日本レコード大賞‥第20-21回(1978-79年)の受賞者って?


ホーム音楽TOP日本レコード大賞 > 1978-79年

1959年に始まった日本作曲家協会主催、TBSで年末に放送の「輝く!日本レコード大賞」。今回は第20回(1978年)と第21回(1979年)の大賞をはじめとした各賞の受賞者を調べてみました。

▼第21回 ▼第20回

第21回 (昭和54年)
【開催日】1979年12月31日 【会場】帝国劇場 【司会】高橋圭三、檀ふみ、渡辺謙太郎(TBS)
 
各賞受賞者
大賞
『魅せられて』ジュディ・オング
金賞
『おまえとふたり』五木ひろし
『おもいで酒』小林幸子
『カサブランカ・ダンディ』沢田研二
『関白宣言』さだまさし
『しなやかに歌って』山口百恵
『ビューティフル・ネーム』ゴダイゴ
『舟唄』八代亜紀
『万華鏡』岩崎宏美
『魅せられて』ジュディ・オング
『勇気があれば』西城秀樹
最優秀歌唱賞
『おもいで酒』小林幸子
最優秀新人賞
『私のハートはストップモーション』桑江知子
新人賞
『好きだから』 井上望
『HOW!ワンダフル』 倉田まり子
『私のハートはストップモーション』 桑江知子
『September』 竹内まりや
『おんなの出船』 松原のぶえ
ベスト・アルバム賞
『栄光への脱出・アリス武道館ライブ』アリス
『TEN・ナンバーズからっと』サザンオールスターズ
『夢供養』さだまさし
作曲賞
・筒美京平 (『魅せられて』ジュディ・オング)
作詩賞
・谷村新司 (『チャンピオン』アリス)
編曲賞
・坂本龍一 (『アメリカン・フィーリング』サーカス)
企画賞
『ナターシャ・セブン』 高石ともやとナターシャ・セブン/東芝EMI(株)
『おやじの海』 村木賢吉/日本フォノグラム(株)
・芸能山城組・特別公演ライブ/ビクター音楽産業(株)
ロング・セラー賞
『夢追い酒』 渥美二郎
『花街の母』 金田たつえ
『北国の春』 千昌夫
『みちづれ』 牧村三枝子
特別賞
・古関裕而
・遠藤実
日本レコード大賞顕彰
・泉君男(ドラム)
・見砂直照
・新野輝雄(サックス)
・バッキー白片
・灰田有紀彦
・西沢爽(作詩家)
TBS賞(後援団体賞)
・さだまさし
 
第20回 (昭和53年)
【開催日】1978年12月31日 【会場】帝国劇場 【司会】高橋圭三、黒柳徹子、久米宏(TBS)
 
各賞受賞者
大賞
『UFO』ピンク・レディー
金賞
『かもめはかもめ』研ナオコ
『グッド・ラック Good Luck』野口五郎
『しあわせ芝居』桜田淳子
『シンデレラ・ハネムーン』岩崎宏美
『たそがれマイ・ラブ』大橋純子
『故郷へ…』八代亜紀
『ブルースカイ ブルー』西城秀樹
『プレイバックPart2』山口百恵
『UFO』ピンク・レディー
『LOVE(抱きしめたい)』沢田研二
最優秀歌唱賞
『LOVE(抱きしめたい)』沢田研二
最優秀新人賞
『かもめが翔んだ日』渡辺真知子
新人賞
『失恋記念日』 石野真子
『青葉城恋唄』 さとう宗幸
『Deep』 渋谷哲平
『東京ららばい』 中原理恵
『銃爪』 世良公則&ツイスト(辞退)
中山晋平賞(作曲賞)
・筒美京平 (『飛んでイスタンブール』庄野真代、『東京ららばい』中原理恵)
西条八十賞(作詩賞)
・中島みゆき (『この空を飛べたら』加藤登紀子、『しあわせ芝居』桜田淳子)
編曲賞
・前田憲男 (『Mr.サマータイム』サーカス)
企画賞
『海外シリーズ旅情四部作』 平尾昌晃・畑中葉子/ビクター音楽産業(株)
『寺内タケシ日本民謡大百科』 キングレコード(株)
『宇宙戦艦ヤマト三部作』 日本コロムビア(株)
ロング・セラー賞
『夢追い酒』 渥美二郎
『花街の母』 金田たつえ
『北国の春』 千昌夫
『みちづれ』 牧村三枝子
特別賞
・淡谷のり子
・藤田まさと
・テイチク(株)
古賀政男記念賞
・森進一
・五木ひろし
・美空ひばり(辞退)
日本レコード大賞20周年記念顕彰
・アイ・ジョージ
・菅原洋一
・伊東ゆかり
・松尾和子
・村田英雄
・ボニー・ジャックス
・三橋美智也
・吉田正
・石本美由起
・吉川静夫
・菊池章子
・田端義夫
・栗原進(ドラムス)
・岩田喜代造(ピアノ)
・高珠恵(ヴァイオリン)
・角田孝(ギター)
・上野政雄(アルトサックス)
 
1976-77年 < ・・・ > 1980-81年


ホーム音楽TOP日本レコード大賞 > 1978-79年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です