五輪 柔道…歴代の日本人出場選手・メダリストは?


サイト現在地: ホームスポーツ五輪 > 柔道

オリンピックの柔道競技は男子が1964年から、女子が1992年から現在まで行われています。日本人選手の初出場は1964年東京大会で、初メダルも同年の中谷雄英選手・岡野功選手・猪熊功選手・神永昭夫選手です。ここでは歴代各階級の日本代表選手の成績を調べてみました。

▼男子 ▼女子 ▼混合

男子 出場者(1964年~現在)
開催年 / 開催地 階級(軽) 階級(重)
2021年
東京
【60kg級】高藤直寿
【66kg級】
【73kg級】大野将平
【81kg級】永瀬貴規
【90kg級】向翔一郎
【100kg級】ウルフ・アロン
【100kg超級】原沢久喜
2016年
リオデジャネイロ
【60kg級】高藤直寿(23) / 銅メダル
【66kg級】海老沼匡(26) / 銅メダル
【73kg級】大野将平(24) / 金メダル
【81kg級】永瀬貴規(22) / 銅メダル
【90kg級】ベイカー茉秋(21) / 金メダル
【100kg級】羽賀龍之介(25) / 銅メダル
【100kg超級】原沢久喜(24) / 銀メダル
2012年
ロンドン
【60kg級】平岡拓晃(27) / 銀メダル
【66kg級】海老沼匡(22) / 銅メダル
【73kg級】中矢力(23) / 銀メダル
【81kg級】中井貴裕(21) / 5位
【90kg級】西山将士(27) / 銅メダル
【100kg級】穴井隆将(27) / 2回戦敗退
【100kg超級】上川大樹(22) / 2回戦敗退
2008年
北京
【60kg級】平岡拓晃(23) / 2回戦敗退
【66kg級】内柴正人(30) / 金メダル
【73kg級】金丸雄介(28) / 7位
【81kg級】小野卓志(28) / 1回戦敗退
【90kg級】泉浩(26) / 2回戦敗退
【100kg級】鈴木桂治(28) / 1回戦敗退
【100kg超級】石井慧(21) / 金メダル
2004年
アテネ
【60kg級】野村忠宏(29) / 金メダル
【66kg級】内柴正人(26) / 金メダル
【73kg級】高松正裕(22) / 1回戦敗退
【81kg級】塘内将彦(27) / 11位
【90kg級】泉浩(22) / 銀メダル
【100kg級】井上康生(26) / 9位
【100kg超級】鈴木桂治(24) / 金メダル
2000年
シドニー
【60kg級】野村忠宏(25) / 金メダル
【66kg級】中村行成(27) / 7位
【73kg級】中村兼三(26) / 9位
【81kg級】瀧本誠(25) / 金メダル
【90kg級】吉田秀彦(30) / 9位
【100kg級】井上康生(22) / 金メダル
【100kg超級】篠原信一(27) / 銀メダル
1996年
アトランタ
【60kg級】野村忠宏(21) / 金メダル
【65kg級】中村行成(23) / 銀メダル
【71kg級】中村兼三(22) / 金メダル
【78kg級】古賀稔彦(28) / 銀メダル
【86kg級】吉田秀彦(26) / 5位
【95kg級】中村佳央(25) / 7位
【95kg超級】小川直也(28) / 5位
【無差別級】-
1992年
バルセロナ
【60kg級】越野忠則(26) / 銅メダル
【65kg級】丸山顕志(26) / 7位
【71kg級】古賀稔彦(24) / 金メダル
【78kg級】吉田秀彦(22) / 金メダル
【86kg級】岡田弘隆(25) / 銅メダル
【95kg級】甲斐康浩(24) / 7位
【95kg超級】小川直也(24) / 銀メダル
【無差別級】-
1988年
ソウル
【60kg級】細川伸二(28) / 銅メダル
【65kg級】山本洋祐(28) / 銅メダル
【71kg級】古賀稔彦(20) / 3回戦敗退
【78kg級】岡田弘隆(21) / 3回戦敗退
【86kg級】大迫明伸(27) / 銅メダル
【95kg級】須貝等(25) / 2回戦敗退
【95kg超級】斉藤仁(27) / 金メダル
【無差別級】-
1984年
ロサンゼルス
【60kg級】細川伸二(24) / 金メダル
【65kg級】松岡義之(27) / 金メダル
【71kg級】中西英敏(26) / 5位
【78kg級】高野裕光(24) / 5位
【86kg級】野瀬清喜(31) / 銅メダル
【95kg級】三原正人(25) / 9位
【95kg超級】斉藤仁(23) / 金メダル
【無差別級】山下泰裕(27) / 金メダル
1980年
モスクワ
【60kg級】森脇保彦 / 不参加
【65kg級】柏崎克彦 / 不参加
【71kg級】香月清人 / 不参加
【78kg級】藤猪省三 / 不参加
【86kg級】恵谷正雄 / 不参加
【95kg級】河原月夫 / 不参加
【95kg超級】山下泰裕 / 不参加
【無差別級】-
1976年
モントリオール
【軽量級】南喜陽(24) / 2回戦敗退
【軽中量級】蔵本孝二(24) / 銀メダル
【中量級】園田勇(29) / 金メダル
【軽重量級】二宮和弘(29) / 金メダル
【重量級】遠藤純男(25) / 銅メダル
【無差別級】上村春樹(25) / 金メダル
1972年
ミュンヘン
【軽量級】川口孝夫(22) / 金メダル
【軽中量級】野村豊和(23) / 金メダル
【中量級】関根忍(28) / 金メダル
【軽重量級】笹原富美雄(27) / 2回戦敗退
【重量級】西村昌樹(25) / 銅メダル
【無差別級】篠巻政利(25) / 3回戦敗退
1964年
東京
【軽量級】中谷雄英(23) / 金メダル
【中量級】岡野功(20) / 金メダル
【重量級】猪熊功(26) / 金メダル
【無差別級】神永昭夫(27) / 銀メダル

