日本レコード大賞‥第38-39回(1996-97年)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本レコード大賞 > 1996-97年

 

1959年に始まった日本作曲家協会主催、TBSで年末に放送の「輝く!日本レコード大賞」。今回は第38回(1996年)と第39回(1997年)の大賞をはじめとした各賞の受賞者を調べてみました。

▼第39回 ▼第38回

第39回 (平成9年)
【開催日】1997年12月31日 【会場】TBS Aスタジオ/赤坂BLITZ 【司会】堺正章、草野満代
 
各賞受賞者
大賞
『CAN YOU CELEBRATE?』安室奈美恵
金賞
『CAN YOU CELEBRATE?』安室奈美恵
『Dear My Friend』Every Little Thing
『夫婦みち』オーロラ輝子
『Glass』河村隆一
『HOWEVER』GLAY
『すき』香西かおり
『WHITE LOVE』SPEED
『珍島物語』天童よしみ
『Give me a Shake』MAX
『ひだまりの詩』Le Couple
最優秀歌唱賞
『人生桜』中村美津子
最優秀新人賞
『precious delicious』知念里奈
新人賞
・岩出和也
・猿岩石
・知念里奈
特別賞
・エルトン・ジョン
アルバム大賞
『BELOVED』GLAY
ベストアルバム賞
『BELOVED』 GLAY
『川本真琴』 川本真琴
『恋』 古内東子
作曲賞
・久石譲 (『もののけ姫』米良美一)
作詩賞
・布袋寅泰 (『PRIDE』今井美樹)
編曲賞
・若草恵 (『すき』香西かおり)
企画賞
『第二楽章』 吉永小百合
『Bach Box』 清水靖晃
『もののけ姫サウンドトラック』
『新世紀エヴァンゲリオン』
美空ひばりメモリアル選奨
・大月みやこ
功労賞
・小川寛興
・塩まさる
・島倉千代子
・西沢爽
日本作曲家協会特別功労賞
・澁谷森久
アジア音楽賞
・ファンキー末吉
 
第38回 (平成8年)
【開催日】1996年12月31日 【会場】TBS Aスタジオ/赤坂BLITZ 【司会】堺正章、飯島直子
 
各賞受賞者
大賞
『Don’t wanna cry』安室奈美恵
金賞
『Don’t wanna cry』安室奈美恵
『バンザイ〜好きでよかった〜』ウルフルズ
『I’m proud』華原朋美
『DEPARTURES』globe
『螢の提灯』坂本冬美
『いいわけ』シャ乱Q
『そばかす』JUDY AND MARY
『倖せにしてね』長山洋子
『アジアの純真』Puffy
『紅』藤あや子
最優秀歌唱賞
『珍島物語』天童よしみ
最優秀新人賞
『アジアの純真』Puffy
新人賞
・SPEED
・dos
・Puffy
特別賞
・喜納昌吉
アルバム大賞
『globe』globe
ベストアルバム賞
『globe』 globe
『SWEET 19 BLUES』 安室奈美恵
『バンザイ』 ウルフルズ
作曲賞
・トータス松本 (『バンザイ〜好きでよかった〜』ウルフルズ)
作詩賞
・阿久悠 (『螢の提灯』坂本冬美)
編曲賞
・シャ乱Q (『いいわけ』シャ乱Q)
企画賞
『お父さんのためのピアノ・レッスン』
『珍島物語』 プロデューサー:山田廣作
『ライフ・イン・トウキョウ・JAPAN・トリビュート・アルバム』
『浪漫−ROMAN−』 憲三郎&ジョージ山本/プロデューサー:北島三郎
『ガッツだぜ!(ミュージックビデオ〜ビデオ「ウルフルV」より)』 ウルフルズ/総監督:竹内鉄郎
美空ひばりメモリアル選奨
・北島三郎
特別顕彰
・三橋美智也
功労賞
・原信夫
・水木かおる
・村田英雄
・和田弘とマヒナスターズ
アジア音楽賞
・(株)ポニーキャニオン国際部
 
1994-95年 < ・・・ > 1998-99年


HOME音楽TOP日本レコード大賞 > 1996-97年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です