ホームシアターは初心者でも簡単!テレビも音楽も臨場感が凄い?

 

皆さんテレビの音ってそのまま聞いてますか?

私は、結構昔から スピーカー(5.1ch) を使っています。それは、映画を迫力ある映像や音で観たいというのが始まりだったのですが、やってみたらTVの音とは全く違います。

映画だけじゃない、テレビ番組やゲームも普通に音が凄いじゃん! 特に生放送を含めた 音楽ライブスポーツ中継 の臨場感がリアル!! もちろん 音楽を聴く のにも、すごくイイです。

最近はスピーカー1台で臨場感を生むタイプも多々ありますが、ここでは敢えて、セットタイプ(5.1ch~)を話してみようと思います。

・・・

まずは私の経緯から。

まだホームシアターなるものが想像もつかなかった時代、フラっと電気屋さんに行った時です。

今ではよくありますが、その当時、店内にパーテーション(仕切り)があったので入ってみたら、ホームシアタースペースが…。「えっこんなん家でできるの?」と衝撃を受けた訳です。ちなみにその時の映画は「ロボコップ」をやってました。その時代です。

一瞬にして「よし俺もこれを作りたい!」と、

しかし知識がないのでどこから始めればいいのやら…。

でもその頃持っていた ステレオコンポ の2台のスピーカーを試しにTVと繋いでみたら…“なんちゃって”が出来たのです! 本当に世界が変わったと当時は興奮しました。その後リアも2台増やして。

そして当時開局当初のWOWOWに加入して映画を見まくり。

そのあと簡易的な スクリーンセット を買って大画面で観たりしてましたが、意外と感動したのは最初だけで、セッティングして観るのが面倒になったので、それは辞めました。

ホームシアターは「迫力ある画面で」ってイメージだと思いますが、映像より 音響 が大事なんだなと・・・結局、映像はテレビで充分 だと結論づけました。

・・・

数年たって、ホームシアターが知られ始めたとき、5.1ch という言葉を知りました。要はスピーカーを フロントに2台、その間の センターに1台(台詞用)、リアに2台、重低音用の ウーハー1台(0.1) を繋ぐわけです。※今では7.1chも主流に。もっと上もありますが。

スピーカーはなるべく全て同じメーカー(統一感)があればいいです。後は置く場所です。

・・・

でもテレビとスピーカーを直接繋ぐわけではありません。AVアンプ というものが必要になります。例えば今でいうと HDMI端子で、テレビやブルーレイやゲーム機とアンプを繋いで、アンプから各スピーカー端子を繋ぐということです。

音響効果はアンプの機種によって、映画用、音楽用(2ch)、スポーツ用、ゲーム用など、切り替え出来るので状況に応じて使えます。

とりあえず簡単に始めたいなら、AVアンプの価格はピンからキリまであるので、5.1ch対応の一番安いタイプで十分だと思います。アンプ付(内臓)のスピーカーシステムもありますが、もし音に物足りなさを感じた時、どうしようもないので。

知ってる人には知ってるよって説明になったかもしれませんが…。

 

私はこれによってテレビから出る本来の軽~~~い音が、嫌になりました。

家でのんびりする時ぐらい、音だけでも 優越感 に浸ってみてはどうでしょうか?

Pocket
LINEで送る

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です