新日プロレスG1 CLIMAX‥1991-99年大会の最終順位は?


ホームスポーツTOP新日本プロレス G1 CLIMAX > 1991-99年

1991年から新日本プロレスで毎年行われるヘビー級シングルマッチのリーグ戦「G1 CLIMAX」。今回は1991年(第1回)~1999年(第9回)の優勝者と全出場選手の最終順位を調べてみました。

第9回 / 1999年 (平成11年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】中西学武藤敬司
アルゼンチンバックブリーカー (14分43秒) / 両国国技館
【A代表決定戦】武藤敬司 - 永田裕志
【A1位】武藤敬司 (8点)
【A1位】永田裕志 (8点)
【A3位】藤波辰爾 (6点)
【A3位】佐々木健介 (6点)
【A5位】小島聡 (2点)
【A6位】安田忠夫 (0点)
【B1位】中西学 (8点)
【B2位】蝶野正洋 (6点)
【B2位】越中詩郎 (6点)
【B2位】天山広吉 (6点)
【B5位】橋本真也 (4点)
【B6位】山崎一夫 (0点)
 
第8回 / 1998年 (平成10年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】橋本真也山崎一夫
垂直落下式DDT (15分34秒) / 両国国技館
【準決勝】山崎一夫 - 蝶野正洋
【準決勝】橋本真也 - 小島聡
【準々決勝】蝶野正洋 - 越中詩郎
【準々決勝】山崎一夫 - 佐々木健介
【準々決勝】小島聡 - 安田忠夫
【準々決勝】橋本真也 - 天龍源一郎
【1回戦】蝶野正洋 - 中西学
【1回戦】越中詩郎 - 西村修
【1回戦】佐々木健介 - 小原道由
【1回戦】山崎一夫 - 藤波辰爾
【1回戦】小島聡 - 天山広吉
【1回戦】安田忠夫 - ビッグ・タイトン
【1回戦】天龍源一郎 - 武藤敬司
【1回戦】橋本真也 - 後藤達俊
 
第7回 / 1997年 (平成9年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】佐々木健介天山広吉
ノーザンライトボム (8分09秒) / 両国国技館
【準決勝】天山広吉 - 橋本真也
【準決勝】佐々木健介 - スコット・ノートン
【準々決勝】橋本真也 - 蝶野正洋
【準々決勝】天山広吉 - 小島聡
【準々決勝】スコット・ノートン - グレート・ムタ
【1回戦】蝶野正洋 - 小原道由
【1回戦】橋本真也 - 山崎一夫
【1回戦】小島聡 - ロード・スティーブン・リーガル
【1回戦】天山広吉 - 安田忠夫
【1回戦】スコット・ノートン - 平田淳嗣
【1回戦】グレート・ムタ - 中西学
【1回戦】佐々木健介 - バフ・バグウェル
 
第6回 / 1996年 (平成8年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】長州力蝶野正洋
サソリ固め (13分45秒) / 両国国技館
【A1位】長州力 (8点)
【A2位】佐々木健介 (6点)
【A3位】天山広吉 (4点)
【A4位】橋本真也 (2点)
【A5位】平田淳嗣 (0点)
【B1位】蝶野正洋 (6点)
【B2位】武藤敬司 (4点)
【B2位】越中詩郎 (4点)
【B2位】山崎一夫 (4点)
【B5位】小島聡 (2点)
 
第5回 / 1995年 (平成7年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】武藤敬司橋本真也
ムーンサルトプレス (24分08秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】武藤敬司- S・ノートン
【決勝T・準決勝】橋本真也 - 蝶野正洋
【A1位】武藤敬司 (4点)
【A2位】蝶野正洋 (3点)
【A3位】リック・フレアー (3点)
【A4位】越中詩郎 (2点)
【B1位】橋本真也 (4点)
【B2位】スコット・ノートン (4点)
【B3位】佐々木健介 (2点)
【B3位】天山広吉 (2点)
 
第4回 / 1994年 (平成6年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】蝶野正洋パワー・ウォリアー
STF (21分51秒) / 両国国技館
【A1位】蝶野正洋 (8点)
【A2位】長州力 (6点)
【A2位】武藤敬司 (6点)
【A4位】藤原喜明 (4点)
【A4位】谷津嘉章 (4点)
【A6位】木戸修 (2点)
【B1位】パワー・ウォリアー (7点)
【B2位】藤波辰爾 (6点)
【B2位】橋本真也 (6点)
【B2位】馳浩 (6点)
【B5位】越中詩郎 (5点)
【B6位】飯塚孝之 (0点)
 
第3回 / 1993年 (平成5年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】藤波辰爾馳浩
サソリ固め (21分49秒) / 両国国技館
【準決勝】馳浩 - 蝶野正洋
【準決勝】藤波辰爾 - 武藤敬司
【準々決勝】馳浩 - 木村健悟
【準々決勝】蝶野正洋 - 冬木弘道
【準々決勝】藤波辰爾 - 木戸修
【準々決勝】武藤敬司 - スーパー・ストロング・マシン
【1回戦】馳浩 - 橋本真也
【1回戦】木村健悟 - 小原道由
【1回戦】冬木弘道 - 飯塚孝之
【1回戦】蝶野正洋 - 阿修羅・原
【1回戦】藤波辰爾 - 藤原喜明
【1回戦】木戸修 - 石川敬士
【1回戦】スーパー・ストロング・マシン - 越中詩郎
【1回戦】武藤敬司 - ザ・グレート・カブキ
 
第2回 / 1992年 (平成4年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】蝶野正洋リック・ルード
ダイビングショルダーアタック (29分44秒) / 両国国技館
【準決勝】蝶野正洋 - 武藤敬司
【準決勝】リック・ルード - 佐々木健介
【準々決勝】武藤敬司 - スティーブ・オースチン
【準々決勝】蝶野正洋 - スコット・ノートン
【準々決勝】佐々木健介 - テリー・テイラー
【準々決勝】リック・ルード - 橋本真也
【1回戦】スティーブ・オースチン - アーン・アンダーソン
【1回戦】武藤敬司 - バリー・ウインダム
【1回戦】蝶野正洋 - トニー・ホーム
【1回戦】スコット・ノートン - C・バンバン・ビガロ
【1回戦】佐々木健介 - ジム・ナイドハート
【1回戦】テリー・テイラー - 馳浩
【1回戦】橋本真也 - ザ・バーバリアン
【1回戦】リック・ルード - スーパー・ストロング・マシン
 
第1回 / 1991年 (平成3年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】蝶野正洋武藤敬司
パワーボム (29分03秒) / 両国国技館
【B1位決定戦】蝶野正洋 - 橋本真也
【A1位】武藤敬司 (4点)
【A2位】藤波辰爾 (3点)
【A2位】スコット・ノートン (3点)
【A4位】ビッグバン・ベイダー (2点)
【B1位】蝶野正洋 (5点)
【B1位】橋本真也 (5点)
【B3位】クラッシャー・バンバン・ビガロ (2点)
【B4位】長州力 (0点)
 
・・・ > 2000-09年


ホームスポーツTOP新日本プロレス G1 CLIMAX > 1991-99年



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です