日本ゴールドディスク大賞2019/2020…2018-19年の受賞者って?


サイト現在地: ホーム音楽日本ゴールドディスク大賞 > 2018-19年度

1987年に受賞式が始まった日本レコード協会主催の「日本ゴールドディスク大賞」。今回は第33回(2018年度)と第34回(2019年度)のアーティスト・オブ・ザ・イヤーをはじめとした各賞受賞者を調べてみました。

                 第34回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2020 受賞者
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
(邦楽)
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
(洋楽)
クイーン
■ベスト・アーティスト
(アジア)
BTS
■ベスト・アーティスト
(演歌/歌謡曲)
氷川きよし
■ニュー・アーティスト
・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
King Gnu
■ニュー・アーティスト
・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
ブリタニー・ハワード
■ニュー・アーティスト
・オブ・ザ・イヤー(アジア)
IZ*ONE
■ベスト5ニュー・アーティスト
(邦楽)
・King Gnu
・GANG PARADE
・すとぷり
・BEYOOOOONDS
・ヨルシカ
■ベスト3ニュー・アーティスト
(洋楽)
・タッシュ・サルタナ
・ブリタニー・ハワード
・メイベル
■ベスト3ニュー・アーティスト
(アジア)
・IZ*ONE
・THE BOYZ
・(G)I-DLE
■ベスト・演歌/歌謡曲
・ニュー・アーティスト
新浜レオン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽) 『5×20 All the BEST!! 1999-2019』
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(洋楽) 『ラヴァー』テイラー・スウィフト
■アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア) 『#TWICE2』TWICE
■ベスト5アルバム(邦楽) 『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐
『Traveler』Official髭男dism
『King & Prince』King & Prince
『今が思い出になるまで』乃木坂46
『MAGIC』back number
■ベスト3アルバム(洋楽) 『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』アヴリル・ラヴィーン
『ラヴァー』テイラー・スウィフト
『DNA』バックストリート・ボーイズ
■ベスト3アルバム(アジア) 『Love Covers』ジェジュン
『&TWICE』TWICE
『#TWICE2』TWICE
■クラシック・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『Dal Segno 〜Story of My Life』葉加瀬太郎
■ジャズ・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『Spectrum』上原ひろみ
■インストゥルメンタル・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『Continue』春畑道哉
■サウンドトラック・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『アナと雪の女王2 オリジナル・サウンドトラック』Variaus Artist
■アニメーション・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『天気の子』RADWIMPS
■純邦楽・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『2019年度(第55回)日本コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 秋明菊』日本コロムビア吟詠音楽会
■企画・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『ラブとポップ 〜大人になっても忘れられない歌がある〜 mixed by DJ和』Variaus Artist
■シングル・オブ・ザ・イヤー 『サステナブル』AKB48
■ベスト5シングル 『サステナブル』AKB48
『ジワるDAYS』AKB48
『Sing Out!』乃木坂46
『夜明けまで強がらなくてもいい』乃木坂46
『Lights/Boy With Luv』BTS
■ソング・オブ・ザ・イヤー
・バイ・ダウンロード(邦楽)
『馬と鹿』米津玄師
■ソング・オブ・ザ・イヤー
・バイ・ダウンロード(洋楽)
『I Don’t Care』Ed Sheeran & Justin Bieber
■ソング・オブ・ザ・イヤー
・バイ・ダウンロード(アジア)
『Lights』BTS
■ベスト5ソング
・バイ・ダウンロード
『Pretender』Official髭男dism
『まちがいさがし』菅田将暉
『HAPPY BIRTHDAY』back number
『馬と鹿』米津玄師
『紅蓮華』LiSA
■ベスト・ミュージック・ビデオ
(邦楽)
『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』
『関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST』関ジャニ∞
『十五祭』関ジャニ∞
■ベスト・ミュージック・ビデオ
(洋楽)
『WE ARE THE CHAMPIONS FINAL LIVE IN JAPAN』QUEEN
■ベスト・ミュージック・ビデオ
(アジア)
『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’ ~JAPAN EDITION~』BTS
■特別賞 ・Official髭男dism
・米津玄師
 
