五輪 セーリング競技…歴代の日本人出場選手・メダリストは?


サイト現在地: ホームスポーツ五輪 > セーリング

オリンピックのセーリング(ヨット)競技は男子が1900年から、女子は1988年から現在まで行われています(混合種目は1908年から)。日本人選手の初出場は1936年ベルリン大会で、初メダルは1996年アトランタ大会の重由美子選手・木下アリーシア選手の銀です。ここでは歴代の日本代表選手の成績を調べてみました。

▼男子 ▼女子

男子/混合 (1900年~現在)
開催年 / 開催地 種目
2021年
東京
【男子RS:X級】富沢慎
【男子レーザー級】南里研二
【男子470級】岡田奎樹・外薗潤平
【男子49er級】高橋レオ・小泉維吹
【ナクラ17級】飯束潮吹・畑山絵里 / 混合
2016年
リオデジャネイロ
【男子RS:X級】富沢慎(32) / 15位
【男子470級】今村公彦(32)・土居一斗(24) / 17位
【男子49er級】牧野幸雄(36)・高橋賢次(33) / 18位
2012年
ロンドン
【男子RS:X級】富沢慎(28) / 28位
【男子470級】吉田雄悟(28)・原田龍之介(27) / 18位
【男子49er級】牧野幸雄(32)・高橋賢次(29) / 18位
2008年
北京
【男子RS:X級】富沢慎(24) / 10位
【男子レーザー級】飯島洋一(29) / 35位
【男子470級】松永鉄也(29)・上野太郎(27) / 7位
【49er級】石橋顕(34)・牧野幸雄(28) / 12位
2004年
アテネ
【男子ミストラル級】見城元一(35) / 19位
【男子470級】関一人(28)・轟賢二郎(28) / 銅メダル
【レーザー級】鈴木國央(28) / 35位
【49er級】中村健次(40)・高木正人(38) / 15位
2000年
シドニー
【男子ミストラル級】見城元一(31) / 20位
【男子470級】浜崎栄一郎(27)・宮井祐治(22) / 18位
【レーザー級】鈴木國央(24) / 27位
【49er級】中村健次(36)・佐々木共之(36) / 16位
1996年
アトランタ
【男子470級】中村健次(32)・高木正人(29) / 17位
【レーザー級】佐々木共之(32) / 28位
【ソリング級】小松一憲(48)・迫間正敏(33)・兵藤和行(32) / 19位
1992年
バルセロナ
【男子470級】広部元博(32)・大津真二(31) / 12位
【ソリング級】小松一憲(44)・高城秀光(33)・藤原康治(33) / 12位
1988年
ソウル
【男子470級】高橋雅之(25)・中村健次(24) / 12位
【フィン級】高澤孝吉(32) / 26位
【トーネード級】小川直之(34)・田村孝(26) / 21位
【ソリング級】小松一憲(40)・花岡一夫(39)・池田正(33) / 11位
【フライングダッチマン級】佐藤三郎(27)・脇永達也(23) / 20位
1984年
ロサンゼルス
【男子ウィンドグライダー級】佐藤務(23) / 16位
【470級】高木裕(24)・山本悟(21) / 11位
【ソリング級】広沢孝治(37)・沖田稔(33)・藤原巧(22) / 17位
【フライングダッチマン級】佐藤三郎(23)・脇永達也(19) / 14位
1980年
モスクワ
1976年
モントリオール
【フィン級】広沢孝治(29) / 21位
【470級】小松一憲(28)・黒田光茂(23) / 10位
【フライングダッチマン級】花岡一夫(27)・堀内巧(27) / 18位
1972年
ミュンヘン
【フィン級】松山和興(30) / 27位
【フライングダッチマン級】山村彰(36)・山村尚史(31) / 19位
1968年
メキシコシティ
1964年
東京
【フィン級】山田貴司(26) / 21位
【スター級】石井正行(35)・大久保隆史(22) / 13位
【ドラゴン級】棚町三郎(33)・日色輝幸(31)・舟岡正(31) / 17位
【フライングダッチマン級】田上泰利(30)・松田健次郎(29) / 15位
【5.5m級】松本富士也(32)・吉田正雄(31)・萩原毅(27) / 14位
1960年
ローマ
【フィン級】穂積八洲雄(23) / 23位
【スター級】山田水城(31)・酒井原良松(28) / 26位
【ドラゴン級】岡本豊(35)・石井正行(31)・川田節郎(26) / 22位
1956年
メルボルン
1952年
ヘルシンキ
【フィン級】海徳敬次郎(22) / 27位
1948年
ロンドン
1936年
ベルリン
【五輪モノタイプ級】藤村紀雄(21) / 22位
【スター級】財部實(28)・三井卓雄(26) / 11位
1932年
ロサンゼルス
1928年
アムステルダム
1924年
パリ
1920年
アントワープ
1912年
ストックホルム
1908年
ロンドン
1904年
セントルイス
1900年
パリ
 
女子 (1988年~現在)
開催年 / 開催地 種目
2021年
東京
【女子470級】吉田愛・吉岡美帆
【女子49er FX級】高野芹奈・山崎アンナ
2016年
リオデジャネイロ
【女子RS:X級】伊勢田愛(29) / 20位
【女子レーザーラジアル級】土居愛実(22) / 20位
【女子470級】吉田愛(35)・吉岡美帆(25) / 5位
【女子49er FX級】宮川惠子(30)・高野芹奈(18) / 20位
2012年
ロンドン
【女子RS:X級】須長由季(31) / 21位
【女子レーザーラジアル級】土居愛実(18) / 31位
【女子470級】近藤愛(31)・田畑和歌子(28) / 14位
2008年
北京
【女子RS:X級】小菅寧子(34) / 13位
【女子470級】近藤愛(27)・鎌田奈緒子(25) / 14位
2004年
アテネ
【女子ミストラル級】今井雅子(37) / 17位
【女子ヨーロッパ級】佐藤麻衣子(26) / 24位
【女子470級】佐竹美都子(27)・吉迫由香(24) / 11位
2000年
シドニー
【女子ミストラル級】今井雅子(33) / 10位
【女子ヨーロッパ級】佐藤麻衣子(22) / 23位
【女子470級】重由美子(35)・木下アリーシア(33) / 8位
1996年
アトランタ
【女子ミストラル級】今井雅子(29) / 15位
【女子ヨーロッパ級】斉藤愛子(37) / 23位
【女子470級】重由美子(30)・木下アリーシア(29) / 銀メダル
1992年
バルセロナ
【女子470級】重由美子(26)・木下アリーシア(25) / 5位
1988年
ソウル
【女子470級】野上敬子(40)・斎藤愛子(30) / 17位
 
カヌー < ・・・ > 新競技2021~


サイト現在地: ホームスポーツ五輪 > セーリング

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です