女子 出場者(2004年~現在)
開催年 / 開催地 階級(軽) 階級(重)
2021年
東京
【48kg級】渡名喜風南
【52kg級】阿部詩
【57kg級】芳田司
【63kg級】田代未来
【70kg級】新井千鶴
【78kg級】浜田尚里
【78kg超級】素根輝
2016年
リオデジャネイロ
【48kg級】近藤亜美(21) / 銅メダル
【52kg級】中村美里(27) / 銅メダル
【57kg級】松本薫(28) / 銅メダル
【63kg級】田代未来(22) / 5位
【70kg級】田知本遥(26) / 金メダル
【78kg級】梅木真美(21) / 2回戦敗退
【78kg超級】山部佳苗(25) / 銅メダル
2012年
ロンドン
【48kg級】福見友子(27) / 5位
【52kg級】中村美里(23) / 2回戦敗退
【57kg級】松本薫(24) / 金メダル
【63kg級】上野順恵(29) / 銅メダル
【70kg級】田知本遥(21) / 7位
【78kg級】緒方亜香里(21) / 2回戦敗退
【78kg超級】杉本美香(27) / 銀メダル
2008年
北京
【48kg級】谷亮子(32) / 銅メダル
【52kg級】中村美里(19) / 銅メダル
【57kg級】佐藤愛子(24) / 7位
【63kg級】谷本歩実(27) / 金メダル
【70kg級】上野雅恵(29) / 金メダル
【78kg級】中澤さえ(25) / 2回戦敗退
【78kg超級】塚田真希(26) / 銀メダル
2004年
アテネ
【48kg級】谷亮子(28) / 金メダル
【52kg級】横澤由貴(23) / 銀メダル
【57kg級】日下部基栄(25) / 9位
【63kg級】谷本歩実(23) / 金メダル
【70kg級】上野雅恵(25) / 金メダル
【78kg級】阿武教子(28) / 金メダル
【78kg超級】塚田真希(22) / 金メダル
2000年
シドニー
【48kg級】田村亮子(25) / 金メダル
【52kg級】楢崎教子(27) / 銀メダル
【57kg級】日下部基栄(21) / 銅メダル
【63kg級】前田桂子(20) / 2回戦敗退
【70kg級】上野雅恵(21) / 9位
【78kg級】阿武教子(24) / 2回戦敗退
【78kg超級】山下まゆみ(24) / 銅メダル
1996年
アトランタ
【48kg級】田村亮子(20) / 銀メダル
【52kg級】菅原教子(23) / 銅メダル
【56kg級】溝口紀子(24) / 9位
【61kg級】恵本裕子(23) / 金メダル
【66kg級】一見理沙(18) / 2回戦敗退
【72kg級】田辺陽子(30) / 銀メダル
【72kg超級】阿武教子(20) / 1回戦敗退
1992年
バルセロナ
【48kg級】田村亮子(16) / 銀メダル
【52kg級】溝口紀子(21) / 銀メダル
【56kg級】立野千代里(22) / 銅メダル
【61kg級】小林貴子(24) / 1回戦敗退
【66kg級】藤本涼子(26) / 1回戦敗退
【72kg級】田辺陽子(26) / 銀メダル
【72kg超級】坂上洋子(23) / 銅メダル
1988年
ソウル (公開競技)
【48kg級】江崎史子(27) / 銀メダル
【52kg級】山口香(23) / 銅メダル
【56kg級】-
【61kg級】持田典子(22) / 銅メダル
【66kg級】佐々木光(20) / 金メダル
【72kg級】田辺陽子(22) / 銅メダル
【72kg超級】-

混合 (2020年~現在)
開催年 / 開催地 混合団体
2020年
東京

レスリング < ・・・ > ボクシング


サイト現在地: ホームスポーツ五輪 > 柔道

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です