スキージャンプ男子W杯‥歴代の年間総合順位って? 2000年代


HOMEスポーツTOPスキージャンプ男子W杯 > 2000-09年

 

1979年から正式に行われるようになったスキージャンプ男子ワールドカップ。今回は2000年代の年間総合順位トップ10を調べてみました。

2009-10年シーズン
総合順位
優勝シモン・アマン (スイス) / 1649pt
2位グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 1368pt
3位トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 944pt
4位アンドレアス・コフラー (オーストリア) / 893pt
5位アダム・マリシュ (ポーランド) / 842pt
6位ヴォルフガング・ロイツル (オーストリア) / 760pt
7位アンデシュ・ヤコブセン (ノルウェー) / 557pt
8位マルティン・コッホ (オーストリア) / 545pt
9位ビヨーン・アイナール・ローモーレン (ノルウェー) / 517pt
10位ロベルト・クラニエッツ (スロベニア) / 503pt
 :
16位伊東大貴 (日本)
17位葛西紀明 (日本)
 
2008-09年シーズン
総合順位
優勝グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 2083pt
2位シモン・アマン (スイス) / 1776pt
3位ヴォルフガング・ロイツル (オーストリア) / 1396pt
4位ハッリ・オッリ (フィンランド) / 974pt
5位ディミトリ・ヴァシリエフ (ロシア) / 845pt
6位マルティン・シュミット (ドイツ) / 829pt
7位トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 795pt
8位アンデシュ・ヤコブセン (ノルウェー) / 661pt
9位マルティン・コッホ (オーストリア) / 601pt
10位アンデシュ・バーダル (ノルウェー) / 598pt
 :
15位葛西紀明 (日本)
26位湯本史寿 (日本)
28位岡部孝信 (日本)
29位伊東大貴 (日本)
 
2007-08年シーズン
総合順位
優勝トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 1794pt
2位グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 1561pt
3位ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 1291pt
4位トム・ヒルデ (ノルウェー) / 1228pt
5位アンデシュ・バーダル (ノルウェー) / 942pt
6位アンデシュ・ヤコブセン (ノルウェー) / 827pt
7位アンドレアス・キュッテル (スイス) / 778pt
8位ヤンネ・ハッポネン (フィンランド) / 755pt
9位シモン・アマン (スイス) / 728pt
10位ヴォルフガング・ロイツル (オーストリア) / 715pt
 :
28位竹内択 (日本)
 
2006-07年シーズン
総合順位
優勝アダム・マリシュ (ポーランド) / 1453pt
2位アンデシュ・ヤコブセン (ノルウェー) / 1319pt
3位シモン・アマン (スイス) / 1167pt
4位グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 956pt
5位アンドレアス・キュッテル (スイス) / 804pt
6位トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 756pt
7位アンドレアス・コフラー (オーストリア) / 727pt
8位ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 539pt
9位マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 526pt
10位ミヒャエル・ウアマン (ドイツ) / 524pt
 :
26位葛西紀明 (日本)
 
2005-06年シーズン
総合順位
優勝ヤコブ・ヤンダ (チェコ) / 1151pt
2位ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 1024pt
3位アンドレアス・キュッテル (スイス) / 980pt
4位ロアル・ヨケルソイ (ノルウェー) / 875pt
5位トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 846pt
6位ビヨーン・アイナール・ローモーレン (ノルウェー) / 757pt
7位アンドレアス・コフラー (オーストリア) / 699pt
8位ミヒャエル・ウアマン (ドイツ) / 681pt
9位アダム・マリシュ (ポーランド) / 634pt
10位アンドレアス・ビドヘルツル (オーストリア) / 670pt
 :
12位岡部孝信 (日本)
19位伊東大貴 (日本)
21位葛西紀明 (日本)
 
2004-05年シーズン
総合順位
優勝ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 1715pt
2位ロアル・ヨケルソイ (ノルウェー) / 1440pt
3位マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 1275pt
4位アダム・マリシュ (ポーランド) / 1201pt
5位マルティン・ヘルバルト (オーストリア) / 1179pt
6位ヤコブ・ヤンダ (チェコ) / 1164pt
7位トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 1138pt
8位アンドレアス・ビドヘルツル (オーストリア) / 999pt
9位ミヒャエル・ウアマン (ドイツ) / 804pt
10位ラーシュ・ビステル (ノルウェー) / 739pt
 :
13位伊東大貴 (日本)
16位葛西紀明 (日本)
30位船木和喜 (日本)
 
2003-04年シーズン
総合順位
優勝ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 1316pt
2位ロアル・ヨケルソイ (ノルウェー) / 1306pt
3位ビヨーン・アイナール・ローモーレン (ノルウェー) / 825pt
4位シグール・ペテルセン (ノルウェー) / 787pt
5位マルティン・ヘルバルト (オーストリア) / 731pt
6位トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 696pt
7位マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 673pt
8位葛西紀明 (日本) / 631pt
9位ゲオルク・シュペート (ドイツ) / 557pt
10位ペテル・ジョンタ (スロベニア) / 545pt
 :
25位東輝 (日本)
 
2002-03年シーズン
総合順位
優勝アダム・マリシュ (ポーランド) / 1357pt
2位スヴェン・ハンナバルト (ドイツ) / 1235pt
3位アンドレアス・ビドヘルツル (オーストリア) / 1028pt
4位ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 1016pt
5位フロリアン・リーグル (オーストリア) / 986pt
6位マルティン・ヘルバルト (オーストリア) / 925pt
7位プリモジュ・ペテルカ (スロベニア) / 805pt
8位マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 797pt
9位ロアル・ヨケルソイ (ノルウェー) / 757pt
10位シグール・ペテルセン (ノルウェー) / 747pt
 :
11位宮平秀治 (日本)
13位葛西紀明 (日本)
30位船木和喜 (日本)
 
2001-02年シーズン
総合順位
優勝アダム・マリシュ (ポーランド) / 1475pt
2位スヴェン・ハンナバルト (ドイツ) / 1259pt
3位マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 1048pt
4位アンドレアス・ビドヘルツル (オーストリア) / 874pt
5位マルティン・シュミット (ドイツ) / 795pt
6位マルティン・ヘルバルト (オーストリア) / 737pt
7位シモン・アマン (スイス) / 628pt
8位マルティン・コッホ (オーストリア) / 561pt
9位シュテファン・ホッケ (ドイツ) / 508pt
10位リスト・ユシライネン (フィンランド) / 474pt
 :
11位船木和喜 (日本)
18位宮平秀治 (日本)
23位葛西紀明 (日本)
24位山田大起 (日本)
 
2000-01年シーズン
総合順位
優勝アダム・マリシュ (ポーランド) / 1531pt
2位マルティン・シュミット (ドイツ) / 1173pt
3位リスト・ユシライネン (フィンランド) / 938pt
4位葛西紀明 (日本) / 728pt
5位ヤンネ・アホネン (フィンランド) / 686pt
6位マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 648pt
7位ヴォルフガング・ロイツル (オーストリア) / 614pt
8位シュテファン・ホルンガッハー (オーストリア) / 566pt
9位スヴェン・ハンナバルト (ドイツ) / 462pt
10位ヤニ・ソイニネン (フィンランド) / 394pt
 :
16位宮平秀治 (日本)
20位吉岡和也 (日本)
26位原田雅彦 (日本)
30位船木和喜 (日本)
 
1990-99年 < ・・・ > 2010-19年


HOMEスポーツTOPスキージャンプ男子W杯 > 2000-09年





2021年間ヒットデータ「映画・音楽・本・ゲーム」「流行・テレビ」「スポーツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。