日本の総理大臣‥歴代首相の出身と在籍日数って? 1885年~現在

 

ホーム流行・文化 > 日本の総理大臣

1885年(明治18年)に初代内閣が発足し現在まで日本の内閣総理大臣は誰が務めてきたのか。歴代首相の出身地と在籍期間(日数)を調べてみました。(2020年9月16日現在)

▼歴代総理大臣 ▼在籍日数ランキング

歴代総理大臣
氏名 / 出身 在籍期間 在籍日数
菅義偉 (秋田) 99 / 2020年09月16日(令和2年)
※2020/09/16現在
安倍晋三 (東京) 98 / 2017年11月01日(平成29年)2020年09月16日(令和2年)
97 / 2014年12月24日(平成26年)~2017年11月01日(平成29年)
96 / 2012年12月26日(平成24年)~2014年12月24日(平成26年)
2822日 (累計3188日)
野田佳彦 (千葉) 95 / 2011年09月02日(平成23年)2012年12月26日(平成24年)
482日
菅直人 (山口) 94 / 2010年06月08日(平成22年)2011年09月02日(平成23年)
452日
鳩山由紀夫 (東京) 93 / 2009年09月16日(平成21年)2010年06月08日(平成22年)
266日
麻生太郎 (福岡) 92 / 2008年09月24日(平成20年)2009年09月16日(平成21年)
358日
福田康夫 (東京) 91 / 2007年09月26日(平成19年)2008年09月24日(平成20年)
365日
安倍晋三 (東京) 90 / 2006年09月26日(平成18年)2007年09月26日(平成19年)
366日
小泉純一郎 (神奈川) 89 / 2005年09月21日(平成17年)2006年09月26日(平成18年)
88 / 2003年11月09日(平成15年)~2005年09月21日(平成17年)
87 / 2001年04月26日(平成13年)~2003年11月09日(平成15年)
1980日
森喜朗 (石川) 86 / 2000年07月04日(平成12年)2001年04月26日(平成13年)
85 / 2000年04月05日(平成12年)~2000年07月04日(平成12年)
387日
小渕恵三 (群馬) 84 / 1998年07月30日(平成10年)2000年04月05日(平成12年)
616日
橋本龍太郎 (東京) 83 / 1996年11月07日(平成8年)1998年07月30日(平成10年)
82 / 1996年01月11日(平成8年)~1996年11月07日(平成8年)
932日
村山富市 (大分) 81 / 1994年06月30日(平成6年)1996年01月11日(平成8年)
561日
羽田孜 (東京) 80 / 1994年04月28日(平成6年)1994年06月30日(平成6年)
64日
細川護熙 (東京) 79 / 1993年08月09日(平成5年)1994年04月28日(平成6年)
263日
宮澤喜一 (東京) 78 / 1991年11月05日(平成3年)1993年08月09日(平成5年)
644日
海部俊樹 (愛知) 77 / 1990年02月28日(平成2年)1991年11月05日(平成3年)
76 / 1989年08月10日(平成元年)~1990年02月28日(平成2年)
818日
宇野宗佑 (滋賀) 75 / 1989年06月03日(平成元年)1989年08月10日(平成元年)
69日
竹下登 (島根) 74 / 1987年11月06日(昭和62年)1989年06月03日(平成元年)
576日
中曽根康弘 (群馬) 73 / 1986年07月22日(昭和61年)1987年11月06日(昭和62年)
72 / 1983年12月17日(昭和58年)~1986年07月22日(昭和61年)
71 / 1982年11月27日(昭和57年)~1983年12月17日(昭和58年)
1806日
鈴木善幸 (岩手) 70 / 1980年07月17日(昭和55年)1982年11月27日(昭和57年)
864日
大平正芳 (香川) 69 / 1979年11月09日(昭和54年)1980年06月12日(昭和55年)
68 / 1978年12月07日(昭和53年)1979年11月09日(昭和54年)
554日
福田赳夫 (群馬) 67 / 1976年12月24日(昭和51年)1978年12月07日(昭和53年)
714日
三木武夫 (徳島) 66 / 1974年12月09日(昭和49年)1976年12月24日(昭和51年)
747日
田中角栄 (新潟) 65 / 1972年12月22日(昭和47年)1974年12月09日(昭和49年)
64 / 1972年07月07日(昭和47年)~1972年12月22日(昭和47年)
886日
佐藤栄作 (山口) 63 / 1970年01月14日(昭和39年)1972年07月07日(昭和47年)
62 / 1967年02月17日(昭和42年)~1970年01月14日(昭和39年)
61 / 1964年11月09日(昭和39年)~1967年02月17日(昭和42年)
2798日
池田勇人 (広島) 60 / 1963年12月09日(昭和38年)1964年11月09日(昭和39年)
59 / 1960年12月08日(昭和35年)~1963年12月09日(昭和38年)
58 / 1960年07月19日(昭和35年)~1960年12月08日(昭和35年)
1575日
岸信介 (山口) 57 / 1958年06月12日(昭和33年)1960年07月19日(昭和35年)
56 / 1957年02月25日(昭和32年)~1958年06月12日(昭和33年)
1241日
石橋湛山 (東京) 55 / 1956年12月23日(昭和31年)1957年02月25日(昭和32年)
65日
鳩山一郎 (東京) 54 / 1955年11月22日(昭和30年)1956年12月23日(昭和31年)
53 / 1955年03月19日(昭和30年)~1955年11月22日(昭和30年)
52 / 1954年12月10日(昭和29年)~1955年03月19日(昭和30年)
745日
吉田茂 (東京) 51 / 1953年05月21日(昭和28年)1954年12月10日(昭和29年)
50 / 1952年10月30日(昭和27年)~1953年05月21日(昭和28年)
49 / 1949年02月16日(昭和24年)~1952年10月30日(昭和27年)
48 / 1948年10月15日(昭和23年)~1949年02月16日(昭和24年)
2248日 (累計2616日)
 
