀秀樹
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『WE LOVE ヘキサゴン』ヘキサゴンオールスターズ
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『DJ KAORI’S RAGGA MIX 』Various Artists
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
『ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time−コトバノチカラ−』
『真夏の大感謝祭 LIVE』サザンオールスターズ
『SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour』SMAP
■ザ・ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
『DJ KAORI’S INMIX DVD』Various Artists
■ザ・ベスト・エイジアン・アーティスト
イ・ビョンホン
■特別賞
綾小路きみまろ
 
2007年度 < ・・・ > 2009年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2008年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です