フィギュアGPシリーズ/NHK杯‥歴代大会の女子シングル優勝者とは?


HOMEスポーツTOPフィギュアグランプリファイナル > GPシリーズ・女子シングル

 

1995年から毎年6大会が行われているフィギュアスケートのグランプリシリーズ。今回は歴代のNHK杯など各大会の女子シングル優勝者と各年ポイント上位6名が進出する「グランプリファイナル」出場者を調べてみました。

現在の大会 / (日)NHK杯 / (米)スケートアメリカ / (加)スケートカナダ / (仏)エリック・ボンパール杯 / (露)ロステレコム杯 / (伊)ISUグランプリ / ‥過去の大会 / (中)中国杯 / (芬)ヘルシンキ大会 / (独)フロスト杯
 
年度グランプリシリーズ大会優勝者グランプリファイナル進出者
2021年 第6戦(露) – カミラ・ワリエワ(ロシア)
第5戦(仏) – アンナ・シェルバコワ(ロシア)
第4戦(日)坂本花織(日本)
第3戦(伊) – アンナ・シェルバコワ(ロシア)
第2戦(加) – カミラ・ワリエワ(ロシア)
第1戦(米) – アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
中止
1位 カミラ・ワリエワ(ロシア) 30点
2位 アンナ・シェルバコワ(ロシア) 30点
3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 26点
4位 坂本花織(日本) 24点
5位 マイア・フロミフ(ロシア) 24点
6位 アリョーナ・コストルナヤ(ロシア) 24点
2020年 第6戦(日)坂本花織(日本)
第5戦(露) – エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
第4戦(仏) – 中止
第3戦(中) – ホンジー・チェン(中国)
第2戦(加) – 中止
第1戦(米) – マライア・ベル(アメリカ)
中止
2019年 第6戦(日) – アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
第5戦(露) – アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
第4戦(中) – アンナ・シェルバコワ(ロシア)
第3戦(仏) – アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
第2戦(加) – アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
第1戦(米) – アンナ・シェルバコワ(ロシア)
1位 アリョーナ・コストルナヤ(ロシア) 30点
2位 アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア) 30点
3位 アンナ・シェルバコワ(ロシア) 30点
4位 紀平梨花(日本) 26点
5位 アリーナ・ザギトワ(ロシア) 24点
6位 ブレイディ・テネル(アメリカ) 22点
2018年 第6戦(仏)紀平梨花(日本)
第5戦(露) – アリーナ・ザギトワ(ロシア)
第4戦(日)紀平梨花(日本)
第3戦(芬) – アリーナ・ザギトワ(ロシア)
第2戦(加) – エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
第1戦(米)宮原知子(日本)
1位 アリーナ・ザギトワ(ロシア) 30点
2位 紀平梨花(日本) 30点
3位 宮原知子(日本) 28点
4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 26点
5位 坂本花織(日本) 24点
6位 ソフィア・サモドゥロワ(ロシア) 24点
2017年 第6戦(米)宮原知子(日本)
第5戦(仏) – アリーナ・ザギトワ(ロシア)
第4戦(日) – エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア)
第3戦(中) – アリーナ・ザギトワ(ロシア)
第2戦(加) – ケイトリン・オズモンド(カナダ)
第1戦(露) – エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア)
1位 エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア) 30点
2位 アリーナ・ザギトワ(ロシア) 30点
3位 ケイトリン・オズモンド(カナダ) 26点
4位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 26点
5位 マリナ・ソツコワ(ロシア) 26点
6位 樋口新葉(日本) 24点
7位 宮原知子(日本) 22点
2016年 第6戦(日) – アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
第5戦(中) – エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
第4戦(仏) – エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア)
第3戦(露) – アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
第2戦(加) – エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア)
第1戦(米) – アシュリー・ワグナー(アメリカ)
1位 エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア) 30点
2位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 30点
3位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 28点
4位 ケイトリン・オズモンド(カナダ) 26点
5位 マリア・ソツコワ(ロシア) 24点
6位 宮原知子(日本) 24点
2015年 第6戦(日)宮原知子(日本)