氏名 / 出身 在籍期間 在籍日数
芦田均 (京都) 47 / 1948年03月10日(昭和23年)1948年10月15日(昭和23年)
220日
片山哲 (和歌山) 46 / 1947年05月24日(昭和22年)1948年03月10日(昭和23年)
292日
吉田茂 (東京) 45 / 1946年05月22日(昭和21年)1947年05月24日(昭和22年)
368日
幣原喜重郎 (大阪) 44 / 1945年10月09日(昭和20年)1946年05月22日(昭和21年)
226日
東久邇宮稔彦王 (京都) 43 / 1945年08月17日(昭和20年)1945年10月09日(昭和20年)
54日
鈴木貫太郎 (大阪) 42 / 1945年04月07日(昭和20年)1945年08月17日(昭和20年)
133日
小磯國昭 (栃木) 41 / 1944年07月22日(昭和19年)1945年04月07日(昭和20年)
260日
東條英機 (東京) 40 / 1941年10月18日(昭和16年)1944年07月22日(昭和19年)
1009日
近衛文麿 (東京) 39 / 1941年07月18日(昭和16年)1941年10月18日(昭和16年)
38 / 1940年07月22日(昭和15年)~1941年07月18日(昭和16年)
454日 (累計1035日)
米内光政 (岩手) 37 / 1940年01月16日(昭和15年)1940年07月22日(昭和15年)
189日
阿部信行 (石川) 36 / 1939年08月30日(昭和14年)1940年01月16日(昭和15年)
140日
平沼騏一郎 (岡山) 35 / 1939年01月05日(昭和14年)1939年08月30日(昭和14年)
238日
近衛文麿 (東京) 34 / 1937年06月04日(昭和12年)1939年01月05日(昭和14年)
581日
林銑十郎 (石川) 33 / 1937年02月02日(昭和12年)1937年06月04日(昭和12年)
123日
廣田弘毅 (福岡) 32 / 1936年03月09日(昭和11年)1937年02月02日(昭和12年)
331日
岡田啓介 (福井) 31 / 1934年07月08日(昭和9年)1936年03月09日(昭和11年)
611日
斎藤実 (岩手) 30 / 1932年05月26日(昭和7年)1934年07月08日(昭和9年)
774日
犬養毅 (岡山) 29 / 1931年12月13日(昭和6年)1932年05月26日(昭和7年)
156日
若槻禮次郎 (島根) 28 / 1931年04月14日(昭和6年)1932年12月13日(昭和6年)
244日 (累計690日)
濱口雄幸 (高知) 27 / 1929年07月02日(昭和5年)1931年04月14日(昭和6年)
652日
田中義一 (山口) 26 / 1927年04月20日(昭和2年)1929年07月02日(昭和5年)
805日
若槻禮次郎 (島根) 25 / 1926年01月30日(大正15年)1927年04月20日(昭和2年)
446日
加藤高明 (愛知) 24 / 1924年06月11日(大正13年)1926年01月28日(大正15年)
597日
清浦奎吾 (熊本) 23 / 1924年01月07日(大正13年)1924年06月11日(大正13年)
157日
山本権兵衛 (鹿児島) 22 / 1923年09月02日(大正12年)1924年01月07日(大正13年)
128日 (累計549日)
加藤友三郎 (広島) 21 / 1922年06月12日(大正11年)1923年08月24日(大正12年)
439日
高橋是清 (東京) 20 / 1921年11月13日(大正10年)1922年06月12日(大正11年)
212日
原敬 (岩手) 19 / 1918年09月29日(大正7年)1921年11月04日(大正10年)
1133日
