新日プロレスG1 CLIMAX‥2010-19年大会の最終順位は?

 

ホームスポーツ新日本プロレス G1 CLIMAX > 2010-19年

1991年から新日本プロレスで毎年行われるヘビー級シングルマッチのリーグ戦「G1 CLIMAX」。今回は2010年(第20回)~2019年(第29回)の優勝者と全出場選手の最終順位を調べてみました。

第29回 / 2019年 (令和元年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】飯伏幸太ジェイ・ホワイト
カミゴェ (31分01秒) / 日本武道館
【A1位】飯伏幸太 (14点)
【A2位】オカダ・カズチカ (14点)
【A3位】棚橋弘至 (8点)
【A3位】ウィル・オズプレイ (8点)
【A3位】EVIL (8点)
【A3位】SANADA (8点)
【A3位】バッドラック・ファレ (8点)
【A3位】ザック・セイバーJr (8点)
【A3位】KENTA (8点)
【A10位】ランス・アーチャー (6点)
【B1位】ジェイ・ホワイト (12点)
【B2位】後藤洋央紀 (10点)
【B2位】ジョン・モクスリー (10点)
【B2位】内藤哲也 (10点)
【B5位】ジュース・ロビンソン (8点)
【B5位】石井智宏 (8点)
【B5位】矢野通 (8点)
【B5位】ジェフ・コブ (8点)
【B5位】鷹木慎悟 (8点)
【B5位】タイチ (8点)
 
第28回 / 2018年 (平成30年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】棚橋弘至飯伏幸太
ハイフライフロー (35分00秒) / 日本武道館
【A1位】棚橋弘至 (15点)
【A2位】オカダ・カズチカ (13点)
【A3位】ジェイ・ホワイト (12点)
【A4位】EVIL (10点)
【A4位】鈴木みのる (10点)
【A6位】真壁刀義 (6点)
【A6位】マイケル・エルガン (6点)
【A6位】YOSHI-HASHI (6点)
【A6位】バッドラック・ファレ (6点)
【A6位】ハングマン・ペイジ (6点)
【B1位】飯伏幸太 (12点)
【B2位】ケニー・オメガ (12点)
【B2位】内藤哲也 (12点)
【B2位】ザック・セイバーJr (12点)
【B5位】石井智宏 (10点)
【B6位】SANADA (8点)
【B7位】ジュース・ロビンソン (6点)
【B7位】後藤洋央紀 (6点)
【B7位】矢野通 (6点)
【B7位】タマ・トンガ (6点)
 
第27回 / 2017年 (平成29年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】内藤哲也ケニー・オメガ
デスティーノ (34分35秒) / 両国国技館
【A1位】内藤哲也 (14点)
【A2位】棚橋弘至 (12点)
【A2位】バッドラック・ファレ (12点)
【A4位】飯伏幸太 (10点)
【A4位】後藤洋央紀 (10点)
【A4位】ザック・セイバーJr (10点)
【A7位】真壁刀義 (8点)
【A7位】石井智宏 (8点)
【A9位】YOSHI-HASHI (4点)
【A10位】永田裕志 (2点)
【B1位】ケニー・オメガ (14点)
【B2位】オカダ・カズチカ (13点)
【B3位】EVIL (12点)
【B4位】鈴木みのる (9点)
【B5位】マイケル・エルガン (8点)
【B5位】ジュース・ロビンソン (8点)
【B5位】矢野通 (8点)
【B5位】タマ・トンガ (8点)
【B5位】SANADA (8点)
【B10位】小島聡 (2点)
 
第26回 / 2016年 (平成28年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】ケニー・オメガ後藤洋央紀
片翼の天使 (26分49秒) / 両国国技館
【A1位】後藤洋央紀 (12点)
【A2位】棚橋弘至 (11点)
【A2位】オカダ・カズチカ (11点)
【A4位】バッドラック・ファレ (10点)
【A4位】丸藤正道 (10点)
【A6位】真壁刀義 (8点)
【A6位】タマ・トンガ (8点)
【A6位】石井智宏 (8点)
【A6位】SANADA (8点)
【A10位】天山広吉 (6点)
【B1位】ケニー・オメガ (12点)
【B2位】内藤哲也 (12点)
【B3位】柴田勝頼 (10点)
【B3位】マイケル・エルガン (10点)
【B3位】矢野通 (10点)
【B3位】中嶋勝彦 (10点)
【B7位】EVIL (8点)
【B8位】永田裕志 (6点)
【B8位】本間朋晃 (6点)
【B8位】YOSHI-HASHI (6点)
 
第25回 / 2015年 (平成27年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】棚橋弘至中邑真輔
ハイフライフロー (32分15秒) / 両国国技館
【A1位】棚橋弘至 (14点)
【A2位】AJスタイルズ (12点)
【A3位】内藤哲也 (10点)
【A3位】バッドラック・ファレ (10点)
【A5位】真壁刀義 (8点)
【A5位】柴田勝頼 (8点)
【A5位】飯伏幸太 (8点)
【A5位】矢野通 (8点)
【A9位】天山広吉 (6点)
【A9位】ドク・ギャローズ (6点)
【B1位】中邑真輔 (14点)
【B2位】オカダ・カズチカ (14点)
【B3位】後藤洋央紀 (12点)
【B3位】カール・アンダーソン (12点)
【B5位】石井智宏 (10点)
【B6位】マイケル・エルガン (8点)
【B7位】高橋裕二郎 (6点)
【B7位】小島聡 (6点)
【B7位】永田裕志 (6点)
【B10位】本間朋晃 (2点)
 
