スキージャンプ男子W杯…歴代の総合順位って? 2010年代

Amazonプライム会員なら映画もテレビも見放題 / 30日間無料体験中

 
スポーツ・サイトマップ
 

1980年から正式に行われるようになったスキージャンプ男子ワールドカップ。今回は2010年以降の年間総合順位トップ10を調べてみました。(2019-20年シーズン終了時)

2019-20年シーズン
総合順位
1位 ステファン・クラフト (オーストリア) / 1659pt
2位 カール・ガイガー (ドイツ) / 1519pt
3位 小林陵侑 (日本) / 1178pt
4位 ダビド・クバツキ (ポーランド) / 1169pt
5位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1031pt
6位 シュテファン・ライエ (ドイツ) / 917pt
7位 マリウス・リンビク (ノルウェー) / 906pt
8位 ペテル・プレヴツ (スロベニア) / 789pt
9位 ダニエル・アンドレ・タンデ (ノルウェー) / 721pt
10位 フィリップ・アッシェンヴァルト (オーストリア) / 622pt
 
2018-19年シーズン
総合順位
1位 小林陵侑 (日本) / 2085pt
2位 ステファン・クラフト (オーストリア) / 1349pt
3位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1288pt
4位 ピオトル・ジワ (ポーランド) / 1131pt
5位 ダビド・クバツキ (ポーランド) / 988pt
6位 ロベルト・ヨハンソン (ノルウェー) / 974pt
7位 マルクス・アイゼンビヒラー (ドイツ) / 937pt
8位 ヨハン・アンドレ・フォルファン (ノルウェー) / 892pt
9位 ティミ・ザイツ (スロベニア) / 833pt
10位 カール・ガイガー (ドイツ) / 765pt
 
2017-18年シーズン
総合順位
1位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1443pt
2位 リヒャルト・フライターク (ドイツ) / 1070pt
3位 ダニエル・アンドレ・タンデ (ノルウェー) / 985pt
4位 ステファン・クラフト (オーストリア) / 881pt
5位 ロベルト・ヨハンソン (ノルウェー) / 840pt
6位 アンドレアス・ウェリンガー (ドイツ) / 828pt
7位 ヨハン・アンドレ・フォルファン (ノルウェー) / 821pt
8位 アンドレアス・スティエルネン (ノルウェー) / 665pt
9位 ダビド・クバツキ (ポーランド) / 633pt
10位 マルクス・アイゼンビヒラー (ドイツ) / 597pt
 
2016-17年シーズン
総合順位
1位 ステファン・クラフト (オーストリア) / 1665pt
2位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1524pt
3位 ダニエル・アンドレ・タンデ / 1201pt
4位 アンドレアス・ウェリンガー (ドイツ) / 1161pt
5位 マチェイ・コット (ポーランド) / 985pt
6位 ドメン・プレヴツ (スロベニア) / 963pt
7位 ミヒャエル・ハイボック (オーストリア) / 814pt
8位 マルクス・アイゼンビヒラー (ドイツ) / 807pt
9位 ペテル・プレヴツ (スロベニア) / 716pt
10位 マヌエル・フェットナー (オーストリア) / 703pt
 
2015-16年シーズン
総合順位
1位 ペテル・プレヴツ (スロベニア) / 2303pt
2位 ゼヴェリン・フロイント (ドイツ) / 1490pt
3位 ケネス・ガングネス (ノルウェー) / 1348pt
4位 ミヒャエル・ハイボック (オーストリア) / 1301pt
5位 ヨハン・アンドレ・フォルファン (ノルウェー) / 1240pt
6位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1006pt
7位 ダニエル・アンドレ・タンデ (ノルウェー) / 985pt
8位 葛西紀明 (日本) / 909pt
9位 リヒャルト・フライターク (ドイツ) / 680pt
10位 アンデシュ・ファンネメル (ノルウェー) / 670pt
 
