新日プロレスG1 CLIMAX‥2000-09年大会の最終順位は?

 

ホームスポーツ新日本プロレス G1 CLIMAX > 2000-09年

1991年から新日本プロレスで毎年行われるヘビー級シングルマッチのリーグ戦「G1 CLIMAX」。今回は2000年(第10回)~2009年(第19回)の優勝者と全出場選手の最終順位を調べてみました。

第19回 / 2009年 (平成21年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】真壁刀義中邑真輔
キングコングニードロップ (18分29秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】真壁刀義 - 杉浦貴
【決勝T・準決勝】中邑真輔 - 棚橋弘至
【A1位】真壁刀義 (7点)
【A1位】棚橋弘至 (7点)
【A3位】田中将斗 (7点)
【A4位】矢野通 (6点)
【A4位】大森隆男 (6点)
【A6位】ジャイアント・バーナード (5点)
【A7位】TAJIRI (4点)
【B1位】中邑真輔 (12点)
【B2位】杉浦貴 (7点)
【B3位】中西学 (6点)
【B3位】後藤洋央紀 (6点)
【B5位】永田裕志 (5点)
【B6位】天山広吉 (4点)
【B7位】飯塚高史 (2点)
 
第18回 / 2008年 (平成20年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】後藤洋央紀真壁刀義
昇天・改 (22分25秒) / 両国国技館
【A1位】真壁刀義 (8点)
【A2位】小島聡 (7点)
【A2位】大谷晋二郎 (7点)
【A4位】中西学 (6点)
【A4位】ジャイアント・バーナード (6点)
【A6位】棚橋弘至 (4点)
【A6位】井上亘 (4点)
【B1位】後藤洋央紀 (8点)
【B2位】中邑真輔 (8点)
【B3位】川田利明 (7点)
【B3位】吉江豊 (7点)
【B5位】永田裕志 (6点)
【B6位】矢野通 (4点)
【B7位】天山広吉 (2点)
 
第17回 / 2007年 (平成19年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】棚橋弘至永田裕志
ハイフライフロー (19分02秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】棚橋弘至 - 真壁刀義
【決勝T・準決勝】永田裕志 - 中邑真輔
【A1位】真壁刀義 (6点)
【A2位】永田裕志 (6点)
【A3位】ジャイアント・バーナード (5点)
【A3位】曙 (5点)
【A5位】蝶野正洋 (4点)
【A5位】天山広吉 (4点)
【B1位】中邑真輔 (7点)
【B2位】棚橋弘至 (6点)
【B3位】矢野通 (5点)
【B4位】中西学 (4点)
【B4位】越中詩郎 (4点)
【B4位】ミラノコレクションA.T. (4点)
 
第16回 / 2006年 (平成18年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】天山広吉小島聡
TTD (27分36秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】小島聡 - 金本浩二
【決勝T・準決勝】天山広吉 - G・バーナード
【A1位】小島聡 (7点)
【A2位】ジャイアント・バーナード (5点)
【A3位】棚橋弘至 (4点)
【A4位】中西学 (2点)
【A4位】獣神サンダー・ライガー (2点)
【B1位】天山広吉 (8点)
【B2位】金本浩二 (5点)
【B3位】永田裕志 (4点)
【B4位】真壁刀義 (3点)
【B5位】山本尚史 (0点)
 
第15回 / 2005年 (平成17年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】蝶野正洋藤田和之
シャイニングケンカキック (8分52秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】蝶野正洋 - 中邑真輔
【決勝T・準決勝】藤田和之 - 川田利明
【A1位】蝶野正洋 (10点)
【A2位】川田利明 (10点)
【A3位】天山広吉 (8点)
【A3位】永田裕志 (8点)
【A5位】鈴木みのる (6点)
【A6位】西村修 (5点)
【A6位】ケンドー・カシン (5点)
【A8位】藤波辰爾 (4点)
【B1位】藤田和之 (14点)
【B2位】中邑真輔 (11点)
【B3位】中西学 (10点)
【B4位】棚橋弘至 (7点)
【B5位】吉江豊 (6点)
【B6位】矢野通 (4点)
【B6位】後藤達俊 (4点)
【B8位】真壁刀義 (0点)
 
