日本ゴールドディスク大賞‥第29回(2014年度)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2014年度

 

1987年(86年度)に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は2015年発表の第29回(2014年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

第29回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2015 (2014年度)
受賞者1
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
ワン・ダイレクション
■ベスト・アーティスト(アジア)
東方神起
■ベスト・アーティスト(演歌/歌謡曲)
中森明菜
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
ジャニーズWEST
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
アリアナ・グランデ
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)
防弾少年団
■ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)
・キング・クリームソーダ
・ジャニーズWEST
・Da-
・MACO
・和楽器バンド
■ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)
・アヴィーチー
・アリアナ・グランデ
・ペンタトニックス
■ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
・Apink
・VIXX
・防弾少年団
■ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト
竹村こずえ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
『次の足跡』AKB48
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
『1989』テイラー・スウィフト
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)
『TREE』東方神起
■ベスト5アルバム(邦楽)
『Ballada』安室奈美恵
『THE DIGITALIAN』嵐
『次の足跡』AKB48
『世界の中心は大阪や〜なんば自治区〜』NMB48
『HUMAN』福山雅治
■ベスト3アルバム(洋楽)
『マイ・エヴリシング』アリアナ・グランデ
『1989』テイラー・スウィフト
『フォー』ワン・ダイレクション
■ベスト3アルバム(アジア)
『THE BEST』少女時代
『WITH』東方神起
『TREE』東方神起
 
受賞者2
■クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『熱血!ブラバン少女』精華女子高等学校吹奏楽部
■ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『チーク・トゥ・チーク』トニー・ベネット&レディー・ガガ
■インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『New Horizon』松本孝弘
■サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』Various Artist
■アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『機動戦士ガンダムUC COMPLETE BEST』ヴァリアス
■純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『第五十回 日本コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 片栗』日本コロムビア吟詠音楽会
■企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー
『Request II』JUJU
■シングル・オブ・ザ・イヤー
『ラブラドール・レトリバー』AKB48
■ベスト5シングル
『希望的リフレイン』AKB48
『心のプラカード』AKB48
『前しか向かねえ』AKB48
『ラブラドール・レトリバー』AKB48
『何度目の青空か?』乃木坂46
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)
『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(日本語歌)』松たか子
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)
『レット・イット・ゴー』イディナ・メンゼル
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)
『Indestructible』少女時代
■ベスト5ソング・バイ・ダウンロード
『レット・イット・ゴー』イディナ・メンゼル
『Darling』西野カナ
『ひまわりの約束』秦基博
『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(日本語歌)』松たか子
『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(エンドソング)』May J.
■ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽)
『アラフェス’13』
『ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”』
『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014「BLUE IMPACT」』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
■ベスト・ミュージック・ビデオ(洋楽)
『’ホエア・ウィー・アー’ ライブ・フロム・サンシーロ・スタジアム』ワン・ダイレクション
■ベスト・ミュージック・ビデオ(アジア)
『東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE』東方神起
■特別賞
『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』Various Artist
 
2013年度 < ・・・ > 2015年度


HOME音楽TOP日本ゴールドディスク大賞 > 2014年度



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です