                 第33回 THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2019 受賞者
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
(邦楽)
安室奈美恵
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー
(洋楽)
クイーン
■ベスト・アーティスト
(アジア)
BTS(防弾少年団)
■ベスト・アーティスト
(演歌/歌謡曲)
氷川きよし
■ニュー・アーティスト
・オブ・ザ・イヤー(邦楽)
King & Prince
■ニュー・アーティスト
・オブ・ザ・イヤー(洋楽)
Alan Walker
■ニュー・アーティスト
・オブ・ザ・イヤー(アジア)
SEVENTEEN
■ベスト5ニュー・アーティスト
(邦楽)
・STU48
・King & Prince
・Nulbarich
・B2takes!
・FANTASTICS from EXILE TRIBE
■ベスト3ニュー・アーティスト
(洋楽)
・Alan Walker
・CNCO
・ジョナス・ブルー
■ベスト3ニュー・アーティスト
(アジア)
・GFRIEND
・SEVENTEEN
・MOMOLAND
■ベスト・演歌/歌謡曲
・ニュー・アーティスト
辰巳ゆうと
■アルバム・オブ・ザ・イヤー
(邦楽)
『海のOh, Yeah!!』サザンオールスターズ
■アルバム・オブ・ザ・イヤー
(洋楽)
『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
■アルバム・オブ・ザ・イヤー
(アジア)
『FACE YOURSELF』BTS(防弾少年団)
■ベスト5アルバム(邦楽) 『初恋』宇多田ヒカル
『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』AKB48
『海のOh, Yeah!!』サザンオールスターズ
『POP VIRUS』星野源
『重力と呼吸』Mr.Children
■ベスト3アルバム(洋楽) 『スウィートナー』アリアナ・グランデ
『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』
『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
■ベスト3アルバム(アジア) 『BDZ』TWICE
『FACE YOURSELF』BTS(防弾少年団)
『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』BTS(防弾少年団)
■クラシック・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『ALL TIME BEST』葉加瀬太郎
■ジャズ・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『ザ・ロスト・アルバム』ジョン・コルトレーン
■インストゥルメンタル・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『シネマ』村治佳織
■サウンドトラック・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』クイーン
■アニメーション・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『Fate/Grand Order Original Soundtrack II』Fate/Grand Order
■純邦楽・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『平成30年度(第54回)日本コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 水引』日本コロムビア吟詠音楽会
■企画・アルバム
・オブ・ザ・イヤー
『アダムとイヴの林檎』Variaus Artist
■シングル・オブ・ザ・イヤー 『Teacher Teacher』AKB48
■ベスト5シングル 『センチメンタルトレイン』AKB48
『Teacher Teacher』AKB48
『NO WAY MAN』AKB48
『ジコチューで行こう!』乃木坂46
『シンクロニシティ』乃木坂46
■ソング・オブ・ザ・イヤー
・バイ・ダウンロード(邦楽)
『Lemon』米津玄師
■ソング・オブ・ザ・イヤー
・バイ・ダウンロード(洋楽)
『ザ・ミドル』ゼッド、マレン・モリス、グレイ
■ソング・オブ・ザ・イヤー
・バイ・ダウンロード(アジア)
『Candy Pop』TWICE
■ベスト5ソング
・バイ・ダウンロード
『初恋』宇多田ヒカル
『U.S.A.』DA PUMP
『アイデア』星野源
『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』MISIA
『Lemon』米津玄師
■ベスト・ミュージック・ビデオ
(邦楽)
『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』安室奈美恵
『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』
『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018』Hey! Say! JUMP
■ベスト・ミュージック・ビデオ
(洋楽)
『フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ – サンノゼ 1999』ザ・ローリング・ストーンズ
■ベスト・ミュージック・ビデオ
(アジア)
『2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR IN JAPAN 〜SPECIAL EDITION〜 at KYOCERA DOME』BTS(防弾少年団)
■特別賞 『U.S.A.』DA PUMP
 
2016-17年 < ・・・ > 2020-21年


サイト現在地: ホーム音楽日本ゴールドディスク大賞 > 2018-19年度

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です