第14回 / 2004年 (平成16年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】天山広吉棚橋弘至
アナコンダバイス (21分01秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】天山広吉 - 柴田勝頼
【決勝T・準決勝】棚橋弘至 - 天龍源一郎
【決勝T・準々決勝】天山広吉 - 中邑真輔
【決勝T・準々決勝】天龍源一郎 - 佐々木健介
【A3位決定戦】中邑真輔 - 蝶野正洋
【A1位】柴田勝頼 (8点)
【A2位】天龍源一郎 (8点)
【A3位】蝶野正洋 (8点)
【A3位】中邑真輔 (8点)
【A5位】永田裕志 (8点)
【A5位】鈴木みのる (8点)
【A7位】ブルー・ウルフ (4点)
【A8位】吉江豊 (2点)
【B1位】棚橋弘至 (12点)
【B2位】天山広吉 (11点)
【B3位】佐々木健介 (9点)
【B4位】西村修 (6点)
【B4位】金本浩二 (6点)
【B4位】中西学 (6点)
【B7位】真壁刀義 (4点)
【B8位】高山善廣 (2点)
 
第13回 / 2003年 (平成15年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】天山広吉秋山準
アナコンダバイス (31分43秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】秋山準 - 永田裕志
【決勝T・準決勝】天山広吉 - 高山善廣
【B2位決定戦】永田裕志 - 柴田勝頼
【A1位】秋山準 (7点)
【A2位】天山広吉 (6点)
【A3位】蝶野正洋 (5点)
【A4位】西村修 (4点)
【A4位】棚橋弘至 (4点)
【A4位】中西学 (4点)
【B1位】高山善廣 (8点)
【B2位】永田裕志 (5点)
【B2位】柴田勝頼 (5点)
【B4位】吉江豊 (4点)
【B4位】中邑真輔 (4点)
【B4位】安田忠夫 (4点)
 
第12回 / 2002年 (平成14年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】蝶野正洋高山善廣
ケンカキック (20分23秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】高山善廣 - 西村修
【決勝T・準決勝】蝶野正洋 - 天山広吉
【B2位決定戦】西村修 - 中西学
【A1位】高山善廣 (8点)
【A2位】天山広吉 (6点)
【A3位】佐々木健介 (6点)
【A4位】越中詩郎 (4点)
【A4位】棚橋弘至 (4点)
【A6位】吉江豊 (2点)
【B1位】蝶野正洋 (7点)
【B2位】中西学 (5点)
【B2位】西村修 (5点)
【B4位】永田裕志 (5点)
【B5位】鈴木健想 (4点)
【B5位】安田忠夫 (4点)
 
第11回 / 2001年 (平成13年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】永田裕志武藤敬司
ナガタロックII (22分03秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】武藤敬司 - 安田忠夫
【決勝T・準決勝】永田裕志 - 蝶野正洋
【A1位】永田裕志 (7点)
【A2位】安田忠夫 (6点)
【A3位】中西学 (6点)
【A4位】村上一成 (5点)
【A5位】藤波辰爾 (4点)
【A6位】田中稔 (2点)
【B1位】武藤敬司 (8点)
【B2位】蝶野正洋 (6点)
【B3位】天山広吉 (6点)
【B4位】小島聡 (4点)
【B5位】西村修 (3点)
【B5位】獣神サンダー・ライガー (3点)
 
第10回 / 2000年 (平成12年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】佐々木健介中西学
逆エビ固め (19分42秒) / 両国国技館
【決勝T・準決勝】佐々木健介 - 永田裕志
【決勝T・準決勝】中西学 - 蝶野正洋
【A1位】永田裕志 (3点)
【A2位】飯塚高史 (3点)
【A3位】藤波辰爾 (2点)
【A4位】後藤達俊 (1点)
【A4位】獣神サンダー・ライガー (1点)
【B1位】佐々木健介 (3点)
【B2位】ブライアン・ジョンストン (2点)
【B2位】小島聡 (2点)
【B4位】木戸修 (0点)
【B4位】ヒロ斉藤 (0点)
【C1位】中西学 (3点)
【C2位】天山広吉 (3点)
【C3位】安田忠夫 (2点)
【C3位】西村修 (2点)
【C5位】鈴木健三 (0点)
【D1位】蝶野正洋 (3点)
【D2位】越中詩郎 (2点)
【D2位】平田淳嗣 (2点)
【D2位】吉江豊 (2点)
【D5位】高岩竜一 (1点)
 
1991-99年 < ・・・ > 2010-19年


ホームスポーツ新日本プロレス G1 CLIMAX > 2000-09年

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です