日本ゴールドディスク大賞‥第25回(2010年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2010年度

 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2011年発表の第25回(2010年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第25回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011 (2010年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
レディー・ガガ
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
少女時代
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
KARA
■ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)
・WEAVER
・北乃きい
・KG
・少女時代
・miwa
■ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)
・オリアンティ
・KARA
・KE$HA
■ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト
坂本冬美
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『僕の見ている風景』
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ア・サウザンド・サンズ』リンキン・パーク
■ベスト5アルバム(邦楽)
『僕の見ている風景』 嵐
『FANTASY』 EXILE
『BEST SELECTION 2010』 東方神起
『to LOVE』 西野カナ
『ファンキーモンキーベイビーズBEST』 FUNKY MONKEY BABYS
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『マイ・フェイヴァリット・ショパン』辻井伸行
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『“Larry Carlton&Tak Matsumoto LIVE 2010 TAKE YOUR PICK at BLUE NOTE TOKYO”』Larry Carlton&Tak Matsumoto
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『image 10 emotional&relaxing』Various Artists
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック』セシル・コルベル
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『ONE PIECE MEMORIAL BEST』Various Artists
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『第四十六回 コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 梅』日本コロムビア吟詠音楽会
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『VOCALIST 4』徳永英明
『Request』JUJU
■シングル・オブ・ザ・イヤー
『Beginner』AKB48
■ベスト5シングル
『Troublemaker』 嵐
『Monster』 嵐
『Beginner』 AKB48
『ヘビーローテーション』 AKB48
『ポニーテールとシュシュ』 AKB48
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
『会いたくて 会いたくて』西野カナ
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)
『ティック・トック』KE$HA
■ベスト5ソング・バイ・ダウンロード
『もっと強く』 EXILE
『Ring a Ding Dong』 木村カエラ
『会いたくて 会いたくて』 西野カナ
『if』 西野カナ
『Best Friend』 西野カナ
■ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
『ARASHI Anniversary Tour 5×10』
『EXH SPECIAL EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE SOLO』EXILE ATSUSHI
『TOHOSHINKI VIDEO CLIP COLLECTION−THE ONE−』東方神起
■ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
『レディース&ジェントルメン』ザ・ローリング・ストーンズ
■特別賞
『トイレの神様』植村花菜
『「VOCALIST」シリーズ』徳永英明
 
2009年度 < ・・・ > 2011年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2010年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です