米グラミー賞‥歴代の受賞した日本人って誰?


HOME音楽TOP米グラミー賞 > 日本人受賞者

1959年(1958年度)より毎年開催されているアメリカ音楽界の功績に与えられるグラミー賞。今回はこれまでに受賞した日本人を全て調べてみました。

年度受賞者
2021
2020年
63小川慶太
【部門】最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞
【対象】Live at the Royal Albert Hall』スナーキー・パピー
2020
2019年
62徳永慶子
【部門】最優秀室内楽パフォーマンス賞
【対象】Caroline Shaw:Orange』』Attacca Quartet
小池正樹
【部門】最優秀ボックス/スペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞
【対象】Woodstock: Back to the Garden – The Definitive 50th Anniversary Archive
高山浩也, 小坂剛正
【部門】最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
【対象】Father of the Bride』ヴァンパイア・ウィークエンド
2019
2018年
61ヒロ・ムライ
【部門】最優秀ミュージック・ビデオ賞
【対象】This is America』チャイルディッシュ・ガンビーノ
2017
2016年
59内田光子
【部門】最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞(クラシック部門)
【対象】シューマン:リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク:初期の7つの歌』ドロテア・レシュマン, 内田光子
2016
2015年
58小澤征爾
【部門】最優秀オペラ・レコーディング賞(クラシック部門)
【対象】ラヴェル作曲:歌劇「こどもと魔法」』小澤征爾, サイトウ・キネン・オーケストラ
2014
2013年
56Sadaharu Yagi
【部門】最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
【対象】VIDA』ドラコ・ロサ
2011
2010年
53上原ひろみ
【部門】最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
【対象】The Stanley Clarke Band』スタンリー・クラーク
内田光子
【部門】最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞
【対象】モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番・第24番』内田光子
松本孝弘
【部門】最優秀インストゥルメンタル・ポップ・アルバム賞
【対象】Take Your Pick』ラリー・カールトン
加藤明
【部門】最優秀ニューエイジ・アルバム賞
【対象】Miho:Journey to the Mountain』ポール・ウィンター・コンソート
2010
2009年
52由良政典
【部門】最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
【対象】Book One』New Orleans Jazz Orchestra
2008
2007年
50中村浩二
【部門】最優秀ニューエイジ・アルバム賞
【対象】Crestone』ポール・ウィンター・コンソート
小池正樹
【部門】最優秀ボックス/スペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞
【対象】What It Is! Funky Soul And Rare Grooves [1967-1977]
2002
2001年
44熊田好容
【部門】最優秀インストゥルメンタル・ポップ・アルバム賞
【対象】No Substitutions – Live in Osaka』ラリー・カールトン&スティーヴ・ルカサー
2001
2000年
43喜多郎
【部門】最優秀ニューエイジ・アルバム賞
【対象】Thinking Of You』喜多郎
1989
1988年
31坂本龍一
【部門】最優秀オリジナル映画音楽・アルバム賞
【対象】The Last Emperor』坂本龍一, デヴィッド・バーン, コン・スー
1987
1986年
29石岡瑛子
【部門】最優秀アルバム・パッケージ賞
【対象】Tutu』マイルス・デイヴィス
1982
1981年
24オノ・ヨーコ
【部門】最優秀アルバム賞
【対象】Double Fantasy』ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
 
米グラミー賞 歴代主要4部門受賞者


HOME音楽TOP米グラミー賞 > 日本人受賞者



One Reply to “米グラミー賞‥歴代の受賞した日本人って誰?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です