第24回 / 2014年 (平成26年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】オカダ・カズチカ中邑真輔
レインメーカー (23分18秒) / 西武ドーム
【A1位】中邑真輔 (16点)
【A2位】棚橋弘至 (14点)
【A3位】柴田勝頼 (12点)
【A3位】バッドラック・ファレ (12点)
【A5位】小島聡 (10点)
【A5位】石井智宏 (10点)
【A5位】シェルトン・X・ベンジャミン (10点)
【A5位】デイビーボーイ・スミスJr. (10点)
【A9位】永田裕志 (8点)
【A9位】ドク・ギャローズ (8点)
【A11位】本間朋晃 (0点)
【B1位】オカダ・カズチカ (16点)
【B2位】AJスタイルズ (16点)
【B3位】カール・アンダーソン (10点)
【B4位】鈴木みのる (10点)
【B5位】内藤哲也 (10点)
【B6位】真壁刀義 (8点)
【B6位】後藤洋央紀 (8点)
【B6位】天山広吉 (8点)
【B6位】矢野通 (8点)
【B6位】ランス・アーチャー (8点)
【B6位】高橋裕二郎 (8点)
 
第23回 / 2013年 (平成25年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】内藤哲也棚橋弘至
スターダストプレス (26分44秒) / 両国国技館
【A1位】棚橋弘至 (11点)
【A2位】真壁刀義 (10点)
【A2位】デイビーボーイ・スミスJr. (10点)
【A2位】プリンス・デヴィット (10点)
【A2位】柴田勝頼 (10点)
【A6位】オカダ・カズチカ (9点)
【A7位】後藤洋央紀 (8点)
【A7位】小島聡 (8点)
【A7位】ランス・アーチャー (8点)
【A10位】石井智宏 (6点)
【B1位】内藤哲也 (10点)
【B2位】永田裕志 (10点)
【B2位】中邑真輔 (10点)
【B2位】鈴木みのる (10点)
【B2位】シェルトン・X・ベンジャミン (10点)
【B2位】カール・アンダーソン (10点)
【B7位】高橋裕二郎 (8点)
【B7位】飯伏幸太 (8点)
【B9位】天山広吉 (6点)
【B9位】矢野通 (6点)
 
第22回 / 2012年 (平成24年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】オカダ・カズチカカール・アンダーソン
レインメーカー (23分19秒) / 両国国技館
【A1位】カール・アンダーソン (10点)
【A2位】棚橋弘至 (10点)
【A3位】小島聡 (8点)
【A3位】永田裕志 (8点)
【A3位】シェルトン・ベンジャミン (8点)
【A3位】丸藤正道 (8点)
【A3位】鈴木みのる (8点)
【A8位】矢野通 (6点)
【A8位】高橋裕二郎 (6点)
【B1位】オカダ・カズチカ (10点)
【B2位】真壁刀義 (8点)
【B2位】天山広吉 (8点)
【B2位】後藤洋央紀 (8点)
【B2位】内藤哲也 (8点)
【B2位】MVP (8点)
【B2位】中邑真輔 (8点)
【B2位】ランス・アーチャー (8点)
【B9位】ルーシュ (6点)
 
第21回 / 2011年 (平成23年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】中邑真輔内藤哲也
ボマイェ (20分19秒) / 両国国技館
【A1位】内藤哲也 (12点)
【A2位】棚橋弘至 (12点)
【A3位】真壁刀義 (10点)
【A3位】永田裕志 (10点)
【A3位】ジャイアント・バーナード (10点)
【A3位】矢野通 (10点)
【A3位】高山善廣 (10点)
【A8位】ランス・アーチャー (8点)
【A9位】高橋裕二郎 (6点)
【A10位】ヒデオ・サイト― (2点)
【B1位】中邑真輔 (14点)
【B2位】後藤洋央紀 (12点)
【B2位】小島聡 (12点)
【B2位】MVP (12点)
【B2位】鈴木みのる (12点)
【B6位】天山広吉 (8点)
【B6位】カール・アンダーソン (8点)
【B8位】井上亘 (4点)
【B8位】ラ・ソンブラ (4点)
【B10位】ストロングマン (2点)
 
第20回 / 2010年 (平成22年)
優勝 / 順位表
【優勝決定戦】小島聡棚橋弘至
ラリアット (21分25秒) / 両国国技館
【A1位】棚橋弘至 (9点)
【A2位】真壁刀義 (8点)
【A2位】中西学 (8点)
【A2位】矢野通 (8点)
【A5位】プリンス・デヴィット (8点)
【A6位】内藤哲也 (7点)
【A7位】カール・アンダーソン (4点)
【A7位】ストロングマン (4点)
【B1位】小島聡 (10点)
【B2位】中邑真輔 (9点)
【B2位】潮崎豪 (9点)
【B4位】後藤洋央紀 (8点)
【B4位】永田裕志 (8点)
【B6位】ジャイアント・バーナード (6点)
【B7位】高橋裕二郎 (4点)
【B8位】井上亘 (2点)
 
2000-09年 < ・・・ > 2020年-


ホームスポーツ新日本プロレス G1 CLIMAX > 2010-19年

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です