第5戦(露) – エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
第4戦(仏) – グレイシー・ゴールド(アメリカ)
※テロ事件発生によりSPのみ
第3戦(中)浅田真央(日本)
第2戦(加) – アシュリー・ワグナー(アメリカ)
第1戦(米) – エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア)
1位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 28点
2位 エフゲーニャ・メドベ―ジェワ(ロシア) 28点
3位 宮原知子(日本) 26点
4位 浅田真央(日本) 26点
5位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 26点
6位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 24点
2014年 第6戦(日) – グレイシー・ゴールド(アメリカ)
第5戦(仏) – エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
第4戦(露)本郷理華(日本)
第3戦(中) – エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
第2戦(加) – アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
第1戦(米) – エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
1位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 30点
2位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 28点
3位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 28点
4位 グレイシー・ゴールド(アメリカ) 26点
5位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 26点
6位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 24点
7位 本郷理華(日本) 22点
2013年 第6戦(露) – ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
第5戦(仏) – アシュリー・ワグナー(アメリカ)
第4戦(日)浅田真央(日本)
第3戦(中) – アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
第2戦(加) – ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
第1戦(米)浅田真央(日本)
1位 浅田真央(日本) 30点
2位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 30点
3位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 28点
4位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 26点
5位 アデリナ・ソトニコワ(ロシア) 26点
6位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 24点
2012年 第6戦(日)浅田真央(日本)
第5戦(仏) – アシュリー・ワグナー(アメリカ)
第4戦(露) – キーラ・コルピ(フィンランド)
第3戦(中)浅田真央(日本)
第2戦(加) – ケイトリン・オズモンド(カナダ)
第1戦(米) – アシュリー・ワグナー(アメリカ)
1位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 30点
2位 浅田真央(日本) 30点
3位 キーラ・コルピ(フィンランド) 26点
4位 鈴木明子(日本) 26点
5位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 24点
6位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 22点
7位 クリスティーナ・ガオ(アメリカ) 20点
2011年 第6戦(露)浅田真央(日本)
第5戦(仏) – エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
第4戦(日)鈴木明子(日本)
第3戦(中) – カロリーナ・コストナー(イタリア)
第2戦(加) – エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
第1戦(米) – アリッサ・シズニー(アメリカ)
1位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 30点
2位 浅田真央(日本) 28点
3位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 28点
4位 鈴木明子(日本) 28点
5位 アリッサ・シズニー(アメリカ) 26点
6位 アリョーナ・レオノワ(ロシア) 24点
2010年 第6戦(仏) – キーラ・コルピ(フィンランド)
第5戦(露)安藤美姫(日本)
第4戦(米)村上佳菜子(日本)
第3戦(中)安藤美姫(日本)
第2戦(加) – アリッサ・シズニー(アメリカ)
第1戦(日) – カロリーナ・コストナー(イタリア)
1位 安藤美姫(日本) 30点
2位 アリッサ・シズニー(アメリカ) 26点
3位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 26点
4位 村上佳菜子(日本) 26点
5位 鈴木明子(日本) 26点
6位 レイチェル・フラット(アメリカ) 26点
 