2014-15年シーズン
総合順位
1位 ゼヴェリン・フロイント (ドイツ) / 1729pt
2位 ペテル・プレヴツ (スロベニア) / 1729pt
3位 ステファン・クラフト (オーストリア) / 1578pt
4位 アンデシュ・ファンネメル (ノルウェー) / 1161pt
5位 ミヒャエル・ハイボック (オーストリア) / 1157pt
6位 葛西紀明 (日本) / 1137pt
7位 ロマン・コウデルカ (スロベニア) / 1113pt
8位 ルネ・ヴェルタ (ノルウェー) / 848pt
9位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 820pt
10位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 739pt
 
2013-14年シーズン
総合順位
1位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1420pt
2位 ペテル・プレヴツ (スロベニア) / 1312pt
3位 ゼヴェリン・フロイント (ドイツ) / 1303pt
4位 アンデシュ・バーダル (ノルウェー) / 1071pt
5位 葛西紀明 (日本) / 1962pt
6位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 941pt
7位 シモン・アマン (スイス) / 733pt
8位 トーマス・ディートハルト (オーストリア) / 691pt
9位 アンドレアス・ウェリンガー (ドイツ) / 599pt
10位 ステファン・クラフト (オーストリア) / 539pt
 
2012-13年シーズン
総合順位
1位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 1620pt
2位 アンデシュ・バーダル (ノルウェー) / 999pt
3位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 953pt
4位 ゼヴェリン・フロイント (ドイツ) / 923pt
5位 アンデシュ・ヤコブセン (ノルウェー) / 878pt
6位 ロベルト・クラニエッツ (スロベニア) / 802pt
7位 ペテル・プレヴツ (スロベニア) / 744pt
8位 リヒャルト・フライターク (ドイツ) / 736pt
9位 ミヒャエル・ノイマイアー (ドイツ) / 678pt
10位 ヤン・マトゥラ (チェコ) / 631pt
 
2011-12年シーズン
総合順位
1位 アンデシュ・バーダル (ノルウェー) / 1325pt
2位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 1267pt
3位 アンドレアス・コフラー (オーストリア) / 1203pt
4位 伊東大貴 (日本) / 1131pt
5位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 1078pt
6位 リヒャルト・フライターク (ドイツ) / 1031pt
7位 トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 1014pt
8位 ゼヴェリン・フロイント (ドイツ) / 857pt
9位 ロベルト・クラニエッツ (スロベニア) / 829pt
10位 ロマン・コウデルカ (チェコ) / 796pt
 
2010-11年シーズン
総合順位
1位 トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 1757pt
2位 シモン・アマン (スイス) / 1364pt
3位 アダム・マリシュ (ポーランド) / 1153pt
4位 アンドレアス・コフラー (オーストリア) / 1128pt
5位 トム・ヒルデ (ノルウェー) / 903pt
6位 マルティン・コッホ (オーストリア) / 840pt
7位 ゼヴェリン・フロイント (ドイツ) / 769pt
8位 マッチ・ハウタマキ (フィンランド) / 764pt
9位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 761pt
10位 カミル・ストッフ (ポーランド) / 739pt
 
2009-10年シーズン
総合順位
1位 シモン・アマン (スイス) / 1649pt
2位 グレゴア・シュリーレンツァウアー (オーストリア) / 1368pt
3位 トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) / 944pt
4位 アンドレアス・コフラー (オーストリア) / 893pt
5位 アダム・マリシュ (ポーランド) / 842pt
6位 ヴォルフガング・ロイツル (オーストリア) / 760pt
7位 アンデシュ・ヤコブセン (ノルウェー) / 557pt
8位 マルティン・コッホ (オーストリア) / 545pt
9位 ビヨーン・アイナール・ローモーレン (ノルウェー) / 517pt
10位 ロベルト・クラニエッツ (スロベニア) / 503pt
 
2000-09年 < ・・・

ジャンプ男子W杯 総合順位/表彰台

Pocket
LINEで送る

 

<サイトマップ> 年間や歴代のデータを探すなら、こちらのジャンルから選択 

テレビ

音楽

映画

ゲーム他

スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です