寺内正毅 (山口) 18 / 1916年10月09日(大正5年)1918年09月29日(大正7年)
721日
大隈重信 (佐賀) 17 / 1914年04月16日(大正3年)1916年10月09日(大正5年)
908日 (累計1040日)
山本権兵衛 (鹿児島) 16 / 1913年02月20日(大正2年)1914年04月16日(大正3年)
421日
桂太郎 (山口) 15 / 1912年12月21日(大正元年)1913年02月20日(大正2年)
62日 (累計2886日)
西園寺公望 (京都) 14 / 1911年08月30日(明治44年)1912年12月21日(大正元年)
480日 (累計1400日)
桂太郎 (山口) 13 / 1908年07月14日(明治41年)1911年08月30日(明治44年)
1143日 (累計2824日)
西園寺公望 (京都) 12 / 1906年01月07日(明治39年)1908年07月14日(明治41年)
920日
桂太郎 (山口) 11 / 1901年06月02日(明治34年)1906年01月07日(明治39年)
1681日
伊藤博文 (山口) 10 / 1900年10月19日(明治33年)1901年05月10日(明治34年)
204日 (累計2720日)
山縣有朋 (山口) / 1898年11月08日(明治31年)1900年10月19日(明治33年)
711日 (累計1210日)
大隈重信 (佐賀) / 1898年06月30日(明治31年)1898年11月08日(明治31年)
132日
伊藤博文 (山口) / 1898年01月12日(明治31年)1898年06月30日(明治31年)
170日 (累計2516日)
松方正義 (鹿児島) / 1896年09月18日(明治29年)1898年01月12日(明治31年)
482日 (累計943日)
伊藤博文 (山口) / 1892年08月08日(明治25年)1896年08月31日(明治29年)
1485日 (累計2346日)
松方正義 (鹿児島) / 1891年05月06日(明治24年)1892年08月08日(明治25年)
461日
山縣有朋 (山口) / 1889年12月24日(明治22年)1891年05月06日(明治24年)
499日
黒田清隆 (鹿児島) / 1888年04月30日(明治21年)1889年10月25日(明治22年)
544日
伊藤博文 (山口) / 1885年12月22日(明治18年)1888年04月30日(明治21年)
861日
 

・・・

累計在籍日数ランキング (2020/09/16現在)
順位 氏名 日数
1位安倍晋三3188日 (2006年-2020年)
2位桂太郎2886日 (1901年-1913年)
3位佐藤栄作2798日 (1964年-1972年)
4位伊藤博文2720日 (1885年-1901年)
5位吉田茂2616日 (1946年-1954年)
6位小泉純一郎1980日 (2001年-2006年)
7位中曽根康弘1806日 (1982年-1987年)
8位池田勇人1575日 (1960年-1964年)
9位西園寺公望1400日 (1906年-1912年)
10位岸信介1241日 (1957年-1960年)
11位山縣有朋1210日 (1889年-1900年)
12位原敬1133日 (1918年-1921年)
13位大隈重信1040日 (1898年-1916年)
14位近衛文麿1035日 (1937年-1941年)
15位東条英機1009日 (1941年-1944年)
 : :
宇野宗佑69日 (1989年)
石橋湛山65日 (1956年-1957年)
羽田孜64日 (1994年)
東久邇宮稔彦王54日 (1945年)
 
> 歴代アメリカ大統領


ホーム流行・文化 > 日本の総理大臣

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です