年度グランプリシリーズ大会優勝者グランプリファイナル進出者
2009年 第6戦(加) – ジョアニー・ロシェット(カナダ)
第5戦(米) – キム・ヨナ(韓国)
第4戦(日)安藤美姫(日本)
第3戦(中)鈴木明子(日本)
第2戦(露)安藤美姫(日本)
第1戦(仏) – キム・ヨナ(韓国)
1位 キム・ヨナ(韓国) 30点
2位 安藤美姫(日本) 30点
3位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 26点
4位 アリョーナ・レオノワ(ロシア) 24点
5位 アシュリー・ワグナー(アメリカ) 24点
6位 鈴木明子(日本) 22点
2008年 第6戦(日)浅田真央(日本)
第5戦(露) – カロリーナ・コストナー(イタリア)
第4戦(仏) – ジョアニー・ロシェット(カナダ)
第3戦(中) – キム・ヨナ(韓国)
第2戦(加) – ジョアニー・ロシェット(カナダ)
第1戦(米) – キム・ヨナ(韓国)
1位 キム・ヨナ(韓国) 30点
2位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 30点
3位 浅田真央(日本) 28点
4位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 24点
5位 中野友加里(日本) 24点
6位 安藤美姫(日本) 24点
2007年 第6戦(日) – カロリーナ・コストナー(イタリア)
第5戦(露) – キム・ヨナ(韓国)
第4戦(仏)浅田真央(日本)
第3戦(中) – キム・ヨナ(韓国)
第2戦(加)浅田真央(日本)
第1戦(米) – キミー・マイズナー(アメリカ)
1位 キム・ヨナ(韓国) 30点
2位 浅田真央(日本) 30点
3位 キミー・マイズナー(アメリカ) 28点
4位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 26点
5位 中野友加里(日本) 26点
6位 キャロライン・ジャン(アメリカ) 25点
2006年 第6戦(日)浅田真央(日本)
第5戦(露) – サラ・マイアー(スイス)
第4戦(仏) – キム・ヨナ(韓国)
第3戦(中) – ユリア・セベスチェン(ハンガリー)
第2戦(加) – ジョアニー・ロシェット(カナダ)
第1戦(米)安藤美姫(日本)
1位 安藤美姫(日本) 28点
2位 ユリア・セベスチェン(ハンガリー) 28点
3位 浅田真央(日本) 28点
4位 キム・ヨナ(韓国) 26点
5位 村主章枝(日本) 26点
6位 サラ・マイアー(スイス) 24点
2005年 第6戦(日)中野友加里(日本)
第5戦(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
第4戦(仏)浅田真央(日本)
第3戦(中) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
第2戦(加) – アリッサ・シズニー(アメリカ)
第1戦(米) – エレーナ・ソコロワ(アメリカ)
1位 イリーナ・スルツカヤ(ロシア) 24点
2位 浅田真央(日本) 21点
3位 アリッサ・シズニー(アメリカ) 21点
4位 中野友加里(日本) 19点
5位 エレーナ・ソコロワ(アメリカ) 15点
6位 安藤美姫(日本) 14点
2004年 第6戦(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
第5戦(仏) – ジョアニー・ロシェット(カナダ)
第4戦(中) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
第3戦(日)荒川静香(日本)
第2戦(加) – シンシア・ファヌフ(カナダ)
第1戦(米) – アンジェラ・ニコディノフ(アメリカ)
1位 イリーナ・スルツカヤ(ロシア) 24点
2位 荒川静香(日本) 21点
3位 シンシア・ファヌフ(カナダ) 21点
4位 ジョアニー・ロシェット(カナダ) 19点
5位 安藤美姫(日本) 14点
6位 恩田美栄(日本) 14点
2003年 (米) – サーシャ・コーエン(アメリカ)
(加) – サーシャ・コーエン(アメリカ)
(中) – エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
(仏) – サーシャ・コーエン(アメリカ)
(露) – エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
(日)村主章枝(日本)
サーシャ・コーエン(アメリカ)
エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
村主章枝(日本)
荒川静香(日本)
シェベシュチェーン・ユーリア(ハンガリー)
恩田美栄(日本)
2002年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – サーシャ・コーエン(アメリカ)
(独)恩田美栄(日本)
(仏) – サーシャ・コーエン(アメリカ)
(露) – ビクトリア・ボルチコワ(ロシア)
(日)恩田美栄(日本)
サーシャ・コーエン(アメリカ)
恩田美栄(日本)
ミシェル・クワン(アメリカ)
ビクトリア・ボルチコワ(ロシア)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
荒川静香(日本)
エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
村主章枝(日本)
2001年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – サラ・ヒューズ(アメリカ)
(独) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(仏) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(日) – タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
ミシェル・クワン(アメリカ)
サラ・ヒューズ(アメリカ)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)
恩田美栄(日本)
2000年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(独) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(仏) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(日) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
ミシェル・クワン(アメリカ)
サラ・ヒューズ(アメリカ)
タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)
エレーナ・ソコロワ(ロシア)
1999年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(独) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(仏) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(日) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
ミシェル・クワン(アメリカ)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
ユリア・ソルダトワ(ロシア)
エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
ビクトリア・ボルチコワ(ロシア)
1998年 (米) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(加) – エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
(独) – エレーナ・ソコロワ(ロシア)
(仏) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
(露) – エレーナ・ソコロワ(ロシア)
(日) – タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
エレーナ・ソコロワ(ロシア)
エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)
タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
村主章枝(日本)
1997年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(独) – タニヤ・シェフチェンコ(ドイツ)
(仏) – レティシア・ユベール(フランス)
(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(日) – タニヤ・シェフチェンコ(ドイツ)
ミシェル・クワン(アメリカ)
タニヤ・シェフチェンコ(ドイツ)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
タラ・リピンスキー(アメリカ)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
エレーナ・ソコロワ(ロシア)
レティシア・ユベール(フランス)
1996年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(独) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(仏) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(露) – イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
(日) – マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
ミシェル・クワン(アメリカ)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
タラ・リピンスキー(アメリカ)
オルガ・マルコワ(ロシア)
トニア・クワイトコウスキー(アメリカ)
1995年 (米) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(加) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(独) – ミシェル・クワン(アメリカ)
(仏) – ジョゼ・シュイナール(カナダ)
(日) – 陳ロ(中国)
ミシェル・クワン(アメリカ)
ジョゼ・シュイナール(カナダ)
陳ロ(中国)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
横谷花絵(日本)
オルガ・マルコワ(ロシア)
マリア・ブッテルスカヤ(ロシア)
 
フィギュアGPシリーズ・男子シングル


HOMEスポーツTOPフィギュアグランプリファイナル > GPシリーズ・女子シングル



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です