日本ゴールドディスク大賞‥第27回(2012年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2012年度

 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2013年発表の第27回(2012年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第27回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2013 (2012年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
AKB48
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
シェネル
■ベスト・アーティスト(アジア)
KARA
■ベスト・アーティスト(演歌/歌謡曲)
由紀さおり
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
乃木坂46
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
ワン・ダイレクション
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)
B1A4
■ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)
・家入レオ
・A.B.C-Z
・じん
・Sexy Zone
・乃木坂46
■ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)
・アレクサンドラ・スタン
・ホット・シェル・レイ
・ワン・ダイレクション
■ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
・IU
・B1A4
・BOYFRIEND
■ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト
臼澤みさき
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『Mr.Children 2005-2010<macro>』Mr.Children
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『ビリーヴ』シェネル
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)
『スーパーガール』KARA
■ベスト5アルバム(邦楽)
『1830m』 AKB48
『EXILE JAPAN/Solo』 EXILE
『ALL SINGLES BEST 2』 コブクロ
『Mr.Children 2001-2005<micro>』 Mr.Children
『Mr.Children 2005-2010<macro>』 Mr.Children
■ベスト3アルバム(洋楽)
『ウノ!』 グリーン・デイ
『ビリーヴ』 シェネル
『リヴィング・シングス』 リンキン・パーク
■ベスト3アルバム(アジア)
『スーパーガール』 KARA
『Just Crazy』 チャン・グンソク
『ALIVE』 BIGBANG
 
受賞者2
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『BATTLE NOTES』→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『リトル・ブロークン・ハーツ』ノラ・ジョーンズ
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『Strings Of My Soul』松本孝弘
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『「ぺルソナ4 ザ・ゴールデン」オリジナル・サウンドトラック』ペルソナ4
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『「化物語」音楽全集 Songs&Soundtracks』化物語
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『第四十八回 コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 南天』日本コロムビア吟詠音楽会
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『COVERS』BENI
■シングル・オブ・ザ・イヤー
『真夏のSounds good!』AKB48
■ベスト5シングル
『上からマリコ』 AKB48
『UZA』 AKB48
『GIVE ME FIVE!』 AKB48
『ギンガムチェック』 AKB48
『真夏のSounds good!』 AKB48
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
『Love Story』安室奈美恵
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)
『ビリーヴ』シェネル
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)
『PAPARAZZI』少女時代
■ベスト5ソング・バイ・ダウンロード
『ハピネス』 AI
『Love Story』 安室奈美恵
『やさしくなりたい』 斉藤和義
『ビリーヴ』 シャネル
『たとえ どんなに…』 西野カナ
■ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
『ARASHI LIVE TOUR Beautiful World』
『EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012~TOWER OF WISH~』EXILE
『EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH~願いの塔~』EXILE
■ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
『ザ・モンスター・ボール・ツアー・アット・マディソン・スクエア・ガーデン』レディー・ガガ
■ベスト・ミュージック・ビデオ(アジア)
『JAPAN FIRST TOUR GIRLS’ GENERATION』少女時代
■特別賞
『1969』由紀さおり&ピンク・マルティーニ
 
2011年度 < ・・・ > 2013年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2012年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です