日本レコード大賞‥第52-53回(2010-11年)の受賞者って?


HOME音楽TOP日本レコード大賞 > 2010-11年

 

1959年に始まった日本作曲家協会主催、TBSで年末に放送の「輝く!日本レコード大賞」。今回は第52回(2010年)と第53回(2011年)の大賞をはじめとした各賞の受賞者を調べてみました。

▼第53回 ▼第52回

第53回 (平成23年)
【開催日】2011年12月30日 【会場】新国立劇場 【司会】堺正章、藤原紀香
 
各賞受賞者
大賞
『フライングゲット』AKB48
優秀作品賞
『Esperanza』西野カナ
『GO GO サマー!』KARA
『CALL』AAA
『この夜を止めてよ』JUJU
『庄内平野 風の中』水森かおり
『情熱のマリアッチ』氷川きよし
『それでも信じてる』FUNKY MONKEY BABYS
『フライングゲット』AKB48
『Why?(Keep Your Head Down)』東方神起
『笑ってたいんだ』いきものがかり
最優秀歌唱賞
『おかえりがおまもり』坂本冬美
最優秀新人賞
『More Kiss』Fairies
新人賞
・伊藤美裕
・SUPER☆GiRLS
・2NE1
・Fairies
特別賞
『マル・マル・モリ・モリ!』 薫と友樹、たまにムック。
最優秀アルバム賞
『どーも』小田和正
優秀アルバム賞
『素顔〜愛すべき女たち〜』 せきぐちゆき
『DISCOVER JAPAN』 鈴木雅之
『HoSoNoVa』 細野晴臣
『MUSICMAN』 桑田佳祐
作曲賞
・若草恵 (『ふたりの船唄』天童よしみ)
作詩賞
・山上路夫 (『いくたびの櫻』ふくい舞)
編曲賞
・渡辺俊幸 (『おひさま〜大切なあなたへ』平原綾香)
企画賞
『あきらめないで』 佐野有美
『1969』 由紀さおり&ピンク・マルティーニ
『TRIBUTE 三大作詞家トリビュートアルバム〜石本美由起、星野哲郎、吉岡治に捧ぐ』 五木ひろし
『ひばり千夜一夜』 美空ひばり
『Revive』『この花が咲いたら〜いのちの種〜』 恵莉花
日本作曲家協会選奨
・三山ひろし
大衆歌謡文化賞
・北島三郎
功労賞
・青山和子
・永六輔
・寺内タケシ
・橋本淳
・畠山みどり
特別功労賞
・大町正人
・高見澤宏
・柳ジョージ
・竜鉄也
 
第52回 (平成22年)
【開催日】2010年12月30日 【会場】新国立劇場 【司会】堺正章、藤原紀香
 
各賞受賞者
大賞
『I Wish For You』EXILE
優秀作品賞
『I Wish For You』EXILE
『逢いたい理由』AAA
『ありがとう』いきものがかり
『Tell Me Goodbye』BIGBANG
『トイレの神様』植村花菜
『虹色のバイヨン』氷川きよし
『New World』w-inds.
『Beginner』AKB48
『松島紀行』水森かおり
『Ready to be a lady』GIRL NEXT DOOR
最優秀歌唱賞
『心 ざんばら』近藤真彦
最優秀新人賞
『夢見る 15歳』スマイレージ
新人賞
・ICONIQ
・菊地まどか
・少女時代
・スマイレージ
特別賞
『また君に恋してる』 坂本冬美
最優秀アルバム賞
『ハジマリノウタ』いきものがかり
優秀アルバム賞
『ARE YOU READY?』 斉藤和義
『JUJU』 JUJU
『少年少女』 中村中
『to LOVE』 西野カナ
作曲賞
・FUNKY MONKEY BABYS/川村結花 (『あとひとつ』FUNKY MONKEY BABYS)
作詩賞
・植村花菜 (『トイレの神様』植村花菜)
編曲賞
・Jin Nakamura (『ふたつの唇』EXILE)
企画賞
『あの素晴しい曲をもう一度〜富澤一誠・名曲ガイド。時代が生んだ名曲39曲〜』
『KARA SPECIAL PREMIUM BOX FOR JAPAN』 KARA
『16粒の愛の物語』 天童よしみ
『世紀のビッグショー 美空ひばりと石原裕次郎 ヒットパレード(上)』
『世紀のビッグショー 石原裕次郎と美空ひばり ヒットパレード(下)』
『世紀のビッグショー 石原裕次郎と美空ひばり 二人の愛唱歌(上)』
『世紀のビッグショー 美空ひばりと石原裕次郎 二人の愛唱歌(下)』
『世紀のビッグショー スペシャルCD』
『Dear Friends BOX』 岩崎宏美
日本作曲家協会選奨
・さくらまや
音楽文化賞
・加山雄三
特別功労賞
・石井好子
・江口浩司
・谷啓
・星野哲郎
・吉岡治
 
2008-09年 < ・・・ > 2012-13年


HOME音楽TOP日本レコード大賞 > 2010-11年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です